バシケーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バシケーン
Bashi Ken10.jpg
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2005年3月29日(13歳)
登録日 2007年8月16日
抹消日 2012年11月23日
シルクジャスティス
リンダトリアーノ
母の父 ロドリゴデトリアーノ
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 上井農場
馬主 石橋英郎
調教師 高橋義博(美浦
競走成績
生涯成績 28戦3勝(障害競走
8戦0勝(平地競走
獲得賞金 1億4294万3000円
テンプレートを表示

バシケーン日本競走馬2010年中山大障害優勝馬。馬名の由来は馬主名+人名。

戦歴[編集]

第133回中山大障害・バシケーン(右から3頭目)

平地競走では8戦すべて単勝オッズ100倍を超える二桁人気。結果も全戦勝ち馬から2秒以上離される二桁着順、そのうち最下位が4回という散々な内容を見せ、3歳春早々に平地に見切りをつけ障害競走へと転向となる。

入障後11戦目にしてようやく初勝利をあげたバシケーンはその後、障害オープン1勝を勝ち鞍に加え2010年12月中山大障害へと駒を進める。

レースの関心は同レース5年連続連対中のメルシーエイタイムや2010年春の中山グランドジャンプ3着のトーワベガに集まり[1][2]、障害のキャリアだけなら出走馬中2番目となる22戦を経験も勝ち鞍は2勝、重賞での入着実績無しのバシケーンへの評価は単勝10番人気と芳しいものではなかった。

管理する高橋義博調教師も出走にあたり「63キロを背負ってのGIは甘くない」[1]と控えめな発言をするも、その一方で障害入り後も敗戦を重ねたバシケーンを「使いながら何かを得、その度に強くなる馬」と評し[3]レースに出走させ続け、「力をつけた今、密かな楽しみはある」[1]とその成長ぶりに期待も寄せていた。レースが始まると「折り合いだけには気をつけた」という蓑島騎手を背にバシケーンは後方待機を続け最終障害を飛越後、一気に先行馬を競り落とし優勝、重賞初制覇をJ・GIで飾り、高橋義博調教師に開業12年目での重賞初勝利をもたらした他、シルクジャスティス産駒初のJRA重賞勝ちと初物づくしの勝ち星となった。また2010年のJRA賞最優秀障害馬に選出された。

2011年は春麗ジャンプステークスから始動、中団から追い込むもランヘランバの3着に敗れた。その後は中山グランドジャンプを目標にしていたが、左前浅屈腱炎を発症し長期休養を余儀なくされる[4]

2012年3月10日阪神スプリングジャンプで1年1カ月ぶりに戦線復帰したが6着。続く中山グランドジャンプは中団追走も失速し12着に終わった。6月30日の福島ジャンプステークスは後方から追い込み4着。10月14日の東京ハイジャンプで10着に敗れたのを最後に現役を引退、11月23日に競走馬登録を抹消された。引退後は福島県の鎌田牧場で乗馬となるとされていたが[5]、結局同じ福島県の相馬中村神社に繋養されることになり、同神社で相馬野馬追に出場する神馬を務めている[6][7]。2018年より引退名馬繋養展示事業の助成対象馬となった。2018年7月にナインスターステーブルに移っている。

