ハ44 (エンジン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ハ44は、第二次世界大戦期に中島飛行機が開発・製造した空冷星型航空機レシプロエンジン陸軍名称はハ219。ハ44は陸海軍統合名称である。初期の国産空冷エンジンの傑作である寿を複列14気筒化したものにハ5があるが、ハ44はそれをさらに18気筒化したものである。試作開始は1942年7月、終戦まで23台が製造された。排気タービン過給機装備型が、中島飛行機の試作高々度戦闘機キ87のエンジンとして使用される予定であった。

主要諸元[編集]

ハ44-12[編集]

  • タイプ:空冷星型18気筒
  • ボア×ストローク:146 mm×160 mm
  • 排気量:48.2 L
  • 全長:2,110 mm
  • 直径:1,280 mm
  • 乾燥重量:1,150 kg
  • 圧縮比:7.2
  • 過給機:遠心式スーパーチャージャー1段2速
  • 離昇馬力 
    • 2,450 hp / 2,800rpm / ブースト+550 mmhg
  • 公称馬力 
    • 2,300 hp / 2,700 rpm / ブースト+350 mmhg(高度2,700 m)
    • 2,050 hp / 2,700 rpm / ブースト+350 mmhg(高度6,400 m)

ハ44-12ル(ハ219ル)[編集]

  • 過給機排気タービン
  • 離昇馬力 
    • 2,450 hp / 2,800 rpm
  • 公称馬力 
    • 2,350 hp / 2,700 rpm(高度1,100 m)
    • 2,200 hp / 2,700 rpm(高度4,400 m)
    • 2,040 hp / 2,700 rpm(高度11,000 m)