バイス (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バイス
Vice
監督 アダム・マッケイ
脚本 アダム・マッケイ
製作 ブラッド・ピット
デデ・ガードナー
ジェレミー・クライナー
ミーガン・エリソン
ケヴィン・メシック
ウィル・フェレル
アダム・マッケイ
製作総指揮 チェルシー・バーナード
ジリアン・ロングネッカー
ロビン・ホーリー
ジェフ・ワックスマン
ナレーター ジェシー・プレモンス
出演者 クリスチャン・ベール
エイミー・アダムス
スティーヴ・カレル
サム・ロックウェル
タイラー・ペリー
アリソン・ピル
ジェシー・プレモンス
音楽 ニコラス・ブリテル
撮影 グリーグ・フレイザー
編集 ハンク・コーウィン
製作会社 プランBエンターテインメント
ゲイリー・サンチェス・プロダクションズ英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 アンナプルナ・ピクチャーズ英語版
日本の旗 ロングライド
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年12月25日
日本の旗 2019年4月5日[1][2]
上映時間 132分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $60,000,000[3]
興行収入 世界の旗 $76,073,488[4]
テンプレートを表示

バイス』(原題:Vice)は、2018年アメリカ合衆国伝記映画コメディドラマ映画。第43代アメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュの下で副大統領を務め、「アメリカ史上最強で最凶の副大統領」と呼ばれたディック・チェイニーを描いている[5]。監督はアダム・マッケイ、主演はクリスチャン・ベールが務めた。

概要[編集]

ディック・チェイニージョージ・W・ブッシュの下で副大統領を務め、心臓の持病を抱えながらも、「史上最強の副大統領」「影の大統領」と評されるほどの影響力を発揮した。チェイニーの影響は今日の国際秩序にも及んでいる。その一方で、チェイニーは「史上最悪の副大統領」と指弾されることもあり、毀誉褒貶が著しい人物であると言える。本作はそんなチェイニーの実像を描き出す一つの試みである。

原題の「VICE」は、単独では「悪」「悪習」「悪徳」などの意味であるが、接頭語として「VICE」を用い、「vice-president(vice president、ヴァイスプレジデント)」とすると「副社長」「副理事長」および「副大統領」の意味となる。

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[6]

製作[編集]

2016年11月22日、パラマウント映画がディック・チェイニーの伝記映画の製作を始めており、アダム・マッケイを監督に起用する方針であると報じられた[7]2017年4月、クリスチャン・ベールがチェイニー役に起用された[8]。ベールは役作りのために体重を40ポンド(約18㎏)増量した[9]。8月22日、ビル・プルマンのキャスト入りが報じられ、本作のタイトルが『Backseat』に決まったとの報道があった[10]。同月31日、サム・ロックウェルとステファニア・ラヴィー・オーウェンの出演が決まったと報じられた[11][12]。同年9月、アダム・バートリーが本作に出演することになった[13]。同月下旬、本作の主要撮影が始まった[14]。同年10月、リリー・レイブとタイラー・ペリーがキャスト入りした[15][16]

公開[編集]

本作は当初、2018年12月14日に全米公開される予定だった[17]。2018年9月、アンナプルナ・ピクチャーズは本作のタイトルを『Backseat』から『Vice』に変更し、2018年12月25日に全米公開すると発表した[18]

2018年10月3日、本作の予告編が公開された[19]

興行収入[編集]

本作は『俺たちホームズ&ワトソン』と同じ週に封切られ、公開初週末に700万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが[20]、その予想は的中した。2018年12月25日、本作は全米2442館で公開され、公開初週末に776万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場6位となった[21]

評価[編集]

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには201件のレビューがあり、批評家支持率は64%、平均点は10点満点で6.7点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『バイス』には焦点が定まっていないきらいがあるが、アダム・マッケイ監督は物事の核心を掴んでいる。また、クリスチャン・ベールの変身ぶりは観客の目を釘付けにするものである」というものである[22]。また、Metacriticには47件のレビューがあり、加重平均値は61/100となっている[23]。なお、本作のシネマスコア英語版はC+となっている[24]

ノミネート・受賞[編集]

発表日 カテゴリ 対象者 結果 出典
デトロイト映画批評家協会賞 2018年12月3日 監督賞 アダム・マッケイ 受賞 [25][26]
主演男優賞 クリスチャン・ベール ノミネート
助演女優賞 エイミー・アダムス ノミネート
脚本賞 アダム・マッケイ 受賞
アンサンブル演技賞 受賞
ニューヨーク映画批評家オンライン賞 2018年12月9日 作品賞トップ10 入選 [27]
ユタ映画批評家協会賞 2018年12月17日 主演男優賞 クリスチャン・ベール 次点 [28]
ネバダ映画批評家協会賞 2018年12月19日 主演男優賞 クリスチャン・ベール 受賞 [29]
ゴールデングローブ賞 2019年1月6日 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門) アダム・マッケイ、ブラッド・ピットデデ・ガードナー、ケヴィン・J・メシック、ジェレミー・クライナーウィル・フェレル ノミネート [30][31]
監督賞 アダム・マッケイ ノミネート
主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門) クリスチャン・ベール 受賞
助演男優賞 サム・ロックウェル ノミネート
助演女優賞 エイミー・アダムス ノミネート
脚本賞 アダム・マッケイ ノミネート

