ハーラル3世 (ノルウェー王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハーラル3世
ノルウェー語: Harald III Hardråde
ノルウェー王
Harald III of Norway.jpg
在位 1046年 - 1066年
出生 1015年
リンガーリカ
死去 1066年9月25日
スタンフォード・ブリッジ
配偶者 エリザヴェータ・ヤロスラヴナ
  トーラ・トールベルグズドーテル
子女 インゲガルド
マグヌス2世
オーラヴ3世
王家 シュル家
王朝 ホールファグレ朝
父親 シグル・シュル
母親 オースタ・グドブランズドーテル
テンプレートを表示

ハーラル3世“苛烈王”ノルウェー語Harald Hardråde、1015年 - 1066年9月25日)は、ノルウェー王(在位:1046年 - 1066年)で、ハーラル1世(美髪王)4代目の子孫にあたる。オーラヴ2世の異父弟。父は、ノルウェー東部の小王の〈シグル・シュル(雌豚のシグルズ)英語版〉。英語文献の翻訳などでは「ハラルド・シグルズソン」などの表記もみられる[1]

経歴[編集]

『ハラルド(ハーラル)苛烈王のサガ』の一場面

1030年デンマーククヌート大王ノルウェーが征服されると、キエフ大公国の庇護を求めた。キエフ大公ヤロスラフ1世親衛隊東ローマ皇帝ヴァリャーギ親衛隊に加わっていたとも言われる武断派で、甥のマグヌス1世を追放してノルウェー王に就いた。1045年には、キエフ大公ヤロスラフ1世の娘エリザヴェータと結婚している。

エドワード懺悔王の死後、イングランドを手中に収めんとして、イングランド王ハロルド2世の弟トスティを支援して戦うも、スタンフォード・ブリッジの戦いでトスティと共に戦死した[注釈 1]

ハーラルの死後、ノルウェーは2人の息子マグヌス2世英語版オーラヴ3世英語版が共同統治した。

子女[編集]

  • インゲガルド(1050年頃 - 1120年) - デンマーク王オーロフ1世英語版と結婚、オーロフ1世の死後、スウェーデン王フィリップ英語版と結婚
  • マグヌス2世英語版(1049年 - 1069年) - ノルウェー王
  • オーラヴ3世英語版(1050年 - 1093年) - ノルウェー王

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ハーラル3世の死後、ハロルド2世も10月14日ヘイスティングズの戦いノルマンディー公ギヨーム2世に敗れて戦死。ギヨーム2世はイングランド王ウィリアム1世として即位、ノルマン朝を開いた(ノルマン・コンクエスト)。

出典[編集]

  1. ^ ボルヘス、柳瀬訳、1976年、47頁。

参考文献[編集]

  • ホルヘ・ルイス・ボルヘス、アドルフォ・ビオイ=カサレス、柳瀬尚紀訳 『ボルヘス怪奇譚集』、晶文社、1976年。

関連書籍[編集]

  • スノッリ・ストゥルルソン 「マグヌース善王のサガ」『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史』 (三)、谷口幸男訳、プレスポート、2010年1月。ISBN 978-4-905392-06-4。
  • スノッリ・ストゥルルソン 「ハラルド苛烈王のサガ」『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史』(四)、谷口幸男訳、プレスポート、2010年1月。ISBN 978-4-905392-07-1。
先代:
マグヌス1世
ノルウェー国王
1046年 - 1066年
次代:
マグヌス2世