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F
平均1F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2007 9. 30 中山 新馬 11 169.8 (11人) 10着 吉田隼人 54 芝1600m(重) 1:41.7 (39.5) 4.1 ダークエンジェル
10. 21 東京 未勝利 12 218.1 (10人) 12着 大庭和弥 55 芝1600m(良) 1:39.1 (36.8) 2.7 ナムラノブナガ
11. 3 東京 未勝利 16 229.2 (14人) 16着 大庭和弥 55 ダ1600m(良) 1:44.4 (42.1) 3.3 ベストロケーション
11. 18 東京 未勝利 12 300.0 (10人) 10着 大庭和弥 55 ダ1300m(良) 1:23.7 (39.6) 3.5 トーセンステルス
12. 16 中山 未勝利 16 194.6 (10人) 13着 大庭和弥 55 ダ1200m(良) 1:16.3 (40.7) 3.4 クレムリンエッグ
2008 2. 9 小倉 未勝利 14 217.7 (13人) 14着 嘉藤貴行 56 ダ1000m(稍) 1:02.1 (37.7) 2.3 コウエイアンズ
3. 9 中山 未勝利 14 263.1 (13人) 11着 大庭和弥 58 ダ1200m(良) 1:16.3 (39.7) 2.5 プライドオブキング
3. 30 中山 未勝利 16 266.0 (12人) 16着 大庭和弥 56 ダ1200m(良) 1:16.0 (40.0) 4.2 ファイナルスコアー
6. 29 福島 障害未勝利 14 138.2 (14人) 8着 蓑島靖典 58 障2750m(良) 3:06.2 (13.5) 5.1 ホットビスティー
8. 3 新潟 障害未勝利 14 79.2 (12人) 10着 蓑島靖典 58 障2850m(良) 3:09.7 (13.3) 4.0 メテオバースト
8. 30 新潟 障害未勝利 14 48.9 (9人) 4着 大庭和弥 58 障2850m(稍) 3:07.7 (13.2) 0.1 トーセンセレニティ
9. 20 中山 障害未勝利 9 7.3 (3人) 中止 宗像徹 58 障2880m(良) ジュラナスリング
12. 20 中山 障害未勝利 14 63.0 (12人) 6着 蓑島靖典 58 障2880m(良) 3:18.7 (13.8) 3.1 グリューエント
2009 1. 5 中山 中山新春JS OP 13 104.5 (13人) 8着 山本康志 59 障3200m(良) 3:40.7 (13.8) 3.1 シュフルール
2. 7 東京 春麗JS OP 14 82.3 (11人) 11着 山本康志 59 障3300m(良) 3:46.1 (13.7) 6.3 コウヨウウェーブ
2. 21 東京 障害未勝利 14 47.2 (9人) 2着 蓑島靖典 59 障3000m(稍) 3:21.0 (13.4) 0.3 ドクターグリム
3. 15 中山 障害未勝利 14 4.7 (2人) 3着 蓑島靖典 59 障2880m(重) 3:18.7 (13.8) 1.6 エステヴァン
4. 11 中山 障害未勝利 14 3.4 (1人) 2着 蓑島靖典 59 障2880m(良) 3:12.8 (13.4) 0.2 アラメダキング
5. 9 東京 障害未勝利 13 2.3 (1人) 1着 蓑島靖典 59 障3000m(稍) 3:24.0 (13.6) -0.7 (トレオウオブキング)
11. 21 東京 秋陽JS OP 14 29.9 (7人) 2着 蓑島靖典 59 障3300m(良) 3:40.4 (13.4) 0.4 ゴールデンシャイン
12. 5 中山 イルミネーションJS OP 16 15.2 (6人) 6着 蓑島靖典 60 障3300m(稍) 4:00.5 (13.5) 0.9 ムーンレスナイト
2010 1. 9 中山 中山新春JS OP 14 12.9 (5人) 3着 蓑島靖典 60 障3200m(良) 3:35.2 (13.5) 1.1 フォルテベリーニ
1. 31 京都 障害OP OP 14 13.1 (6人) 3着 蓑島靖典 60 障3190m(良) 3:33.9 (13.4) 0.1 トロピカルクイーン
2. 28 阪神 障害OP OP 14 3.5 (2人) 4着 蓑島靖典 60 障3110m(稍) 3:31.4 (13.6) 1.1 タマモサプライズ
3. 27 中山 ペガサスJS OP 13 8.5 (5人) 1着 蓑島靖典 60 障3350m(稍) 3:44.6 (13.4) -0.3 (ドールリヴィエール)
4. 17 中山 中山GJ JGI 14 18.2 (6人) 9着 蓑島靖典 63.5 障4250m(不) 5:04.9 (14.3) 1.4 メルシーモンサン
6. 12 東京 東京JS JGIII 14 11.4 (6人) 12着 蓑島靖典 60 障3300m(良) 3:40.6 (13.4) 3.0 ギルティストライク
9. 26 中山 障害OP OP 14 19.7 (7人) 4着 蓑島靖典 61 障3210m(稍) 3:36.7 (13.5) 1.0 タマモグレアー
10. 16 東京 東京HJ JGII 14 63.7 (13人) 10着 蓑島靖典 60 障3300m(良) 3:40.6 (13.4) 1.5 イコールパートナー
11. 20 東京 秋陽JS OP 14 15.8 (5人) 2着 蓑島靖典 60 障3300m(良) 3:38.9 (13.3) 0.2 ビコーフェザー
12. 25 中山 中山大障害 JGI 12 56.8 (10人) 1着 蓑島靖典 63 障4100m(良) 4:46.1 (14.0) 0.0 (タマモグレアー)
2011 2. 5 東京 春麗JS OP 14 6.7 (2人) 3着 蓑島靖典 63 障3300m(良) 3:39.0 (13.3) 1.0 ランヘランバ
2012 3. 10 阪神 阪神SJ JGII 11 21.2 (5人) 6着 蓑島靖典 62 障3900m(良) 4:29.3 (13.8) 4.9 バアゼルリバー
4. 14 中山 中山GJ JGI 13 16.1 (5人) 12着 五十嵐雄祐 63 障4250m(不) 5:11.2 (14.6) 8.3 マジェスティバイオ
6. 30 福島 福島JS OP 14 58.5 (10人) 4着 蓑島靖典 65 障3380m(良) 3:47.6 (13.5) 1.9 ロックバルーン
10. 14 東京 東京HJ JGII 14 76.9 (12人) 10着 蓑島靖典 62 障3110m(良) 3:29.8 (13.5) 2.7 デンコウオクトパス

