バイオハザード3 死者の街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バイオハザード3 死者の街
著者 S・D・ペリー
訳者 風間賢二
発行日 2005年1月25日
発行元 中央公論新社
ジャンル ノベライズ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 新書
コード ISBN 978-4-1250-0885-1
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

バイオハザード3 死者の街』(バイオハザード3 ししゃのまち)は、カプコンのゲームソフト『バイオハザードシリーズ』をS・D・ペリーが小説化したホラーゲームノベライズ。シリーズ第3弾である。ゲーム版『バイオハザード2』に忠実にストーリーが展開される。翻訳風間賢二

出版経緯[編集]

書籍情報
バイオハザード3 死者の街 2005年 ISBN 412500885X

あらすじ[編集]

登場キャラクター[編集]

登場人物[編集]

科学者たち[編集]

  • ウィリアム・バーキンWilliam Birkin
  • アネット・バーキンAnnette Birkin

館からの生還者たち[編集]

ラクーン市警[編集]

  • ラクーン市警本部署長 - ブライアン・アイアンズBrian Irons

その他[編集]

  • 謎の男 - トレント

関連項目[編集]