バック音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

バック音(バックおん)とは、自動車のシフトポジションがR(リバース)の位置にあるとき、ブザーチャイム等で運転者に警告を呼びかける装置である。

概要[編集]

大抵は、「ピーピー」というような音が多い。軽自動車や初代フィット等一部を除くホンダ車は近年までは「キンコン、キンコン」と音が鳴る後退音を採用していたが、2016年に最後の採用車種であったホンダ・フリードが2代目へモデルチェンジしたのを機に消滅した。同社の現行車種の一部は「ピンポン、ピンポン(ホンダ・フリード(2代目)及びホンダ・ステップワゴン(5代目)及びホンダ・N-BOX(2代目))」と独特の音である。他にも、「ポーン、ポーン(ホンダ・レジェンド(4代目以降)、ホンダ・CR-Zホンダ・オデッセイ(5代目)、ホンダ・フィット(3代目)、ホンダ・NSX(2代目)レクサスGSレクサスISなど)」という音のものや、オプション設定になっているもの、あるいは搭載されていない車もある。 マニュアル車でも2トンクラス以上のトラック等には車外のバックブザーとは別に車内に搭載されているものが多い。乗用車でも最近のトヨタ車(86、ZZT231セリカアルテッツァの6MT車)やスバル車(GDB涙目以降のインプレッサBRZなど)には付いていることが多い。また、BMWの現行車にも「チロリーン、チロリーン」と音が鳴ったりする。

関連項目[編集]