ハーモン・キルブルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハーモン・キルブルー
Harmon Killebrew
Harmon Killebrew 1962.png
1962年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アイダホ州ペイエット
生年月日 (1936-06-29) 1936年6月29日
没年月日 (2011-05-17) 2011年5月17日(74歳没)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手
初出場 1954年6月23日
最終出場 1975年9月26日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1984年
得票率 83.13%
選出方法 BBWAA[:en]選出

ハーモン・クレイトン・キルブルー・ジュニア(Harmon Clayton Killebrew Jr., 1936年6月29日 - 2011年5月17日)は、アメリカ合衆国アイダホ州出身のプロ野球選手内野手)。「キルブリュー」と表記される場合もある[1]

経歴[編集]

少年時代[編集]

キルブルーは1936年6月29日、アイダホ州ペイエット郡ペイエット市に保安官を務めるハーモン・キルブルー・シニアの四男として生まれた。父はかつてのカレッジフットボールの選手だったこともあり、キルブルーのみならず、兄弟全員学生スポーツに親しんでいたという。

キルブルー自身は10代の頃は地元の農家で働きながら、地元・ペイエット高等学校に学び、高校時代はアメリカンフットボール選手として活躍、ポジションはクォーターバックだったという。卒業直前にはオレゴン大学から特待生のオファーを受けていたほどだが、これはキルブルーが断っている。

その一方で野球もプレイしており、地元のセミプロチームで1950年代にプレイしていたが、このときに打率.847という驚異的な成績を挙げたことで評判になり、地元アイダホ州選出の上院議員ハーマン・ウェルカーは親交があるワシントン・セネタースオーナー、クラーク・グリフィスにキルブルーの評判を話すと、グリフィスはすぐさまスカウトを派遣、そして1954年6月19日キルブルーは50,000ドルの破格の契約金でセネタースに入団することとなった。

ワシントン・セネタース時代(1954年-1960年)[編集]

セネタースのユニフォーム当時のキルブルー(1959年)

キルブルーは当時メジャーリーグにあったボーナスルール[2]の適用を受けて、契約からわずか4日後、18歳の誕生日を6日後に控えた6月23日にメジャーデビューを果たした。初日は代走での出場だったという。その後8月23日の対フィラデルフィア・アスレチックス戦ダブルヘッダー第2試合にて初安打、初本塁打は翌1955年6月24日デトロイト・タイガース戦でだった。 しかしながら、ボーナスルール適用の2シーズン、キルブルーは93打数34三振、打率.215、4本塁打と力不足は否めず、三塁の守備においても不安を残したという。

ボーナスルールの適用が終わった1956年より、キルブルーはセネタース傘下のマイナーチームから始動することとなる。1956年は5月の時点でセネタースに昇格するが、打率.115と結果が残せず再びマイナーに降格、1957年1958年シーズンのほとんどはマイナーチームで過ごし、怪我の補充要員としてセネタースに昇格することはあったが2年間でトータル22試合しか出場していない。

だが、マイナーで3年間確実に鍛えられたこともあり、迎えた1959年シーズン、セネタースの正三塁手だった エディ・ヨーストがデトロイト・タイガースに移籍したこと、またカルビン・グリフィスオーナー[3]がキルブルーを後釜に据えるべくバックアップしたことから、キルブルーは正三塁手としてプレイすることになった。これが奏したのか、同年5月1日から5月17日にかけて、キルブルーは5回の複数本塁打を放つほか、5月12日の試合では初の1試合5打点をマークするという固め打ちをやり、前半戦終了の時点で28本塁打を放った。同年のオールスターゲームにも初出場した[4]。後半戦も14本塁打を放ち、終わってみれば42本塁打をマークし、キルブルーは自身初のアメリカンリーグ本塁打王を受賞した。また、新人王候補にも投票されたという。

1960年シーズンは怪我で出遅れたこともあり、復帰は5月になった。同年は124試合出場で31本塁打を放ち、チームはリーグ2位だったが、このシーズンを最後にセネタースはミネソタ州に移転、チーム名もミネソタ・ツインズに変わることが決まる。

ミネソタ・ツインズ時代(1961年-1974年)[編集]

ツインズのユニフォーム姿のキルブルー(1965年)

