バタン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バタン島
Batanes Hills.png
バタン島の丘陵地、写真左奥はマタラム山
Ph locator batanes batan.png
地理
場所 ルソン海峡
座標 北緯20度25分 東経121度57分 / 北緯20.417度 東経121.950度 / 20.417; 121.950座標: 北緯20度25分 東経121度57分 / 北緯20.417度 東経121.950度 / 20.417; 121.950
諸島 バタン諸島
面積 95.18 km2 (36.75 sq mi)[1]
長さ 20 km (12 mi)[2]
6.5 km (4.04 mi)(最大)
最高標高 1,009 m (3,310 ft)[2]
最高峰 イラヤ山英語版
地方 カガヤン・バレー地方
バタネス州
人口統計
人口 11,979(2010年5月1日[1]年時点)
人口密度 125.85 /km2 (325.95 /sq mi)
民族 イヴァタン人英語版

バタン島(英語: Batan island)はフィリピンルソン島北部にあるバタン諸島の主要3島の1つ。諸島内では2番目に大きい。

バタネス州に属し、20km程度の大きさの島であるが、6つの自治体のうち州都バスコを含むイバナ英語版マハタオ英語版オユガン英語版の4つの自治体が存在している。

地理[編集]

バタン島はダンベル型の火山島であり、ルソン火山弧英語版に属している。島の北部には標高1009mの活火山イラヤ山英語版が存在しており、この火山の最後の噴火は1454年とされている[2]。 南部には休火山で標高405mのマタラム山(Mt.Matarem)が存在する[3][4]。島の狭部は丘陵となっており、おおよそ4.5kmの長さで幅は1.9-2.5km程度であり、2つの火山を繋いでいる。島はマタラム山近郊で最も幅が広く6.5km程度の広さがある。

バタン島に最も近いサブタン島は島の南端から南西に4.5kmの沖にある。バタン諸島最大のイトバヤット島はバタン島中心から北西に42kmほどの位置に存在する。

歴史[編集]

第2次世界大戦の日本軍のフィリピン侵攻はこの島から始まった。1941年12月8日、日本軍はルソン島北岸から190km沖にあるバタン島へ上陸した。これは真珠湾攻撃と同時に行われており、日本軍によるアメリカ領への初の上陸であった。

2008年6月1日の世界標準時1時57分23秒69に、マグニチュード6.3の地震がバタン諸島の沖(北緯20度07分26秒 東経121度21分00秒 / 北緯20.1240度 東経121.3500度 / 20.1240; 121.3500)、深さ約31kmの場所で発生した[5]。損害や死傷者は無かった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Province: Batanes”. PSGC Interactive. 2013年4月11日閲覧。
  2. ^ a b c Iraya”. 世界火山活動番付英語版. 2013年4月11日閲覧。
  3. ^ Inactive Volcanoes Part 5”. フィリピン火山地震研究所英語版. 2013年4月11日閲覧。
  4. ^ Mount Mataram”. Google Maps. 2013年4月11日閲覧。
  5. ^ ANSS (Advanced National Seismic System) composite earthquake catalog