ハービー・ハーパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハービー・ハーパー
生誕 (1920-07-02) 1920年7月2日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カンザス州サライナ
死没 (2012-01-21) 2012年1月21日(91歳没)
ジャンル スウィング・ジャズクール・ジャズウェスト・コースト・ジャズ
担当楽器 トロンボーン
共同作業者 Charlie Mariano Tribute

ハービー・ハーパー(Herbie Harper、1920年7月2日 - 2012年1月21日[1])はアメリカジャズトロンボーン奏者。ウェスト・コースト・ジャズ。アメリカ・カンザス州サライナ生まれ。

1940年代、1950年代、スウィング・ジャズベニー・グッドマン楽団、チャーリー・スピヴァク(Charlie Spivak)楽団(1944-1947)との共演から始まった。音楽シーンがウェスト・コースト・ジャズの真直中に活躍し、特にスタン・ケントン、ビル・パーキンス、メイナード・ファガーソンと共演した[2]

略歴[編集]

ジーン・クルーパ楽団、チャーリー・スピヴァク(Charlie Spivak)楽団(1944-1947)に在籍後、1947年、ロサンゼルスハリウッドに定住してから、テディ・エドワードと共演、ベニー・グッドマン楽団、チャーリー・バーネット楽団、スタン・ケントン楽団(1950)に短期間、在籍した。他、レッド・ノーヴォ楽団、ジミー・ドーシー楽団、スタン・ケントン楽団に在籍した。 1950年代、スタン・ケントン、メイナード・ファガーソン、ベニー・カーター、チャーリー・バーネットと共に録音を行った事に加えて1954-1957年の間にハービー・ハーパーはノクターン(Nocturne)、タンパ、ベツレヘム、モードに5枚のアルバムを残した。1955年以降にあたるその後、主にスタジオ・ミュージシャンとして活動したが、1980年代、ボブ・フィレンツェ(Bob Florence)楽団で復活し、SeaBreezeに録音を残したが、VSOPの録音でビル・パーキンスと共演した。


リファレンス (参考)[編集]

  1. ^ Herbie Harper 1920-2012 Archived 2013-06-30 at Archive.is Los Angeles Jazz Society. Retrieved 9 June 2013.
  2. ^ Yanow, Scott. “Herbie Harper Biography”. Allmusic. 2007年6月24日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『ジャズ管楽器 : バリトン・サックス/ソプラノ・サックス/クラリネット/フルート/トロンボーン他』 ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、2002年、219頁。ISBN 4-915557-12-X。


この記事は英語版からの翻訳・転写を含みます