ハーラン・コーベン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハーラン・コーベン
(Harlan Coben)
HarlanCoben.jpg
誕生 (1962-01-04) 1962年1月4日(57歳)
アメリカ合衆国の旗 ニュージャージー州ニューアーク
職業 作家
言語 英語
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
最終学歴 アマースト大学
活動期間 1988年 -
ジャンル ミステリ、スリラー
主な受賞歴 アンソニー賞ペーパーバック賞
1996年 沈黙のメッセージ
配偶者 アン・アームストロング・コーベン
公式サイト http://www.harlancoben.com
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ハーラン・コーベンHarlan Coben1962年1月4日 - )は、アメリカ合衆国推理作家

生い立ち[編集]

ニュージャージー州ニューアークにて、ユダヤ系一家に生まれ、同州リビングストンで育つ。第55代ニュージャージー州知事クリス・クリスティ(2010年就任)とは幼少期からの友人でリビングストン高校でも同級生だった[1]アマースト大学政治学を学び、作家のダン・ブラウンと共にPsi Upsilonのメンバーだった。大学卒業後は祖父が経営していた旅行関連会社に勤務。現在は、ニュージャージー州リッジウッド小児科医の妻と4人の子どもと暮らしている[2]

キャリア[編集]

大学4年生の時に作家を志すようになる。26歳の時に処女作が受け入れられ、"Play Dead1990年)""Miracle Cure1991年)" という2作の単独作を出版した後、1995年にマイロン・ボライター英語版というキャラクターを主人公にしたシリーズ作品を書き始める。同シリーズは、バスケットボール選手からスポーツエージェントに転身したボライターが、クライアントが関わる殺人事件などを調査するミステリー作品である。第1作目は『沈黙のメッセージ』(原題:Deal Breaker)である。

また2011年には、マイロンの甥っ子・ミッキー・ボライターが主人公の、ヤングアダルト向けの作品"Shelter" を初めて上梓し、これもシリーズ化。

エドガー賞ペーパーバック賞、シェイマス賞アンソニー賞の3賞を受賞した初めての作家である。

2001年、ボライターシリーズ開始以後では初となる単独作『唇を閉ざせ』(原題:Tell No One )を上梓、コーベンの著作の中では最も売れたベストセラー作品となった。2006年にフランス人映画監督のギヨーム・カネにより映画化された2008年4月に出版された"Hold Tight" は「ニューヨーク・タイムズ」のベストセラーリストの第1位となった。

作品リスト[編集]

シリーズ作品[編集]

マイロン・ボライター シリーズ[編集]

# 邦題 原題 刊行年
アメリカ合衆国の旗
刊行年月
日本の旗
訳者 出版社
日本の旗
1 沈黙のメッセージ Deal Breaker 1995年 1997年5月 中津悠 早川書房
2 偽りの目撃者 Drop Shot 1996年 1998年1月 中津悠 早川書房
3 カムバック・ヒーロー Fade Away 1996年 1998年10月 中津悠 早川書房
4 ロンリー・ファイター Back Spin 1997年 1999年8月 中津悠 早川書房
5 スーパー・エージェント One False Move 1998年 2000年3月 中津悠 早川書房
6 パーフェクト・ゲーム The Final Detail 1999年 2001年2月 中津悠 早川書房
7 ウイニング・ラン Darkest Fear 2000年 2002年4月 中津悠 早川書房
8 Promise Me 2006年
9 Long Lost 2009年
10 Live Wire 2011年
11 Home  2016年

ミッキー・ボライター シリーズ[編集]

# 邦題 原題 刊行年
アメリカ合衆国の旗
刊行年月
日本の旗
訳者 出版社
日本の旗
1 Shelter 2011年
2 Seconds Away 2012年
3 Found 2014年

シリーズ外作品[編集]

# 邦題 原題 刊行年
アメリカ合衆国の旗
刊行年月
日本の旗
訳者 出版社
日本の旗
1 Play Dead 1990年
2 Miracle Cure 1991年
3 唇を閉ざせ Tell No One 2001年 2002年10月 佐藤耕士 講談社文庫
4 Gone for Good 2002年
5 ノー・セカンドチャンス No Second Chance 2003年 2005年9月 山本やよい ランダムハウス講談社文庫
6 Just One Look 2004年
7 イノセント The Innocent 2005年 2006年3月 山本やよい ランダムハウス講談社文庫
8 The Woods 2007年
9 Hold Tight 2008年
10 Caught 2010年
11 ステイ・クロース Stay Close 2012年 2013年9月 田口俊樹 ヴィレッジブックス
12 Six Years 2013年
13 Missing You 2014年
14 The Stranger 2015年
15 偽りの銃弾 Fool Me Once 2016年 2018年5月 田口俊樹+大谷瑠璃子 小学館文庫
16 Don't Let Go 2017年
17 Run Away 2019年
18 The Boy from the Woods 2020年

全作品一覧(時系列)[編集]

刊行年
アメリカ合衆国の旗
シリーズ外 単独作品 マイロン・ボライター
シリーズ
ミッキー・ボライター
シリーズ
1990 Play Dead
1991 Miracle Cure
1995 Deal Breaker / 沈黙のメッセージ
1996 Drop Shot / 偽りの目撃者
Fade Away / カムバック・ヒーロー
1997 Back Spin / ロンリー・ファイター
1998 One False Move / スーパー・エージェント
1999 The Final Detail / パーフェクト・ゲーム
2000 Darkest Fear / ウイニング・ラン
2001 Tell No One / 唇を閉ざせ
2002 Gone For Good
2003 No Second Chance / ノー・セカンドチャンス
2004 Just One Look
2005 The Innocent /イノセント
2006 Promise Me
2007 The Woods
2008 Hold Tight
2009 Long Lost
2010 Caught
2011 Live Wire Shelter
2012 Stay Close / ステイ・クロース Seconds Away
2013 Six Years
2014 Missing You Found
2015 The Stranger
2016 Fool Me Once / 偽りの銃弾 Home
2017 Don't Let Go
2019 Run Away
2020 The Boy from the Woods

受賞・ノミネート歴[編集]

  • 1996年:『沈黙のメッセージ』でエドガー賞 ペーパーバック賞ノミネート、アンソニー賞 ペーパーバック賞受賞
  • 1997年:『カムバック・ヒーロー』でエドガー賞 ペーパーバック賞受賞シェイマス賞 ペーパーバック賞受賞バリー賞 ペーパーバック賞ノミネート
  • 1998年:『ロンリー・ファイター』でバリー賞 ペーパーバック賞受賞
  • 2002年:『唇を閉ざせ』でエドガー賞 長編賞ノミネート、バリー賞 長編賞ノミネート、マカヴィティ賞 長編賞、アンソニー賞 長編賞ノミネート
  • 2011年:"Caught" でエドガー賞 長編賞ノミネート
  • 2012年:"Shelter" でエドガー賞 ヤングアダルト賞ノミネート

出典[編集]

  1. ^ Coben, Harlan. "Chris Christie Confidential", The New York Times, November 33, 2009. Accessed February 24, 2011. "Growing up in Livingston, N.J., Chris and I both attended Heritage Junior High and Livingston High School."
  2. ^ The Official Harlan Coben Web Site”. 2018年8月12日閲覧。