バック・ズモフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バック・ズモフ
プロフィール
リングネーム バック・ズモフ
"ロックンロール" バック・ズモフ
本名 ユージン・オットー・ズモフ[1]
身長 180cm[1]
体重 100kg - 102kg[1]
誕生日 (1951-03-31) 1951年3月31日(67歳)[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミネソタ州の旗 ミネソタ州
ポープ郡サイラス[1]
トレーナー ビル・ロビンソン[1]
コシロ・バジリ[1]
デビュー 1973年[1]
テンプレートを表示

"ロックンロール" バック・ズモフ"Rock 'n' Roll" Buck Zumhofe、本名:Eugene Otto Zumhofe1951年3月31日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーミネソタ州サイラス出身[1]

ジャンプスーツに身を包んだロックンローラーギミックベビーフェイスとして、地元ミネソタのAWAテキサス州ダラスのWCCWを主戦場に活動。大型のラジカセを肩に抱え、ロック・ミュージックを大音量で流しながら登場する入場パフォーマンスで人気を集めた[2]

来歴[編集]

1973年バーン・ガニアが主宰していた地元ミネソタのAWAにて、ビル・ロビンソンコシロ・バジリのトレーニングを受けてデビュー[1]ベビーフェイスのジョブ・ボーイとして、ヒールのメインイベンターのジョバーを務めてキャリアを積んだ。1970年代後半は太平洋岸北西部のパシフィック・ノースウエスト・レスリングにも時折出場し、ロディ・パイパーとも幾度となく対戦[2]1980年5月には全日本プロレスの『スーパー・パワー・シリーズ』に初来日した[3]

以降もAWAを活動の拠点に、1980年代に入るとロックンローラーギミックを確立してジョバーのポジションを脱し、トレードマークのラジカセを破壊した悪党マネージャーボビー・ヒーナンと抗争[2][4]。大ベテランのマッドドッグ・バションクラッシャー・リソワスキーともタッグを組み[5]1982年には当時AWAで人気沸騰中だったハルク・ホーガンのパートナーとなって、ヒーナン・ファミリーのニック・ボックウィンクルケン・パテラボビー・ダンカンとの軍団抗争にも加わった[6]1983年6月19日にはマイク・グラハムを破り、AWA世界ライトヘビー級王座を獲得している[7]

1984年より、フリッツ・フォン・エリックが主宰していたテキサス州ダラスのWCCWに参戦。黒人レスラーのアイスマン・キング・パーソンズをパートナーに、ロックン・ソウルRock 'n' Soul)なるタッグチームを結成し[8]、同年5月6日にスーパー・デストロイヤー1号&2号からNWAアメリカン・タッグ王座を奪取[9]ファビュラス・フリーバーズマイケル・ヘイズテリー・ゴディバディ・ロバーツとも抗争を展開した[10]1985年2月4日には、前王者ビリー・ジャック・ヘインズの負傷による返上で空位となっていたTV王座をリップ・オリバーと争った[11]

主戦場のAWAでは1985年11月28日にスティーブ・リーガルを破り、AWA世界ライトヘビー級王座を再び獲得[7]1986年4月20日にミネアポリスメトロドームで開催された "WrestleRock 86" では、アメリカ遠征中だったタイガーマスクと対戦している[12]。しかし1986年7月、性犯罪事件を起こして投獄され、タイトルを剥奪された[7](後年も、同様の犯罪を繰り返すこととなる[13])。

その後、1990年8月11日にAWA世界ライトヘビー級王座への3度目の戴冠を果たすも、翌年にAWAは活動を停止[7]。以降、1990年代WWFに出場したが、ロックンローラーのギミックは与えられず、キャリア初期と同じくジョバーのポジションだった[14]1995年4月末には、ハンター・ハースト・ヘルムスリーことトリプルHのWWFデビュー戦のジョバーを務めている[2][4][15]

2000年代にはプロモーターとして、ロックンロール・レスリング(Rock & Roll Wrestling)なるインディー団体を主宰、ミネソタを中心とする中西部において興行を手掛けた[2]2011年3月26日にはHOW(Heavy On Wrestling)のミネソタ州ダルースでのイベントにおいて、彼のギミックをヒール・バージョンで受け継いだホンキー・トンク・マンと対戦した[16]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

アメリカン・レスリング・アソシエーション
ワールド・クラス・チャンピオンシップ・レスリング

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j Buck Zumhofe”. Wrestlingdata.com. 2015年11月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e Buck Zumhofe still rolling and rocking”. SLAM! Sports (April 21, 2015). 2015年11月20日閲覧。
  3. ^ The AJPW matches fought by Buck Zumhofe in 1980”. Wrestlingdata.com. 2015年11月20日閲覧。
  4. ^ a b Buck Zumhofe”. Online World of Wrestling. 2015年11月20日閲覧。
  5. ^ The AWA matches fought by Buck Zumhofe in 1981”. Wrestlingdata.com. 2015年11月20日閲覧。
  6. ^ The AWA matches fought by Buck Zumhofe in 1982”. Wrestlingdata.com. 2015年11月20日閲覧。
  7. ^ a b c d e AWA World Light Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年11月20日閲覧。
  8. ^ Tag Team "Rock 'n' Soul"”. Wrestlingdata.com. 2015年11月20日閲覧。
  9. ^ a b NWA American Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年11月20日閲覧。
  10. ^ The WCCW matches fought by Buck Zumhofe in 1984”. Wrestlingdata.com. 2015年11月20日閲覧。
  11. ^ World Class Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年11月20日閲覧。
  12. ^ AWA WrestleRock”. Cagematch.ne. 2015年11月20日閲覧。
  13. ^ Ex-pro wrestler sentenced to more than 25 years in jail for sex crimes”. USA Today.com (May 9, 2014). 2015年11月20日閲覧。
  14. ^ Buck Zumhofe: Matches”. Cagematch.net. 2015年11月22日閲覧。
  15. ^ WWE Yearly Results 1995”. The History of WWE. 2015年11月22日閲覧。
  16. ^ HOW 2011/03/26”. Cagematch.net. 2015年11月20日閲覧。