ハーランズホリデー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハーランズホリデー
欧字表記 Harlan's Holiday[1]
品種 サラブレッド
性別 [1]
毛色 鹿毛[1]
生誕 1999年4月6日[1]
死没 2013年11月1日(14歳没)
Harlan[1]
Christmas in Aiken[1]
母の父 Affirmed[1]
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Double D Farm Corp.[2]
馬主 Starlight Racing[2]
調教師 トッド・プレッチャーアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[3]
競走成績
生涯成績 22戦9勝[1]
獲得賞金 $3,632,664[3]
 
勝ち鞍
GI フロリダダービー 2002年
GI ブルーグラスステークス 2002年
GI ドンハンデキャップ 2003年
テンプレートを表示

ハーランズホリデー (Harlan's Holiday[1]) はアメリカ合衆国生産の競走馬種牡馬である。主な勝ち鞍は2002年フロリダダービー(GI)、ブルーグラスステークス(GI)、2003年ドンハンデキャップ(GI)。

戦績[編集]

1999年4月6日にオハイオ州で誕生。翌年7月のファシグティプトン・ケンタッキー1歳馬セールで9万7000ドルで取引された[4]。2歳6月にデビューし、この年は6戦4勝2着2回の成績を残す[3]

3歳時にはクラシック戦線の重要な前哨戦であるフロリダダービーブルーグラスステークスを連勝。ケンタッキーダービーではメダグリアドーロヨハネスブルグケイムホームらを抑えて1番人気に支持されたが、伏兵ウォーエンブレムの7着に敗退。プリークネスステークスもウォーエンブレムの4着に敗れた。三冠最終戦のベルモントステークスは回避し、9月のペンシルベニアダービーで復帰戦を飾る。しかし、その後のGI戦線では結果を残せなかった[3]

4歳となって2戦目のドンハンデキャップで3度目のGI制覇。続くドバイワールドカップでは勝ち馬のムーンバラッドにこそ5馬身の差をつけられたものの2着を確保した[3]。その後は勝利に恵まれることなく同年8月に腱の故障が判明して現役を引退した[4]

競走成績[編集]

以下の内容は、Equibase[3]の情報に基づく。

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
2001.06.09 チャーチルダウンズ 未勝利 5f 2着 A.ダミーコ 5馬身1/4 Wadsworth
0000.07.07 シスルダウン クリーブランドキンダーガーテンステークス ダ5.5f 1着 A.ダミーコ 5馬身1/4 (Truth Matters)
0000.08.04 リバーダウンズ フーヴァーステークス ダ6f 1着 A.ダミーコ 4馬身 (Highland Rim)
0000.09.03 リバーダウンズ クレイドルステークス L ダ8.5f 1着 A.ダミーコ クビ (Request for Parole)
0000.10.06 キーンランド レーンズエンド・ブリーダーズフューチュリティ G2 ダ8.5f 2着 A.ダミーコ 6馬身 Siphonic
0000.11.04 チャーチルダウンズ イロコイステークス G3 ダ8f 1着 A.ダミーコ 2馬身3/4 (Request for Parole)
2002.01.19 ガルフストリームパーク ホーリーブルステークス G3 ダ8.5f 2着 A.ダミーコ 3/4馬身 Booklet
0000.02.16 ガルフストリームパーク ファウンテンオブユースステークス G1 ダ8.5f 2着 A.ダミーコ ハナ Booklet
0000.03.16 ガルフストリームパーク フロリダダービー G1 ダ9f 1着 E.プラード 3馬身1/2 (Blue Burner)
0000.04.13 キーンランド ブルーグラスステークス G1 ダ9f 1着 E.プラード 4馬身1/2 (Booklet)
0000.05.04 チャーチルダウンズ ケンタッキーダービー G1 ダ10f 7着 E.プラード 12馬身1/4 War Emblem
0000.05.18 ピムリコ プリークネスステークス G1 ダ9.5f 4着 E.プラード 3馬身 War Emblem
0000.09.02 フィラデルフィアパーク ペンシルベニアダービー G3 ダ9f 1着 E.プラード 4馬身1/2 (Essence of Dubai)
0000.09.28 ベルモントパーク ジョッキークラブゴールドカップ G1 ダ10f 3着 J.ヴェラスケス 3馬身1/2 Evening Attire
0000.10.26 アーリントンパーク ブリーダーズカップ・クラシック G1 ダ10f 9着 J.ヴェラスケス 26馬身1/4 ヴォルポニ
0000.11.30 アケダクト シガーマイルハンデキャップ G1 ダ8f 4着 J.ヴェラスケス 8馬身 Congaree
2003.02.02 ガルフストリームパーク アローワンス ダ8.5f 1着 J.ヴェラスケス 1馬身3/4 (Bonus Pack)
0000.02.22 ガルフストリームパーク ドンハンデキャップ G1 ダ9f 1着 J.ヴェラスケス 2馬身1/2 (Hero's Trubute)
0000.03.29 ナドアルシバ ドバイワールドカップ G1 ダ2000m 2着 J.ヴェラスケス 5馬身 Moon Ballad
0000.07.13 ベルモントパーク ブルックリンハンデキャップ G2 ダ9f 5着 J.ヴェラスケス 14馬身1/2 Iron Deputy
0000.08.12 アーリントンパーク ハリウッドゴールドカップ G1 ダ10f 2着 J.ヴェラスケス 3馬身 Congaree
0000.08.16 サラトガ サラトガブリーダーズカップハンデキャップ G2 ダ10f 8着 J.ヴェラスケス 16馬身3/4 Puzzlement

