ハ46 (エンジン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハ46は、第二次世界大戦期に中島飛行機が開発・製造した航空機空冷星型エンジン。ハ46は陸海軍統合名称であり、海軍略符号はNK10A、陸軍名はハ217特。海軍では護改とも呼ばれた。

概要[編集]

1942年に中島飛行機が開発を始めた航空機用大出力エンジン。を18気筒化したもので、川西の十七試陸攻に搭載予定だった他、排気タービンと組み合わせて遠距離攻撃機への搭載が研究されていた。

1942年7月に試作1号機が完成し、海軍での審査が1943年12月審査完了を目指して進められたもののはかどらず、またが成功したこともあって制式採用には至らなかった。製作数は6基。

主要諸元[編集]

  • タイプ:空冷星型18気筒
  • ボア×ストローク:155mm×170mm
  • 排気量:57.7L
  • 全長:2,600mm
  • 全幅:1,380mm
  • 内径:155mm
  • 行程:170mm
  • 乾燥重量:1,350kg
  • 離昇馬力
    • 3000HP / 2,700RPM
  • 公称馬力
    • 一速全開 2,750HP / 2,600RPM (高度2,000m)
    • 二速全開 2,450HP / 2,600RPM (高度5,500m)

参考文献[編集]

  • 秋元実 「まぼろしの高性能陸攻「泰山」&「太洋」」 『丸』 第65巻第1号、潮書房、2012年1月、p.124-125。