出典[編集]

  1. ^ “クリスチャン・ベールがブッシュ政権下の副大統領演じる「VICE」公開”. 映画ナタリー. (2018年11月29日). https://natalie.mu/eiga/news/309989 2018年12月10日閲覧。 
  2. ^ “クリスチャン・ベールが不敵に笑う、“史上最強の副大統領”演じた「バイス」予告”. 映画ナタリー. (2019年1月8日). https://natalie.mu/eiga/news/314992 2019年1月8日閲覧。 
  3. ^ The Reasons Behind Annapurna’s Tumultuous Week”. 2018年12月1日閲覧。
  4. ^ Vice”. 2019年1月1日閲覧。
  5. ^ “映画『バイス』特報公開 「最強で最凶の副大統領」C・ベールが不敵に笑う”. CINRA.NET. (2019年1月28日). https://www.cinra.net/news/20190128-vice 2019年2月25日閲覧。 
  6. ^ バイス Blu-ray”. 2019年8月6日閲覧。
  7. ^ Adam McKay To Direct Dick Cheney Movie At Paramount”. 2018年12月1日閲覧。
  8. ^ Christian Bale to play Dick Cheney in Adam McKay’s biopic”. 2018年12月1日閲覧。
  9. ^ See Christian Bale’s Incredible Dick Cheney Transformation in First Vice Photo”. 2018年12月1日閲覧。
  10. ^ Bill Pullman Joins Adam McKay’s Dick Cheney Movie As A Veep Himself”. 2018年12月1日閲覧。
  11. ^ Sam Rockwell to Play George W. Bush in Adam McKay's Dick Cheney Biopic (Exclusive)”. 2018年12月1日閲覧。
  12. ^ Dick Cheney Biopic Casts Stefania LaVie Owen; Robert Knepper, Armin Amiri Join ‘1st Born’; Tom Choi In ‘Truth Or Dare’”. 2018年12月1日閲覧。
  13. ^ Adam Bartley Joins Adam McKay’s Dick Cheney Film; Elaine Hendrix Cast In ‘Burying Yasmeen’ Indie”. 2018年12月1日閲覧。
  14. ^ Sam Rockwell in Talks to Play George W. Bush in Adam McKay’s ‘Cheney’”. 2018年12月1日閲覧。
  15. ^ Tyler Perry To Play Colin Powell In Adam McKay’s Dick Cheney Pic”. 2018年12月1日閲覧。
  16. ^ Lily Rabe Will Portray Liz Cheney In Annapurna Feature About Dick Cheney”. 2018年12月1日閲覧。
  17. ^ Annapurna Dates Films By Adam McKay, Babak Anvari & Sundance Acquisition ‘Sorry To Bother You’”. 2018年12月1日閲覧。
  18. ^ Adam McKay’s Dick Cheney Project Gets A Title & Holiday Release Date”. 2018年12月1日閲覧。
  19. ^ Christian Bale Transforms Into Dick Cheney in ‘Vice’ First Trailer (Watch)”. 2018年12月1日閲覧。
  20. ^ 'Aquaman' Ready to Float to Top of Box Office Again” (2018年12月27日). 2019年1月1日閲覧。
  21. ^ December 28-30, 2018”. 2019年1月1日閲覧。
  22. ^ Vice”. 2018年12月29日閲覧。
  23. ^ Vice (2018)”. 2018年12月29日閲覧。
  24. ^ ‘Aquaman’ Unwraps $22M+ On Christmas For $105M+ Cume; ‘Holmes & Watson’ Opens To $6M+; ‘Vice’ $4M+” (2018年12月26日). 2018年12月29日閲覧。
  25. ^ The 2018 Detroit Film Critics Society Awards Nominations”. 2018年12月1日閲覧。
  26. ^ Detroit critics name 'Eighth Grade' year's best film”. 2018年12月4日閲覧。
  27. ^ Roma Dominates New York Film Critics Online”. 2018年12月10日閲覧。
  28. ^ 2018 Utah Film Critics Association Awards Winners”. 2018年12月19日閲覧。
  29. ^ The Nevada Film Critics Society's 2018 Awards for Achievement in Film” (2018年12月19日). 2018年12月19日閲覧。
  30. ^ ゴールデン・グローブ賞、日本勢は2本ノミネーション!『ヴァイス』が最多6部門”. 2018年12月7日閲覧。
  31. ^ ゴールデン・グローブ賞『ボヘミアン・ラプソディ』が作品賞&男優賞の2冠!” (2019年1月7日). 2019年1月7日閲覧。