種牡馬時代[編集]

1999年に10歳で早世した父ハーランの後継種牡馬として、2004年からエアドリースタッドで種牡馬入り。2011年からはウィンスターファームへ移動した[5]2012年には同年のエクリプス賞最優秀2歳牡馬シャンハイボビーの活躍もあって2歳馬の年間獲得賞金の新記録を樹立するなど成功を収めていたが[6]2013年11月1日にシャトル先のアルゼンチンで死亡した[4]

自身の後継種牡馬としては、その筆頭格である良血馬イントゥミスチーフが全米最多の種付け頭数を記録する人気種牡馬となっている[7]。また、シャンハイボビーは2019年より日本アロースタッドで供用されている[8]

日本に輸入された産駒からはアルビアーノエスメラルディーナといった活躍馬が出ている[6]

主な産駒[編集]

血統表[編集]

ハーランズホリデー血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ストームキャット系
[§ 2]

Harlan
1989 黒鹿毛
父の父
Storm Cat
1983 黒鹿毛
Storm Bird Northern Dancer
South Ocean
Terlingua Secretariat
Crimson Saint
父の母
Country Romance
1976 栗毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Sweet Romance *ガンボウ
Suiti

Christmas in Aiken
1992 鹿毛
Affirmed
1975 栗毛
Exclusive Native Raise a Native
Exclusive
Won't Tell You Crafty Admiral
Scarlet Ribbon
母の母
Dowager
1980 黒鹿毛
Honest Pleasure What a Pleasure
Tularia
Princessnesian Princequillo
Alanesian
母系(F-No.) 4号族(FN:4-m) [§ 3]
5代内の近親交配 Bold Ruler5×5=6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ Harlan's Holiday(USA) 5代血統表2019年1月23日閲覧
  2. ^ Harlan's Holiday(USA) 5代血統表2019年1月23日閲覧
  3. ^ Harlan's Holiday(USA) 5代血統表2019年1月23日閲覧
  4. ^ Harlan's Holiday(USA) 5代血統表2019年1月23日閲覧

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Harlan's Holiday(USA)|JBISサーチ(JBIS-Search)
  2. ^ a b Harlan's Holiday | Progeny. Racing Post. 2019年1月23日閲覧
  3. ^ a b c d e f Harlan's Holiday. Equibase. 2019年1月23日閲覧
  4. ^ a b c Avalyn Hunter. Harlan's Holiday Unlikely to Be Forgotten. Bloodhorse(November 15, 2013). 2019年1月23日閲覧
  5. ^ Harlan's Holiday to WinStar. Bloodhorse(December 22, 2010). 2019年1月23日閲覧
  6. ^ a b 有吉正徳. 第49回 「3×3」. JBIS Search. 2019年1月23日付
  7. ^ Overall Breeding Stats Decline; Into Mischief Top-Covering Stallion. Thoroughbred Daily News(Octobar 22, 2018). 2019年1月23日閲覧
  8. ^ シャンハイボビー、日本のアロースタッドに到着(日本). 公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナル(2018年12月6日付). 2019年1月23日閲覧