バウンサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

バウンサー』 (The Bouncer) は、2000年12月23日に発売されたPlayStation 2用のテレビゲーム。株式会社スクウェア(現株式会社スクウェア・エニックス)とドリームファクトリーによる、シネマティックなアクションロールプレイングゲーム。世界累計販売本数は99万本[1]

ハード性能を活かしたリアルな映像や、音声・字幕のバイリンガル性など、映画を意識したスタイルが特徴的。ゲーム内操作方法は3D格闘ゲームのものと類似しており、最大4人による対戦プレイも可能。ACS(アクティブ・キャラクタ・システム)と呼ばれるマルチ・シナリオシステムを搭載。従来のRPGと同様、キャラクタのステータスはゲーム進捗にしたがって成長する。

内容[編集]

超巨大国企業「ミカド・グループ」。その本社ビルを望むドッグストリートの酒場「FATE」付きのバウンサー(用心棒)のシオン・バルザード(Sion Barzahd)は、ある日ストリートで行き倒れている少女ドミニク・クロス(Dominique Cross)を匿う。

ドミニクがFATEにも馴染んだ頃。ミカド・グループによる、衛星からのエネルギー転送システムが公表される。時を同じくして同社の特殊工作部隊がFATEを強襲、ドミニクが拉致されてしまう。

ドミニクを奪還すべくFATEをあとにしたシオン含む3人のバウンサーたちは、それぞれの過去や運命と対峙しながら、クロス兄妹の因縁深い半生、ミカド・グループの真の目的を目の当たりにする。

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 時田貴司(ディレクター)
  • 野村哲也(キャラクター・デザイナー)
  • 直良有祐(美術監修)
  • 松枝賀子(ミュージック・コンポーザー)
  • 江口貴勅(ミュージック・コンポーザー)
  • 神谷智洋(Asst.Sound Editors)
  • 野田麗子(日本語版エンディング・テーマ『Forevermore 〜終わらないもの〜』 ボーカル)
  • Shanice(英語版エンディング・テーマ『Love is the Gift』 ボーカル)

出典[編集]