1961年、新生・ツインズとしての初年度、キルブルーはチームキャプテンとして任命され、同年は打率.288、46本塁打、122打点を挙げ、また自己最多の7三塁打も打った。また、同年7月4日に自身のキャリア唯一のランニングホームランを放ったが、これは新本拠地メトロポリタン・スタジアム初のランニングホームランだった。

1962年、大腿の筋肉を傷めたこともあり、このシーズンより左翼手としてプレイすることになるが、同年は4月、6月は大スランプで、打率.200を下回るほどだった。このため、このシーズンのみMLBオールスターゲームに選出されなかったという。しかし、同年6月18日のクリーブランド・インディアンス戦で満塁本塁打を打った[5]ことから復調し、終わってみれば48本塁打、126打点を挙げ、2度目のアメリカンリーグ本塁打王と初のアメリカンリーグ打点王の二冠を獲得した。その一方で107回敬遠も受け、前述の大スランプのために打率は.243と自己最低の記録となり、リーグ最多の142三振も喫した。

1963年シーズンは4月半ばに膝を故障し、回復が遅れたことでひと月近く戦線を離脱するが、復帰後はチーム6連勝にも貢献する。9月21日ボストン・レッドソックス戦では自身初の1試合3本塁打を放ち、このシーズンでは打率.258、45本塁打、96打点を挙げ、3度目のアメリカンリーグ本塁打王を獲得。シーズン後に4月に痛めた膝を手術した。

1964年、キルブルーは膝の手術明けもあり、左翼から再び内野にコンバートされる。同年は打率.270、49本塁打、111打点を挙げて2年連続、4度目の本塁打王に輝く。

1965年、キルブルーはホームのメトロポリタン・スタジアムで行われた同年のオールスターゲームに出場し、違う3ポジションで出場した初の選手となり[6]、試合でも2ラン本塁打を放った。8月2日ボルチモア・オリオールズ戦で守備中に肘を脱臼し、9月半ばまで戦線離脱してしまう。しかし、キルブルー離脱に関わらず、残ったチームメイトの奮闘もあって、後半戦28勝19敗を挙げてツインズはアメリカンリーグ優勝を果たした。このキルブルーの1965年レギュラーシーズンは脱臼による戦線離脱のため、25本塁打、75打点にとどまった。

そしてロサンゼルス・ドジャースが相手となった同年のワールドシリーズは、キルブルー唯一のワールドシリーズ出場となる。第4戦でキルブルーはドン・ドライスデールからホームランを放つものの、3試合で完封負けもあってシリーズはドジャースに敗れてしまった。

1966年シーズンは打率.281、39本塁打、110打点とリーグ最多の103敬遠だったが、MVP投票では同年ワールドシリーズを制したボルチモア・オリオールズフランク・ロビンソンブルックス・ロビンソンブーグ・パウエルに次ぐ4位の投票数だった。

現在もモール・オブ・アメリカの壁にくくりつけられている、キルブルーの最長本塁打地点の赤い椅子

1967年6月3日、キルブルーがルー・バーデットから放ったホームランは本塁より520フィート(158.5m)の観客席に届き、メトロポリタン・スタジアム最長のホームランとなる。その落下地点になったスタンドの椅子は赤く塗られた[7]。このシーズンでは前年のリーグチャンピオンの勢いもあったのだが、結果はボストン・レッドソックスが優勝、タイガースと2位タイに終わる。また、キルブルーは打率.269、44本塁打、113打点をマークし、本塁打数でカール・ヤストレムスキーと並ぶアメリカンリーグ本塁打王を獲得した[8]

1968年、キルブルーは故郷アイダホで、無関係な株の売買で勝手に自らの名前が使われたために検察に出廷、承認を務めざるを得ない事態に見舞われ、このためにこのシーズンは打率.200前後に始まり、前半戦終了時は打率.204、13本塁打となる。加えて、同年のオールスターゲームではショートのジム・フレゴシの送球が足に当たって、試合中に担架で運ばれ、しかもその怪我が現役続行に関わるほどの重傷だったため、9月に復帰は果たせたものの不本意な1年に終わる。

