バチュル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
バチュル
全国
ママンボウ - バチュル(#595) - デンチュラ
イッシュ
ママンボウ - バチュル(#101) - デンチュラ
基礎データ
英語名 Joltik
進化体系 たねポケモン
進化前 なし
進化後 デンチュラ
世代 第5世代
ポケモン学
分類 くっつきポケモン
タイプ むし / でんき
高さ 0.1m
重さ 0.6kg
特性 ふくがん / きんちょうかん
かくれ特性 むしのしらせ
テンプレートを表示

バチュルは、ポケットモンスターシリーズに登場する654種のポケモン(架空の生物)のうちの一種である。

目次

特徴

ダニのような体に黄色の体毛が生えている。黄色い体に青い目を備える。高さはわずか10㎝と全ポケモンの中でも最も小さい。

自分よりも身体の大きなポケモンに取り付き、そのポケモンの静電気を吸い取って自身の蓄電袋に電気を溜め込む。街中に潜むバチュルは、民家のコンセントから電気を吸い取る手段を覚えているとされる。

ゲームでのバチュル

ブラック・ホワイト』から登場。電気石の洞穴に高頻度で出現する。レベル36でデンチュラに進化する。

むし・でんきという組み合わせでじめんタイプが弱点ではないが、むしろむしタイプの弱点が目立つ。相手の素早さを必ず下げる「エレキネット」と相手より素早いと威力が上がる「エレキボール」の2つをレベルアップで覚えられる。他にもシグナルビーム、むしのさざめきなどむしタイプの特殊技を覚えられ、くさやあくタイプに強い。

アニメでのバチュル

ベストウイッシュ』第28話に野生のものが初登場。ケニヤンのシママにホタチを蹴り飛ばされ、探しに来たサトシミジュマルにホタチと間違えられた。声優たかはし智秋

第38話ではサンシロー(声:藤村知可)というトレーナーのポケモンとして別個体が登場した。ドンバトルの1回戦でラングレーのツンベアーと戦い、スピードで翻弄したが倒れたツンベアーの下敷きになり敗れた。                              

ポケモンカードでのバチュル

ポケモンカードゲームBW「はじめてセット」「はじめてセット for(フォー)ガール」で初登場。

関連項目