バイオアート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

バイオアートBioArt)とは、生体組織、バクテリア、生体系、生命プロセスを扱うアートのこと。遺伝子工学組織培養クローニングなどの生物工学を利用する。作品の制作はスタジオ、ギャラリーだけでなく、研究所でも行われる。

「バイオアート」という語は、1997年エドワルド・カック英語版が彼の作品『Time Capsule』に関して生み出した造語である。その後、スザンヌ・アンカー、ジョー・デイヴィス、西オーストラリア大学のSymbiotica研究室のアーティストによって発展した。

バイオアーティストが人間の生体組織を取り扱う時、それが人間なのかそうでないのかで議論されることがある。ライフサイエンスにおける生命創造は倫理的・社会的・美学的問題を避けて通れない。

代表的なアーティスト[編集]

  • エドワルド・カック英語版
  • Marion Laval-JeantetとBenoît Mangin
  • SymbioticA
  • ジョージ・ジェッサート
  • ジョー・デイヴィス[1]
  • オルガ・キセレヴァ
  • マルタ・デ・メネゼス
  • オルラン英語版
  • Sergio Valle Duarte
  • Stelarc
  • Anna Garforth
  • Rick Gibson
  • エイミー・カール
  • ディムット・ストレーブ[2]
  • ヘザー・デューイ・ハグボーグ[2]
  • ティナ・ゴヤンク[2]
  • 平野真美[2]
  • 清水陽子[3]

書籍[編集]

  • 『バイオ・アート-バイオテクノロジーは未来を救うのか』ウィリアム・マイヤーズ著/ 久保田晃弘 監修、長谷川愛 寄稿、岩井木綿子・上原昌子 翻訳(ビー・エヌ・エヌ新社)ISBN 978-4802510196

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ NATSUKO NOMURA (2018年8月30日). “バイオアートの父、ジョー・デイヴィスが語る、混沌の時代にアートが見せてくれる夢”. バウンド・バウ. 大阪芸術大学. 2020年1月15日閲覧。
  2. ^ a b c d ゴッホの耳やユニコーンなど、「バイオアート」に着目した展示が開催”. FASHIONSNAP.COM. 株式会社レコオーランド (2018年8月20日). 2020年1月15日閲覧。
  3. ^ 2019年冬号 交わるアートとサイエンス バイオアートで見えてくる 自然界の営み”. Science Window. 科学技術振興機構 (2019年1月9日). 2020年1月15日閲覧。