血統表[編集]

バシケーン血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ロベルト系

シルクジャスティス
1994 栗毛
父の父
*ブライアンズタイム
Brian's Time
1985 黒鹿毛
Roberto Hail to Reason
Bramalea
Kelley's Day Graustark
Golden Trail
父の母
ユーワメルド
1983 鹿毛
*サティンゴ Petingo
Saquebute
ピーチガール *セダン
メリーブラット

リンダトリアーノ
1998 栗毛
*ロドリゴデトリアーノ
Rodrigo de Triano
1989 栗毛
El Gran Senor Northern Dancer
Sex Appeal
Hot Princess *ホットスパーク
Aspara
母の母
ミスコンテスト
1990 黒鹿毛
*リアルシャダイ Roberto
Desert Vixen
*コンカロ Caro
Confess
母系(F-No.) (FN:23-b) [§ 2]
5代内の近親交配 Roberto 3×4 [§ 3]
出典
  1. ^ [8]
  2. ^ [8]
  3. ^ [8]


脚注[編集]

  1. ^ a b c 2010年12月25日競馬エイトレース展望
  2. ^ 2010年12月25日競馬ブックレース見解
  3. ^ ラジオNIKKEI・中山グランドジャンプレース前コメント
  4. ^ バシケーンが左前脚故障
  5. ^ バシケーン号が競走馬登録抹消 JRA公式サイト 2012年11月23日
  6. ^ 相馬中村神社で第2の馬生を歩み始めたバシケーン/美浦トレセンニュース - netkeiba.com・2013年2月7日
  7. ^ 相馬野馬追で会った元競走馬たち - netkeiba.com・2013年8月3日
  8. ^ a b c 血統情報:5代血統表|バシケーン”. JBISサーチ. 一般社団法人日本軽種馬協会. 2018年11月3日閲覧。