バスタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Baztan

Escudo de Baztán (con casco).svg

Elizondo Euskal Herria.JPG
Bandera de Navarra.svg ナバーラ州
Bandera de Navarra.svg ナバーラ県
コマルカ バスタン
面積 373.55 km²
人口 7,736 人 (2016年)
人口密度 20.71 人/km²
Baztanの位置(スペイン内)
Baztan
Baztan
スペイン内バスタンの位置
Baztanの位置(ナバーラ州内)
Baztan
Baztan
ナバーラ県内バスタンの位置

北緯43度09分46秒 西経01度29分37秒 / 北緯43.16278度 西経1.49361度 / 43.16278; -1.49361座標: 北緯43度09分46秒 西経01度29分37秒 / 北緯43.16278度 西経1.49361度 / 43.16278; -1.49361

バスタン(Baztan)は、スペインナバーラ州ムニシピオ(基礎自治体)。ナバーラ州は3つの言語圏を設定しており、バスタンはスペイン語とともにバスク語も公用語に指定されている「バスク語圏」に含まれている。ナバーラ州の州都パンプローナの北58キロメートルにある。

地理[編集]

バスタンの面積は376.8平方キロメートルであり、ナバーラ州でもっとも面積の大きな自治体である。自治体域の大半は共有地であり[1]、ヒツジやウマなどの放牧地として使用されている。バスタン渓谷はフランス領バスクラプルディバス=ナヴァールに接しており、バスタン渓谷の東側ではイスペギ峠によって、北側ではダンチャリネア峠によって通行できる。2017年の人口は7,736人であり、約半数が中心地区のエリソンド地区に住んでいる。バスタン、スガラムルディウルダスビ英語版の3自治体でバスタン郡英語版を構成している。

バスタン渓谷ではバスタン川の河岸にある牧草地を利用した小規模な牧畜がおこなわれている。また、リンゴマルメロサクランボナシモモなどの果樹栽培も一般的であり、近年ではキウイも栽培されている。山の斜面にはオーククリクルミトネリコなどが生えている。大邸宅の敷地内には奇妙なヤシの木が植えられていることがあるが、これは16世紀以降に多くのバスタン人がアメリカ大陸に移住したことに由来するとされている。

地区[編集]

バスタンの自治体域は15の地区(集落)に分かれており、自治体庁舎があるのはエリソンド(en)地区である。

  • エリソンド(en)
  • アマユール=マジャ
  • アニス
  • アライオス
  • アルマンドス
  • アイスクン
  • アスピリクエタ
  • ベロエタ
  • エルベテア
  • ガルサイン
  • イルリタ
  • レカロス
  • エラツ
  • オロノス=ムガイリ
  • シガ

人口[編集]

バスタンの人口推移 1900-2017
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[2]、1996年 - [3]

政治[編集]

首長一覧(1979-)
任期 首長名 政党
1979–1983 Francisco Javier Elizalde バスク連帯英語版(EA)
1983–1987 Francisco Javier Elizalde バスク連帯英語版(EA)
1987–1991 Patxi Oyarzabal Irigoyen バスク連帯英語版(EA)
1991–1995 Patxi Oyarzabal Irigoyen バスク連帯英語版(EA)
1995–1999 Patxi Oyarzabal Irigoyen バスク連帯英語版(EA)
1999–2003 Patxi Oyarzabal Irigoyen バスク連帯英語版(EA)
2003–2007 Virginia Alemán Arraztio バスク連帯英語版(EA)
2007–2011 Virginia Alemán Arraztio ナファロア・バイ(Na-Bai)
2011–2015 Garbiñe Elizegi Narbarte ビルドゥ
2015– Joseba Otondo EHビルドゥ

文化[編集]

バスタンの文化は本質的にバスク文化であり、家庭ではいまだに主としてバスク語が離される。スペイン語で教える学校に入学することも可能だが、バスタンの子どもたちの大半はイカストラと呼ばれるバスク語教育の学校で学んでいる。多くのイカストラでスペイン語は第二言語として教えられ、スペイン語よりも英語による授業のほうが多いこともある。バスタン渓谷には高等教育機関がないため、多くの若者はナバーラ州の州都パンプローナやギプスコア県の県都サン・セバスティアンなどの都市部の大学に進学するが、若者のバスタン渓谷との結びつきは強く、多くの若者が後年にはバスタン渓谷にUターンする。2001年の人口は7,501人だったが、2017年の人口は16年前より200人以上多い7,736人だった。

2012年、イニャキ・エリサルデバスク語版は、アイスクン地区近くのボサテ集落に住んでいた被差別民のカゴ(バスク語ではアゴテ)映画『Baztan』を製作し、この作品はサン・セバスティアン国際映画祭で上映された[4]。 2013年、ハードボイルド作家のドロレス・レドンドは『バサジャウンの影』を刊行した。この作品は「バスタン渓谷三部作」の第1作であり、20言語以上に翻訳された[5]

出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Salazar Documents edited by Gustav Henningson, p. 33
  2. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  3. ^ Cifras oficiales de población resultantes de la revisión del Padrón municipal a 1 de enero.
  4. ^ Bastan 映画『Bastan』公式サイト
  5. ^ The Invisible Guardian, Dolores Redondo, 2013
  • 公式サイト (バスク語)(スペイン語)
  • ウィキメディア・コモンズには、バスタンに関するカテゴリがあります。