同シーズンオフは7ヶ月間もリハビリにあて、1969年シーズンを迎える。同年7月5日のアスレチックス戦では自身最多の1試合6打点をマークし、さらに9月7日の同アスレチックス戦では3ラン本塁打・満塁本塁打という離れ業で1試合7打点という固め打ちもマークした。キルブルー自身も162試合フル出場を果たし、キャリアハイの49本塁打、140打点をマークし1962年以来の本塁打・打点の二冠王を獲得し、さらにはアメリカンリーグMVPにも輝いた。加えて、このシーズンは監督にビリー・マーチンが就任したこともあり、チームは西地区優勝を果たしている。

1970年は41本塁打、113打点を挙げ、MVP投票でもチームメイトのトニー・オリバとブーグ・パウエルの二人に次ぐ3位につけていた。

1971年、キルブルーの年俸が100,000ドル(現在換算で618,652ドル、)となり、セネタース・ツインズを通して史上初の10万ドルプレイヤーとなるが、この頃より衰えが見えるようになる。同年のオールスターゲームが自身最後の出場となり、オールスター明けの8月10日の試合で500号本塁打を達成。シーズンでは打率.254、28本塁打、119打点と3度目のアメリカンリーグ打点王となっている。

1972年、打率.231、26本塁打、74打点を記録するが、返球の遅れなどで、チームメイトから衰えを不安視する声があった。翌1973年はシーズンオフに足を手術したが、同年6月25日の試合でスライディングした際に足を痛めたことで、同年は69試合出場、5本塁打にとどまる。

1974年5月5日のタイガース戦で550号本塁打を達成し、これを記念してツインズは8月に「ハーモン・キルブルー・デイ」を開催し、キルブルー引退後に自身の背番号『3』の永久欠番指定が確約される。このシーズンは打率.222、本塁打13本、54打点を挙げたが、同年12月、チームよりキルブルーにコーチ就任もしくは傘下マイナーチームの監督就任、あるいはチーム放出を通告されたが、キルブルーは現役続行を選び、ツインズを退団した。

カンザスシティ・ロイヤルズ時代-引退まで(1975年)[編集]

1975年1月24日、ツインズ退団後キルブルーは1年契約でカンザスシティ・ロイヤルズと契約。5月4日上、ツインズ戦にてキルブルーがツインズ在籍時につけていた背番号『3』が確約通りチーム初の永久欠番に指定されることが表明され、キルブルーもこれに応えてその試合で本塁打を打っている。このシーズンは106試合出場で打率.199だったが、14本塁打、44打点を挙げた。同シーズン終了後にロイヤルズはキルブルーに戦力外通告し、翌1976年3月、キルブルーは現役引退を表明した。

引退時、通算573本塁打は、引退当時はハンク・アーロンベーブ・ルースウィリー・メイズ、フランク・ロビンソンに次ぐメジャー歴代5位(現在は歴代9位)、アメリカンリーグのみのキャリア選手においては、引退当時ベーブ・ルースに次ぐ堂々たる記録であった。

引退後[編集]

キルブルーのツインズ在籍時の背番号「3」。
ミネソタ・ツインズの永久欠番1975年指定。
2007年

引退後はツインズの専属解説者として活動、アメリカ野球殿堂には1981年が資格初年度だったが、通算打率.256、通算三振数も1699という点で資格初年度での殿堂入りは果たせなかったが、3年後の1984年に殿堂入りを果たした。

また、解説者活動と平行して企業家として保険、自動車販売、ファイナンシャルプランナーとしても成功している。1998年に健康管理慈善団体、ハーモン・キルブルー財団を設立すると共に、解説者・これまでの事業を退任してアリゾナ州スコッツデールに移住、現地にて活動していた。

2011年5月17日、食道癌のためアリゾナ州スコッツデールの自宅で死去。74歳没[1]

選手としての特徴[編集]

