バスルームから愛をこめて (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
バスルームから愛をこめて
山下久美子シングル
初出アルバム『バスルームから愛をこめて
B面 Follow You
リリース
規格 EPレコード
ジャンル ニューミュージック
シティ・ポップ
レーベル BLOW UP/日本コロムビア
作詞・作曲 康珍化(作詞)
亀井登志夫(作曲)
山下久美子 シングル 年表
バスルームから愛をこめて
1980年
ワンダフルcha-cha
(1980年)
テンプレートを表示

バスルームから愛をこめて」(バスルームからあいをこめて)は、1980年6月25日にアルバム『バスルームから愛をこめて』と同時に、日本コロムビアからリリースされた山下久美子の1枚目のシングル。

概要[編集]

山下久美子のデビューシングルで、アルバム『バスルームから愛をこめて』と同時発売された[1]

エピソード[編集]

新曲をリリースするにあたり、渡辺プロダクションでは毎週金曜の午後に「企画会議」という名の新曲検討会が行われており、当時の社長である渡邊晋が会議に参加し、「バスルームから愛をこめて」を聴かせたところ「メロディがよくない」「こういう60年代ポップスの世界なら宮川泰に頼めばいいのに」と言われた後、宮川に電話で事情を話し、木崎賢治福岡智彦の二人で、直接宮川に「バスルームから愛をこめて」を聴いてもらったところ、即座に「問題ないよ」と言ったという[2]。その後、渡邊に再びミックスダウンをした「バスルームから愛をこめて」のテープ聴かせたところ「よくなったじゃないか」と発言したという[2]

収録曲[編集]

EPレコード[3]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.バスルームから愛をこめて康珍化亀井登志夫松任谷正隆
2.Follow You野原理香鈴木茂鈴木茂
合計時間:

カバー[編集]

曲名 アーティスト 収録作品 発売日 備考
バスルームから愛をこめて 桃井かおり アルバム『モダンダード』[4] 1994年6月21日
大黒摩季とフレンズ アルバム『COPY BAND GENERATION VOL.1[5][6] 2004年3月17日
村上ゆき アルバム『Piano Woman〜友だちから〜』 2014年12月3日

脚注[編集]

注釈[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 山下久美子* - バスルームから愛をこめて”. Discogs. 2020年11月3日閲覧。
  2. ^ a b 山下久美子デビュー!シングル「バスルームから愛をこめて」ができるまで”. Re:minder (2017年2月11日). 2020年5月5日閲覧。
  3. ^ 山下久美子* - バスルームから愛をこめて (1980, Vinyl)”. Discogs. 2020年11月3日閲覧。
  4. ^ 桃井かおり / モダンダード”. CDジャーナル. 2020年11月10日閲覧。
  5. ^ COPY BAND GENERATION VOL.1”. 大黒摩季 公式 WEB SITE. 2020年11月10日閲覧。
  6. ^ 大黒摩季とフレンズ / コピーバンドジェネレーション VOL.1”. CDジャーナル. 2020年11月10日閲覧。