バイオハザード ヴィレッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
バイオハザード ヴィレッジ
BIOHAZARD Village
RESIDENT EVIL Village
Resident Evil 8 Village Logo.svg
ジャンル オープンワールド
サバイバルホラー
FPS
対応機種 PlayStation 5
PlayStation 4
Xbox Series X/S
Xbox One
Microsoft Windows
開発元 カプコン
発売元 カプコン
販売元 カプコン
プロデューサー 神田剛
ピーター・ファビアーノ[1]
シリーズ バイオハザードシリーズ
人数 1人
発売日 2021年5月8日
対象年齢 【通常版】
CEROD(17才以上対象)
【Z Version】
CEROZ(18才以上のみ対象)
ESRBM(17歳以上)
PEGI18
コンテンツ
アイコン
審査中
デバイス PlayStation VR対応
エンジン REエンジン
テンプレートを表示

バイオハザード ヴィレッジ』(BIOHAZARD Village)は、カプコンより2021年5月8日発売予定[2]のゲームソフト。 バイオハザードシリーズ本編としては8作目にあたる。

北米でのタイトルは『Resident Evil Village』(レジデント イービル ヴィレッジ)で、タイトルロゴも8作目を意味するローマ数字の「VIII」が重ねられる形で強調されており[3]、ナンバリングシリーズにおいて『バイオハザード8』に相当する[4]

対応ハードはPlayStation 4Xbox OnePlayStation 5Xbox Series X/S、パソコン(Steam/Windows 10 UWP)である[5]

キャッチコピーは、「邪悪と狂気に満ちる村。[6][7][注釈 1]

概要[編集]

作中の時系列上では、『バイオハザード7 レジデント イービル』の数年後に位置する。主人公は同作と同じくイーサン・ウィンターズであり、彼の物語の完結編となる予定[8]。舞台となるのは山奥の村で、「この村自体がもう一つの主人公」と言われているように、そこに大きな焦点が当てられているという[9]

『7』のような1人称視点(アイソレートビュー)で展開するシステムとなっており、ゲームエンジンは同作や『バイオハザード RE:2』などでも使用されたREエンジンで製作される[10]

本作の特典として、25周年記念作品であるオンライン対戦アクションゲーム『バイオハザード RE:バース』が付属する[11]

沿革[編集]

2020年6月12日にPS5用のオンラインイベント「The Future Gaming」にて制作が発表された[12]

2021年1月22日には、バイオハザードショーケース内で発売日と現行機向けにも展開されることが発表されたほか、当時の次世代機であるPS5では、本作の雰囲気を味わうことができるビジュアルデモ『MAIDEN』が同日に配信された。この体験版では、本編の主人公であるイーサン以外の人物を操り、牢獄からの脱出を目指す内容となっている。また、PS5以外の機種では、本デモ以外の体験版が配信予定[13]

ストーリー[編集]

『7』での悪夢のような事件から数年が経過し、イーサン・ウィンターズは家族との平和な日常を取り戻していた。しかし、イーサンの日常はクリス・レッドフィールドによって破られてしまう。

登場人物[編集]

イーサン・ウィンターズ
声 - 木内秀信
前作及び本作の主人公。ベイカー邸の事件から生還したイーサンは対バイオテロ部隊であるBSAAに守られ、妻のミアと愛娘のローズと平穏な日々を過ごしていたが、BSAA隊長であるクリス・レッドフィールドの襲撃によって安寧の時を奪われ、更に愛娘であるローズまで攫われてしまう。娘を救出するため、イーサンは再び死地へと向かうこととなる。
クリス・レッドフィールド
声 - 東地宏樹
第1作から登場する、バイオハザードシリーズを代表するキャラクター。元特殊部隊S.T.A.R.S.隊員で、数々のバイオテロ事件を闘いぬいてきた英雄。現在はスペシャリストとして対バイオテロ組織BSAAに身を置く。
ミア・ウィンターズ
声 - 樋口あかり
イーサンの妻。前作では彼女が所属している組織が開発した生物兵器『エヴリン』が暴走し、ベイカー邸での惨劇の引き金となってしまった。事件後はBSAAの庇護の下、夫のイーサン、愛娘のローズと共に平穏な日々を過ごしていたが、BSAA隊長であるクリスの襲撃によってその日々は終焉を迎える。
ローズマリー・ウィンターズ
イーサンとミアの一人娘。クリスの手によって連れ去られてしまう。
デューク
声 - 茶風林
村のそこかしこに現れる肥満体の商人。イーサンに武器やアイテムを販売したり、武器の強化をしてくれる。『バイオハザード4』での武器商人のような存在。
オルチーナ・ドミトレスク
声 - 井上喜久子
村にある城の女主人。大きな帽子を被った身長290cmの大女で、妖艶な美貌を持つ。ミランダの指示の下、大勢の"娘たち"を従えてイーサンを捕らえようとする。
マザー・ミランダ
ドミトレスクに指示を下している謎の人物。
ハイゼンベルク
捕らわれたイーサンを逃がしたとされる人物。

[14]

クリーチャー[編集]

ライカン
村に巣くう獣人のような姿のクリーチャー。鋭い爪と牙を持ち、俊敏な動きで襲い掛かる[15]

システム[編集]

参考:[16][17]

今作のアイテムマネジメント画面は『バイオハザード4』のようなデザインになっており、ゲームを進めてくことで、アタッシュケースのサイズを拡張することが可能。

その他にはクラフト要素の幅が広がっており、回復薬はもちろん、レシピを手に入れることによって、弾薬などと言ったアイテムもクラフトできるようになっている。

また、武器商人システムもヴィレッジには導入されており、バイオハザード4同様に様々なアイテムの売買が行える。中にはアイテムクラフトのレシピが売っていたり、銃器のカスタマイズも行える。

