ハーバーシティ蘇我

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハーバーシティ蘇我

ハーバーシティ蘇我(ハーバーシティそが)は、千葉県千葉市中央区川崎町のJR蘇我駅近辺にある再開発地区である[1]

概要[編集]

川崎製鉄(現JFEスチール東日本製鉄所)千葉東工場の縮小計画に伴う跡地利用について、川崎製鉄が千葉市と協議。千葉市が蘇我特定地区整備計画を策定し[2]、再開発されたものである[1]

当初は、商業地区と居住地区、公園地区、運動施設地区を整備する計画となっていた[2]

2005年平成17年)4月27日に「アリオ蘇我」と「ホームズ蘇我店」、「フェスティバルウォーク蘇我」の3街区が第1期として開業した[1]。その後、段階的に拡張され、2017年10月には「ユニクロ」などが並ぶ街区が開業した。

延べで年間2000万人程度が来場する。開発構想が最初に持ち上がったのは1994年。第1期の中核テナントとして当初に交渉していたのはフランススーパーマーケットカルフールであった。

「ハーバー」と命名されたように千葉港京葉工業地域)に近い。東京湾の方向では、JFEスチール東日本製鉄所千葉地区で稼働を続けている製鉄所の煙突などが見える[3]

構成施設[編集]

アリオ蘇我[編集]

アリオ蘇我

地図

モール・エスシー開発が運営するショッピングセンターで[4]、イトーヨーカ堂蘇我店とアリオモールで構成されている[1]

イトーヨーカドーを核店舗に、開業時点ではファッション、レストランなど85の専門店が入居しており[1][4]、その内物販店が52店を占めていた[4]

ホームズ蘇我店[編集]

ホームズ蘇我店

地図

延べ床面積約58,267m2に店舗面積が屋内約33,000m2、屋外約2,000m2の商業施設である[4]

核店舗は島忠ホームズである[4]

2006年(平成18年)12月1日に「ダイエーグルメシティ蘇我ハーバーシティ店」が開店したが[5]2008年(平成20年)4月27日に閉店となった。[要出典]

アリオ蘇我と歩行者用の陸橋で接続されている[4]

フェスティバルウォーク蘇我[編集]

フェスティバルウォーク蘇我

地図

延べ床面積約23,591m2の娯楽を中心とする施設である[4]セガホールディングスが企画・運営を行っている。

T・ジョイ蘇我[6]ゲームセンターなどの娯楽施設[7]、湯の郷 ほのかなどが入居している。

千葉市蘇我スポーツ公園[編集]

フクダ電子アリーナ

地図

  • 千葉市蘇我球技場(フクダ電子アリーナ[2]地図
    • 2005年(平成17年)10月16日開業[2]。2005年(平成17年)8月25日に千葉市とフクダ電子が正式に調印し、命名権を取得[2]。2011年(平成23年)から5年間の契約でフクダ電子の命名権が延長された[8]
  • 千葉市蘇我スポーツ公園多目的広場(フクダ電子スクエア)[9]地図
    • 当初は2008年(平成20年)4月1日から2011年(平成23年)3月31日までの3年間の契約でフクダ電子が命名権を取得した[9]。2011年(平成23年)から5年間の契約でフクダ電子の命名権が延長された[8]
  • フクダ電子ヒルスコート(地図) - 2011年(平成23年)4月23日開業[10]

その他[編集]

GLOBO
  • GLOBO(グローボ)(地図
    • 2008年(平成20年)7月26日開業のスポーツ&バリューモールと2009年(平成20年)3月12日開業のケーズデンキがある[10]
  • ティップネス蘇我店(地図) - 2008年(平成20年)1月4日開業[10]
  • 花の駅そが(地図) - 2007年(平成19年)5月26日開業[10]。JR京葉線寒川新駅(構想、正式名称未定)予定地の遊休地。
  • ゴルフリゾートSOGA(地図) - 2011年(平成23年)2月11日開業[10]
  • ファッションスクエア蘇我 - 2015年(平成27年)4月16日に開業し、開業時点では紳士服店やカジュアル衣料品店などが出店[11]

アクセス[編集]

新駅の設置計画[編集]

ハーバーシティー脇を通過しているJR京葉線のこの付近に「寒川新駅」の設置が検討されている。現在予定地には「花の駅そが」が設置されている。[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e “イトーヨーカ堂初の自社開発SC「アリオ蘇我」、新サービスも好評”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2005年5月27日)
  2. ^ a b c d e “〝フクダ電子アリーナ〟が完成”. 稲毛新聞 (稲毛新聞社). (2005年10月6日)
  3. ^ JFEが開発の複合施設・ハーバーシティ蘇我「鉄屋の不動産」千葉の奇跡/年間2000万人集客/専門人材の有無カギに『日経産業新聞』2018年10月24日(3面)。
  4. ^ a b c d e f g 小島健輔「IY初のモール型SC“アリオ蘇我”を検証する」『月刊販売革新』2005年6月号 (商業界)
  5. ^ “オープン情報=ダイエー「グルメシティ蘇我ハーバーシティ店」”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2006年12月6日)
  6. ^ シネマ - フェスティバルウォーク蘇我
  7. ^ アミューズメント - フェスティバルウォーク蘇我
  8. ^ a b 平松功嗣(2010年12月26日). “フクダ電子アリーナ フクダ電子スクエア 名称残った 千葉市が5年契約更新”. 東京新聞 (中日新聞社)
  9. ^ a b “蘇我スポーツ公園多目的広場”. 稲毛新聞 (稲毛新聞社). (2008年2月7日)
  10. ^ a b c d e ハーバーシティ蘇我 まちづくり年表”. ネクサス. 2014年7月28日閲覧。
  11. ^ “衣料専門店が集積 千葉市・蘇我 ファッションスクエア開業”. 千葉日報(千葉日報社). (2015年4月17日)