バスラオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
バスラオ
全国
ドレディア - バスラオ(#550) - メグロコ
イッシュ
ドレディア - バスラオ(#056) - メグロコ
基礎データ
英語名 Basculin
進化体系 たねポケモン
進化前 なし
進化後 なし
世代 第5世代
ポケモン学
分類 らんぼうポケモン
タイプ みず
高さ 1.0m
重さ 18.0kg
特性 すてみ / てきおうりょく
(あかすじのすがた)
いしあたま / てきおうりょく
(あおすじのすがた)
かくれ特性 かたやぶり
テンプレートを表示

バスラオは、ポケットモンスターシリーズに登場する654種のポケモン(架空の生物)のうちの一種である。

目次

特徴

緑色の体色と大きく張った下顎が特徴の、魚のようなポケモン。「あかすじのすがた」「あおすじのすがた」の2種類の姿が存在し、(以下の説明では節で最初に登場したとき以外は「あかすじ」「あおすじ」と略記する)赤筋のバスラオは目が丸くヒレはギザギザしているが、青筋のバスラオは切れ目でヒレはしなやかである。

とても乱暴なポケモンで、特に異なる色のバスラオ同士は仲が悪く、すぐに喧嘩を始めてしまうほど。同じ色の個体で群れを形成する習性があるが、仲が悪いはずの違う体色のバスラオが群れの中に紛れ込むことがある。

ゲームでのバスラオ

つりびとが使用するポケモンの1匹。海以外の水上をなみのりで移動していると遭遇し、ブラックでは赤筋が入った「あかすじのすがた」が、ホワイトでは青筋の入る「あおすじのすがた」のバスラオが出現しやすい。もう片方は移動だけでは遭遇できないが、水面に浮かんだシンボルに重なると出現する。捕獲率が低めである。ブラックではあかすじ、ホワイトではあおすじのポケモンをゲーム内でチラーミィと交換できる。

進化しないため最終進化のポケモンと比べると能力は見劣りするが、レベルアップで強力なみずタイプの技を多く覚える。また「いのちがけ」を覚える。ブラック・ホワイトからの新技「みずびたし」は相手をみずタイプにするという変わった効果をもつ。

特性は「すてみ」と「てきおうりょく」の2種類。ただし、ホワイトで交換で手に入れたあおすじの個体のみ「いしあたま」の特性を持っている。

アニメでのバスラオ

ベストウイッシュ』37話で釣り大会の対象ポケモンとして野生個体が登場。あかすじとあおすじの両方が登場し、あおすじの方はデントが一時的にゲットした。

また、『ピカチュウのサマー・ブリッジストーリー』であかすじのバスラオが登場。川を渡って森へ向かおうとするピカチュウたちを襲う。また、「らんぼうポケモン」という分類からナレーターの通訳では荒っぽい性格や口調になっている。攻撃力は高いがヤナップコロモリの技にあっさりとやられるなど、防御力は逆に低い。使用技は「アクアジェット」「かみくだく」「すてみタックル」。声優は三宅健太


ポケモンカードでのバスラオ

ポケモンカードゲームBW「はじめてセット」で登場。ゲーム同様「かみくだく」を使う。因みに赤筋のものが描かれている。

関連項目