  • ニックネームは、苗字をもじってつけられたKiller(キラー:殺し屋)。しかし、ニックネームとは対照的に、穏やかな性格の選手で、現役生活の中で退場経験は一度もないという。
  • 出場試合は、来歴の通り一塁手としての出場が最多(969試合)だが、現役スタート時は三塁手(791試合)、またミネソタ移転後は外野手(470試合)として出場している。
  • 1968年に制定されたMLBロゴはキルブルーを元にデザインしたと言われ、自身も信じていたが、近年作者により否定された。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1954 WHS2 9 15 13 1 4 1 0 0 5 3 0 0 0 0 2 - 0 3 1 .308 .400 .385 .785
1955 38 89 80 12 16 1 0 4 29 7 0 0 0 0 9 0 0 31 3 .200 .281 .363 .644
1956 44 110 99 10 22 2 0 5 39 13 0 0 0 1 10 0 0 39 2 .222 .291 .394 .685
1957 9 33 31 4 9 2 0 2 17 5 0 0 0 0 2 0 0 8 0 .290 .333 .548 .881
1958 13 33 31 2 6 0 0 0 6 2 0 0 0 1 0 0 1 12 0 .194 .212 .194 .406
1959 153 647 546 98 132 20 2 42 282 105 3 2 0 4 90 1 7 116 12 .242 .354 .516 .870
1960 124 517 442 84 122 19 1 31 236 80 1 0 0 3 71 3 1 106 10 .276 .375 .534 .909
1961 MIN 150 656 541 94 156 20 7 46 328 122 1 2 0 5 107 6 3 109 11 .288 .405 .606 1.011
1962 155 666 552 85 134 21 1 48 301 126 1 2 0 4 106 6 4 142 14 .243 .366 .545 .911
1963 142 596 515 88 133 18 0 45 286 96 0 0 0 6 72 4 3 105 16 .258 .349 .555 .904
1964 158 682 577 95 156 11 1 49 316 111 0 0 0 4 93 5 8 135 15 .270 .377 .548 .925
1965 113 479 401 78 108 16 1 25 201 75 0 0 0 2 72 12 4 69 10 .269 .384 .501 .885
1966 162 677 569 89 160 27 1 39 306 110 0 2 0 3 103 18 2 98 12 .281 .391 .538 .929
1967 163 689 547 105 147 24 1 44 305 113 1 0 0 8 131 15 3 111 16 .269 .408 .558 .966
1968 100 371 295 40 62 7 2 17 124 40 0 0 0 4 70 9 2 70 13 .210 .361 .420 .781
1969 162 709 555 106 153 20 2 49 324 140 8 2 0 4 145 20 5 84 16 .276 .427 .584 1.011
1970 157 665 527 96 143 20 1 41 288 113 0 3 0 8 128 23 2 84 28 .271 .411 .546 .957
1971 147 624 500 61 127 19 1 28 232 119 3 2 0 10 114 14 0 96 21 .254 .386 .464 .850
1972 139 532 433 53 100 13 2 26 195 74 0 1 0 4 94 12 1 91 16 .231 .367 .450 .817
1973 69 290 248 29 60 9 1 5 86 32 0 0 0 0 41 2 1 59 10 .242 .352 .347 .699
1974 122 382 333 28 74 7 0 13 120 54 0 0 0 4 45 6 0 61 12 .222 .312 .360 .672
1975 KC 106 369 312 25 62 13 0 14 117 44 1 2 0 2 54 4 1 70 5 .199 .317 .375 .692
通算:22年 2435 9831 8147 1283 2086 290 24 573 4143 1584 19 18 0 77 1559 160 48 1699 243 .256 .376 .509 .885
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 殿堂入りの強打者、キルブリュー氏が死去 ロイター・ジャパン 2011年5月18日閲覧
  2. ^ 当時新人選手で4,000ドル以上の契約金を結んだ新人選手は、メジャーリーグのロースターに2年間入れる特例。1965年にドラフト導入により廃止。
  3. ^ 前述のクラーク・グリフィスの甥で、クラークが1955年に逝去したあと、オーナーを引き継いだ。
  4. ^ この試合ではドワイト・D・アイゼンハワー大統領が観戦に訪れており、キルブルーもお膝元ワシントンの選手ゆえに緊張したという。
  5. ^ この試合ではチームメイトのボブ・アリソンも同イニングで満塁本塁打を放ち、チーム史上初の同イニング満塁本塁打だった。
  6. ^ 三塁手で1959年から1961年、左翼手で1963年と1964年、そして一塁手で1965年に出場
  7. ^ 後年スタジアムが取り壊された後、現在その跡地に建つ商業施設モール・オブ・アメリカにおいても、その椅子はそのままの位置(壁にくくりつけられている形)で残っている。
  8. ^ ヤストレムスキーは同年三冠王となった。