戦闘面では、前作『バイオハザード7』から実装されたガードが健在で、ガードや敵に組みつかれた状態から敵を蹴り、間合いを取ることが可能となっている。

探索パートではメインルート以外にも寄り道を行えるルートあり、前作『7』からお馴染みのイースターエッグ要素も健在。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ このフレーズは、YouTubeをはじめとした各サイトで、2021年2月17日現在でも流れている広告動画内にて使用されている。

出典[編集]

  1. ^ “【バイオ8】『バイオハザード ヴィレッジ』実機映像やインベントリ画面も確認できるスペシャルメッセージ動画が公開”. ファミ通.com (KADOKAWA). (2020年6月12日). https://www.famitsu.com/news/202006/12200124.html 2020年10月29日閲覧。 
  2. ^ “「バイオハザード ヴィレッジ」の発売日が2021年5月8日に決定。PS4とXbox One版の発売も”. 4gamer.net (Aetas). (2021年1月22日). https://www.4gamer.net/games/512/G051226/20210122001/ 2021年1月22日閲覧。 
  3. ^ “「バイオ」シリーズ最新作! PS5「RESIDENT EVIL VILLAGE」発表”. GAME Watch (インプレス). (2020年6月12日). https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1258559.html 2020年10月29日閲覧。 
  4. ^ 2021年にPS5™で『バイオハザード ヴィレッジ』が発売予定。次世代の“サバイバルホラー”が幕を開ける”. PlayStation.Blog. Sony Interactive Entertainment (2020年6月12日). 2020年10月29日閲覧。
  5. ^ “『バイオハザード ヴィレッジ』発売日が5月8日に決定。PS4、Xbox One版の発売も発表”. ファミ通 (ファミ通). (2021年1月22日). https://www.famitsu.com/news/202101/22213223.html 2021年1月22日閲覧。 
  6. ^ “邪悪と狂気に満ちる村。『バイオハザード ヴィレッジ』のゲームプレイとは? “イーサンのサバイバル””. prtimes (prtimes). (2021年2月17日). https://prtimes.jp/main/html/rd/amp/p/000002056.000013450.html 2021年2月17日閲覧。 
  7. ^ “邪悪と狂気に満ちる村『バイオハザード ヴィレッジ』5.8発売決定 トレーラー&キャラ写真公開”. クランクイン! (ブロードメディア株式会社). (2021年2月17日). https://m.crank-in.net/news/85424 2021年2月17日閲覧。 
  8. ^ “「バイオハザード8」に相当するシリーズ最新作「バイオハザード ヴィレッジ」が発表に。PS5,Xbox Series X,Steamに向け2021年リリース”. 4Gamer.net (Aetas). (2020年6月12日). https://www.4gamer.net/games/512/G051226/20200612019/ 2020年10月29日閲覧。 
  9. ^ “『バイオハザード ヴィレッジ』の続報が公開。イーサンのすべてを描ききる作品で、「恐ろしく美しい村」自体がもうひとつの主人公。現行機での発売も示唆”. 電ファミニコゲーマー (マレ). (2020年9月25日). https://news.denfaminicogamer.jp/news/200925u 2020年10月29日閲覧。 
  10. ^ “『バイオハザード7』の続編にして完結編『バイオハザード ヴィレッジ』2021年に発売決定!RE ENGINE採用でPlayStation 5向けにも登場”. 週刊アスキー (角川アスキー総合研究所). (2020年10月29日). https://weekly.ascii.jp/elem/000/004/016/4016101/ 2020年10月29日閲覧。 
  11. ^ “「バイオハザード RE:バース」発表。シリーズの人気キャラが登場するオンライン対戦アクションで「バイオハザード ヴィレッジ」の購入特典として提供”. 4Gamer.net (Aetas). (2021年1月22日). https://www.4gamer.net/games/548/G054842/20210121156/ 2021年1月22日閲覧。 
  12. ^ “「バイオ」新作、正式タイトル名は「バイオハザード ヴィレッジ」に”. GAME Watch (インプレス). (2020年6月12日). https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1258574.html 2020年10月29日閲覧。 
  13. ^ “【閲覧注意】「バイオハザード ヴィレッジ」、PS5限定ビジュアルデモ「MAIDEN」をさっそく体験!”. GAME Watch (インプレス). (2021年1月22日). https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1301846.html 2021年1月22日閲覧。 
  14. ^ “「バイオハザードヴィレッジ」公式サイト”. CAPCOM (CAPCOM). (2021年4月15日). https://www.capcom.co.jp/biohazard/village/ 2020年4月15日閲覧。 
  15. ^ “「バイオハザードヴィレッジ」公式サイト LOCATION”. CAPCOM (CAPCOM). (2021年4月15日). https://www.capcom.co.jp/biohazard/village/locations/village.html 2020年4月15日閲覧。 
  16. ^ “『バイオハザード ヴィレッジ』のゲームプレイとは? シリーズの醍醐味“戦闘、探索、恐怖、アイテムマネジメント”を解説”. GameSpark (イード). (2021年1月22日). https://www.gamespark.jp/article/2021/01/22/105487.html?amp=related-article01 2020年1月22日閲覧。 
  17. ^ “バイオハザード最新作「ヴィレッジ」5月8日発売!イーサン再び死地へ…”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2021年1月22日). https://www.cinematoday.jp/news/N0121212 2020年1月22日閲覧。