バカリズムマン対怪人ボーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

バカリズムマン対怪人ボーズ』(ばかりずむまんたいかいじんぼうず)は、テレビ東京Eネ!』内で放送された特撮テレビドラマ

概要[編集]

1970年代のヒーロー番組を意識して作られた作品。雰囲気を再現するため、意図的に4:3の画面比率のざらついた画質で撮影されている。わずか5分足らずの番組だが、石ノ森章太郎の画風を真似たアイキャッチ画も挿入される。次回予告と翌週のストーリー、また冒頭のストーリーと主題歌明けのストーリー本編はいずれも全くつながりがない。そのことを知らないニュースサイトが、次回予告の内容をそのままニュースとして報じてしまったことがある。[1]

ストーリー[編集]

果実超人バカリズムマンとピーマンの化身、怪人ボーズとの戦いを描く物語。

放送リスト[編集]

回数 放送日 サブタイトル
1 2009年4月12日 残虐ピーマン!イチゴ殲滅のプロローグ
2 2009年4月19日 恐怖のピーマン!太陽をさえぎる地獄の電磁波
3 2009年4月26日 ピーマンの魔の手が迫る!緊急オペ現場で大暴れ
4 2009年5月3日 地獄の旋律!ピーマン組曲に人間が操られる
5 2009年5月10日 危うしイチゴ戦士!非道のピーマンが急所を突く
6 2009年5月17日 決死の替え玉作戦!死神ピーマンが三途の川に招く!
7 2009年5月24日 大地の罠!冷血ピーマンが墓場で待つ
8 2009年5月31日 冷酷ピーマンの融資!地獄支店 営業の毒牙
9 2009年6月7日 怪奇!不死身のピーマンは三度蘇る
10 2009年6月14日 死の接吻!ピーマンのカクテルは鮮血の味
11 2009年6月21日 狙われた美女!ピーマン地獄への片道切符
12 未放映
特別編 2009年6月28日 2人だけの反省会

登場人物[編集]

バカリズムマン/マスノ:升野英知
1個1000円のイチゴを食べることで変身する人造人間。パワー源は体内の「イチゴニック細胞」の増幅による。通常のイチゴでも複数食す事で変身可能だが、その場合は若干パワーが落ちる。得意楽器はトランペットで、戦いの前にはこれを吹きながら現れる。
怪人ボーズ:BOSE
世界征服を目論むピーマンの化身。自らのポテンシャルを上げる、「ボーズ空間」を作り出す能力を持つ。毎回バカリズムマンの必殺技を受けて爆発四散するが、次の回では何事も無かったかのごとく登場する。
ナレーション:岡部政明
女性:山崎みどり

スタッフ[編集]

  • 監督:住田崇
  • 脚本:酒井健作
  • キャラクターデザイン:ニイルセン、酒井健作
  • 音楽:TUCKER、奥村愛子
  • プロデューサー:塩原幸雄、日比野壇、脇聖人、小林伸也、加藤信行
  • 製作著作:バカリズムマン対怪人ポーズ製作委員会、テレビ東京