バイオレントシューティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バイオレントシューティング
ジャンル ガンシューティングゲーム
対応機種 アーケード[AC]
開発元 タイトー
発売元 タイトー
人数 1人プレイ専用
発売日 [AC]1986年
テンプレートを表示

バイオレントシューティング』(VIOLENT SHOOTING)はタイトーから1986年に稼動開始したアーケードゲーム。ガンシューティングゲームである。筐体は前年に発売された『NYキャプター』を流用したものであり、翌年発売された『オペレーションウルフ』のケーブル連結タイプもこの筐体を流用している。

ゲームのルール[編集]

コインを入れてスタートボタンを押し、ゲームを開始する。筐体に収納している銃を使い、敵が攻撃する前に敵を倒しながら進んで行く。全6ステージ構成。このゲームはループ制になっており、6面をクリアするとまた1面に戻る。

ステージ構成[編集]

ステージは6ステージ構成。1、3、5ステージはスクロール画面パートと、2、4、6ステージは固定画面パートとなる。

  • スポット1
高速道路のステージ。
  • スポット2
敵の中継地点にされているガソリンスタンドステージ。
  • スポット3
地下の道路ステージ。
  • スポット4
ゴーストタウンなステージ。ボスは3人兄弟。
  • スポット5
砂漠地帯と丸木橋のステージ。
  • スポット6
敵の本拠地。ボスは女性で、全身に鎧を装備しているため片手にマシンガン、片手に盾を持っている。ボスに弾を何回も当てると鎧のパーツが取れ、鎧がなくなった時に1発当てるとボスをやっつけるとクリアとなる。

消火栓について[編集]

ステージの途中にある消火栓を狙い撃ち、ふき出した水で敵をやっつけることも可能。