ハーバート・ジョージ・ブルーマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハーバート・ジョージ・ブルーマー(Herbert George Blumer,1900年3月7日 - 1987年4月13日)はアメリカを代表する社会学者社会心理学者で、主として、集合行動論とシンボリック相互作用論の分野で功績を残す。ミズーリ州セントルイス生まれ。

経歴[編集]

その業績は大別して、1)集合行動論、2)シンボリック相互作用論、3)社会科学方法論の3分野に分けられる[1]。第46代アメリカ社会学会会長(1956年[2]ロバート・パークの集合行動論を体系化し、ジョージ・ハーバート・ミードの思想をもとにシンボリック相互作用論のパースペクティブを構築、プラグマティズム哲学を根底に据えた社会科学方法論(自然的探究法/感受概念論)を展開した。

ミズーリ大学でチャールズ・エルウッドのもと修士号を得た後(Theory of Social Revolutions)、しばらくのあいだ同大で講師(instructor)を務める。その後シカゴ大学大学院に進学し、「シカゴ・カーディナル」でプロ・フットボール選手をつとめつつ、ロバート・フェアリスのもと博士号(社会学)を取得する(Method in Social Psychology)。シカゴ大学には27年間奉職した。

1952年、新設のカリフォルニア大学バークレー校の社会学科(Sociology Department)に教授として赴任する。その後、ユナイテッド・ステーツ・スチール・コーポレーションの調停委員会の議長を務め、そこで労使関係のノウハウを習得したとされる。

1983年にアメリカ社会学会より、Award for a Career of Distinguished Scholarshipを授与される。1987年4月13日他界。

社会学のシカゴ学派 The Chicago School of Sociology」の第3世代に位置し、同期のE.C.ヒューズやL.ワース等とともに後進の指導に携わった。その弟子筋は一般に「第4世代」「第2次シカゴ学派」「ネオ・シカゴ学派」などと呼ばれ、そのなかには、タモツ・シブタニ、R.H.ターナー、A.L.ストラウス、H.S.ベッカー、E.ゴッフマン、M.ジャノヴィッツ等がいる。

日本では、船津衛がいち早く彼(及び彼ら)の理論と方法論に着目し、その紹介と検討を試みた。

日本語訳著書[編集]

日本語文献[編集]

  • 船津衛、1976年『シンボリック相互作用論』恒星社厚生閣(第2章第1節)。
  • 片桐雅隆編、1989年『意味と日常世界』世界思想社(第4章)。
  • 船津衛・宝月誠編、1995年『シンボリック相互作用論の世界』恒星社厚生閣(第4章、第8章)。
  • 船津衛、1999年『アメリカ社会学の展開』恒星社厚生閣(第9章、第10章、第11章)。
  • 船津衛・安藤清志編、2002年『自我・自己の社会心理学』北樹出版(第2章)。
  • 内田健、2003年「H・ブルーマーにおける『概念』の問題」日本社会学史学会『社会学史研究[3]』第25号。
  • 中野正大・宝月誠編、2003年『シカゴ学派の社会学』世界思想社(第10章第2節)。
  • 内田健、2004年「知の『広さ』/知の『深さ』」『新潟大学大学院現代社会文化研究科「現代の社会と文化の変容に関する超域的研究」プロジェクト』第2号。
  • 井上俊・伊藤公雄編、2011年『自己・他者・関係〔社会学ベーシックス第1巻〕』世界思想社(第5章)。

脚注[編集]