バイノーラル (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バイノーラル
パール・ジャムスタジオ・アルバム
リリース
録音 1999年9月~2000年1月
at Studio Litho, Seattle, Washington
ジャンル オルタナティヴ・ロック
時間
レーベル Epic
プロデュース Tchad Blake
パール・ジャム
専門評論家によるレビュー
パール・ジャム アルバム 年表
イールド
(1998年)
バイノーラル
(2000年)
ライオット・アクト
(2002年)
テンプレートを表示

バイノーラル』 (原題: Binaural) は、アメリカのロック・バンド、パール・ジャムの6th アルバム。2000年にリリースされ、全米Billboard 200では最高2位(RIAA Gold Disc獲得)、カナダでもGold Discを獲得したアルバムになっている。このアルバム発売後に行われた2,000箇所にも及ぶツアーから『 Pearl Jam Official Bootlegs 』が作られ、海賊盤対策にバンド自ら乗り出した時期でもある。このアルバムではプロデューサーが チャド・ブレイク (Tchad Blake) に変わり、ブレンダン・オブライエンはミキシングのみ担当している。バイノーラル で収録された曲があり、曲目リストで "Binaural" と記されている曲はステレオ・ヘッドホンで聴くとバイノーラル効果を伴ったリアルな音像で聴く事が出来る。

収録曲[編集]

#タイトル作詞作曲時間
1.「Breakerfall」VedderVedder
2.「Gods' Dice」AmentAment
3.「Evacuation」VedderCameron
4.Light YearsVedderGossard, McCready, Vedder
5.Nothing as It SeemsAmentAment
6.「Thin Air」GossardGossard
7.「Insignificance」VedderVedder
8.「Of the Girl」(Binaural)GossardGossard
9.GrievanceVedderVedder
10.「Rival」(Binaural)GossardGossard
11.「Sleight of Hand」(Binaural)VedderAment
12.「Soon Forget」(Binaural)VedderVedder
13.「Parting Ways」VedderVedder


日本盤ボーナスディスク収録曲
#タイトル作詞作曲時間
1.「Footsteps」(live)VedderGossard
2.Better Man(live)VedderVedder
Live tracks recorded at the 1999 Bridge School Benefit.


Recorded at: Studio Litho, Seattle, Washington
Produced by: Tchad Blake & Pearl Jam
Mixed by: Brendan O'Brien

レコーディング・メンバー[編集]

参加ミュージシャン[編集]

  • Mitchell Froom (Keyboards, Harmonium)
  • Dakota (Canine Vocal)
  • April Cameron (Viola)
  • Justine Foy (Cello)
  • Wendy Melvoin (Percussion)
  • Pete Thomas (Percussion)

スタッフ[編集]

  • Liz Burns (Assistance with NASA Photos)
  • R. Sahai, J. Trauger, WFPC2 Science Team, NASA (Front Cover)
  • K.P. Handron, R. O'Dell, NASA (Inside Cover)
  • J. Hester, P. Scowen, NASA (Booklet Cover)