バウンティフルへの旅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バウンティフルへの旅
The Trip to Bountiful
監督 ピーター・マスターソン
脚本 ホートン・フート
原作 ホートン・フート
製作 スターリング・ヴァン・ワーゲネン
ホートン・フート
製作総指揮 サム・グロッグ
ジョージ・ヤネッフ
出演者 ジェラルディン・ペイジ
レベッカ・デモーネイ
音楽 J・A・C・レッドフォード
撮影 フレッド・マーフィ
編集 ジェイ・フロインド
製作会社 フィルム・ダラス
バウンティフル・フィルム・パートナーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 アイランド・ピクチャーズ
日本の旗 ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1985年12月20日
日本の旗 1987年4月17日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $7,491,903[1]
テンプレートを表示

バウンティフルへの旅』(バウンティフルへのたび、The Trip to Bountiful)は、1985年アメリカ合衆国のドラマ映画。 監督はピーター・マスターソン、出演はジェラルディン・ペイジレベッカ・デモーネイなど。 ホートン・フート脚本の1953年のテレビドラマ『The Trip to Bountiful』(リリアン・ギッシュ主演、後にほぼ同じメインキャストでブロードウェイで舞台化)をフート自らの脚色で映画化した作品。

ジェラルディン・ペイジ第58回アカデミー賞においてアカデミー主演女優賞を受賞するなど、様々な賞を受賞した。

ストーリー[編集]

この映画は、第二次世界大戦後の1940年代の物語で、テキサス湾近くのバウンティフルという小さな田舎の農業を中心とした田舎町である彼女の家に戻りたがっているキャリー・ワッツ(ページ)という老婆の物語である。彼女の育った町は、ヒューストンとコーパスクリスティの間あたり、今はヒューストンに息子夫婦と一緒に暮らしている。彼女はバウンティフルにに帰ろうとしては、義理の娘と過保護な息子によってヒューストンに引き戻されている。息子夫婦は、不況のためその田舎町がずっと以前に消滅してしまったことを知っている。老婆は、自分の年金を息子夫婦がこっそり横取りして使っていて、それを失いたくないので、自分をこの家に足止めしようとしているんだと、邪推している。 農村部の住民の長期的な減少は、戦争で働ける男たちが兵隊に取られていってしまったことと、大都市の軍需産業で労働者の需要が高まったことなどが原因になっている。 しかし、それは思い込みの強い老婆には理解できることではない。

老ワッツは、息子と嫁を出し抜いて、なんとか駅までたどり着いて、列車に乗ろうとするのだが、列車はもはやバウンティフルには止まらないという。彼女にはそれが理解できず、結局、バウンティフルの近くの彼女が子ども時代を過ごした町までバスで行くことになる。バス旅で、彼女は一人で旅行する若い女性(デモーネイ)と道連れになり、彼女の若い頃を思い出し、もう親族が皆失くなってしまったことを嘆く。その間に、息子夫婦は、地元の警察の助けを借りて、老母の行方を追いかける。やっとのことで、息子夫婦と保安官は、老ワッツに追いつくが、ワッツの決心は固く、なにがなんでもバウンティフルまで行くのだという。地元の保安官は、彼女の少女時代の家を訪れたいという彼女の願いに心を動かされ、バウンティフルだった場所まで来るまで連れて行こうと申し出る。町は人里離れており、わずか残っていくつかの建物は無残に放置されている。ワッツは、町の最後の居住者、および彼女が近所に住みたいと思っていた女性が最近亡くなったことを知る。彼女は父親の住んでいた土地、そこにのこされた廃屋を見て、彼女は涙を流す。バウンティフルの現状の現実を受け入れ、死ぬ前にそこに戻るという目標を成し遂げた彼女は、息子夫婦がヒューストンに連れて帰る準備をしているのを見る。バウンティフルで彼らの共通の歴史に直面して、3人はより平和に一緒に暮らすことを約束し、彼らはヒューストンへ向けて車を出すのだった。

キャスト[編集]

  • キャリー・ワッツ - ジェラルディン・ペイジ
  • ルディ・ワッツ - ジョン・ハード: キャリーの息子。
  • ジェシー・メイ - カーリン・グリン: ルディの妻。何かとキャリーに対して厳しく当たる。
  • 保安官 - リチャード・ブラッドフォード
  • セルマ - レベッカ・デモーネイ: キャリーが旅の途中で出会った心優しい女性。

映画賞受賞・ノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
アカデミー賞 主演女優賞 ジェラルディン・ペイジ 受賞
脚色賞 ホートン・フート ノミネート
ボストン映画批評家協会賞 主演女優賞 ジェラルディン・ペイジ 受賞
ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門) ジェラルディン・ペイジ ノミネート
インディペンデント・スピリット賞 作品賞 ノミネート
監督賞 ピーター・マスターソン
脚本賞 ホートン・フート 受賞
主演女優賞 ジェラルディン・ペイジ
毎日映画コンクール 外国映画ベストワン賞 受賞
全米脚本家組合賞 最優秀脚色賞 ホートン・フート ノミネート

出典[編集]

  1. ^ The Trip to Bountiful” (英語). Box Office Mojo. 2020年1月31日閲覧。