バスコン語基層説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
提唱されているバスコン語族の分布

バスコン語基層説(Vasconic substratum theory)は西ヨーロッパの言語のいくらかにはバスコン語族バスク語のみが現存)が基層言語として残存しているという仮説である。ドイツ人言語学者en:Theo Vennemannによって提唱されているが、他の言語学者には受け入れられていない。Vennemannによると、バスコン語族はインド・ヨーロッパ語族に置き換えられる以前にはヨーロッパ大陸に広がっていた。それらの言語の名残が中ヨーロッパと西ヨーロッパの地名に残存しているとしている。

参考[編集]

  • Alfred Bammesberger, Theo Vennemann: Languages in prehistoric Europe. Winter, Heidelberg 2003, 319-332. ISBN 3-8253-1449-9
  • Theo Vennemann; Europa Vasconica - Europa Semitica, Berlin 2003.

関連項目[編集]