バイジュ (ジャライル部)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

バイジュ(拝住、1298年 - 1323年)は、大元ウルス中期の重臣。モンゴルジャライル部の出身。モンゴル帝国建国の功臣ムカリの子孫で、クビライ時代の右丞相アントンの孫にあたる。

生涯[編集]

幼いときに孤児となり、至大元年(1308年)にケシクテイ(宿衛)の長となる。アユルバルワダが皇帝即位後の延祐2年(1316年)に資善大夫・太常礼儀院使となり、延祐6年(1320年)に開府儀同三司に昇進する。シデバラが皇帝に即位すると、中書平章政事となって政治の枢機に参与し、さらに昇進して中書左丞相になる。その頃、中書右丞相のテムデルが政治を壟断していたが、拝住はテムデル一派を抑えるためにシデバラに重用され、テムデル死後は三公に昇進されるところを、拝住は辞退した。テムデルの義子(養子)である御史大夫テクシイェスン・テムルを擁立して勢力の巻き返しをはかり、上都から大都へ帰還するシデバラを暗殺したときに、帝の側にいたバイジュも殺された(南坡の変)。至治3年(1323年)9月4日のことであった。テクシが誅殺された後に、拝住はその忠節を賞され太子開府儀同三司上柱国を追贈され、東平公に封ぜられ、忠献と追諡された。一子のトゥレル・テムルは後に明朝に投降し、陝西大茘県に移住した。子孫は、その地の有力者になったといわれる。

子孫[編集]

バイジュにはヤナシュリという息子がおり、長じてトク・テムル(文宗ジャヤート・カーン)よりトゥレル・テムルという名を賜った。トゥレル・テムルは父祖同様にケシクテイ(宿衛)の第3班長を務め、大元ウルス最期の皇帝トゴン・テムル(順帝ウカート・カーン)にも仕えた[1]。ウカート・カーンの治世においては大司農の長官を務め、父のバイジュを讃える神道碑を建立している[2]

ジャライル部バアトル系国王ムカリ家[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 片山1977,117頁
  2. ^ 宮2018,399-400頁

参考文献[編集]

  • 片山共夫「元朝四怯薛の輪番制度」『九州大学東洋史論集』、1977年
  • 原田理恵「元朝の木華黎一族」『山根幸夫教授追悼記念論叢 明代中国の歴史的位相 下巻』汲古書院、2007年
  • 宮紀子『モンゴル時代の「知」の東西』名古屋大学出版会、2018年
  • 元史』巻136列伝23拝住伝
  • 新元史』巻119列伝16拝住伝