誠に勝手ながら、「goo Wikipedia」は2021年9月30日をもってサービス提供を終了させていただくことになりました。突然のお知らせとなりましたことをお詫び申し上げますと共に、これまで「goo Wikipedia」をご愛顧いただきましたこと、心より感謝いたします。

バットマン・リターンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
バットマン・リターンズ
Batman Returns
監督 ティム・バートン
製作総指揮 ベンジャミン・メルニカー
マイケル・ウスラン
ジョン・ピーターズ
ピーター・グーバー
製作 デニーズ・ディ・ノヴィ
ティム・バートン
ラリー・J・フランコ
脚本 ダニエル・ウォーターズ
出演者 マイケル・キートン
ミシェル・ファイファー
ダニー・デヴィート
クリストファー・ウォーケン
音楽 ダニー・エルフマン
撮影 ステファン・チャプスキー
編集 クリス・レベンゾン
ボブ・バダミ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 1992年6月19日 アメリカ合衆国の旗
1992年7月11日 日本の旗
上映時間 126分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $80,000,000[1]
興行収入 $266,830,000(世界興業)
$162,800,000 アメリカ合衆国の旗
前作 バットマン
次作 バットマン・フォーエヴァー
allcinema
キネマ旬報
allmovie
IMDb
  

バットマン・リターンズ』(Batman Returns)は1992年アメリカ映画1989年の映画『バットマン』の直接の続編で、スタッフ・キャストも同じ。

目次

概要

監督ティム・バートン独特の世界観が前作にも増して顕著で、悪役(厳密な意味では違うが)キャラクターの描写に比重が置かれ、バットマンが狂言回しのような役割となっている。

本作ではキャットウーマンとペンギンのダブル悪役が採用されており、以降のシリーズのスタンダードとなった(新シリーズのノーラン版でも同様の傾向が見られる)。

キャットウーマンには、当初アネット・ベニングがキャスティングされていたが、妊娠のために降板し、代わりに、ミシェル・ファイファーが起用された。ベニングは後に、『マーズ・アタック!』でティム・バートン監督作品に出演している。また、ドルビーの技術を用いた初の5.1チャンネルサラウンドドルビーデジタル)作品。

当初の脚本ではバットマンの相棒であるロビンが登場する予定で、『最終絶叫計画』などで知られる黒人俳優のマーロン・ウェイアンズの出演が決定していた。しかし、脚本の変更などもあり、ロビンは次回作の『バットマン・フォーエヴァー』まで登場が延期になった。その時点でバートンは3作目も監督する予定であり、ウェイアンズもキャストとして登場するはずだったが、バートンが監督を降板したことでその話は流れてしまった。

ペンギン役にはダスティン・ホフマンワーナー・ブラザーズは彼の出演を強く希望していたとのこと)やマーロン・ブランドなど数々の大物俳優たちが候補に挙がったが、個性派俳優のダニー・デヴィートに落ち着いた。

当時まだ珍しかったCGが導入され、オープニングタイトルの三次元的変形、コウモリや武装ペンギンの大群、バットモービルのシールドモードやバットミサイルへの変形などに使用されている。

第65回アカデミー賞メイクアップ賞、視覚効果賞ノミネート。

ストーリー


注意:以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が明かされています。


ゴッサム・シティに跳梁跋扈するサーカスギャング団。畸形ゆえ捨てられた過去を持つ首魁ペンギンは、表の世界に乗り出すべく自作自演で自らの商品価値を高めていく。それに協力するのは、野心溢れる実業家マックス・シュレック。彼は発電所に細工をし、市の生命線を握ろうとしていた。

そんな計画に気付いた内気な秘書セリーナをシュレックはビルから突き落とす。猫の魔力で甦った彼女はキャットウーマンとして街に繰り出すようになる。ペンギンの企み、シュレックの野望を阻止する為に、そしてセリーナに惹かれながらキャットウーマンと争うべくバットマンは今宵も闇を走る。

クリスマスを舞台に怪人たちのサーカスは幕を開けた。

キャスト

スタッフ

日本語吹替

ビデオ・DVD 1994年テレビ朝日「日曜洋画劇場
ブルース 渡辺裕之 山寺宏一
セリーナ 田島令子 藤田淑子
ペンギン 樋浦勉 石田太郎
シュレック 小川真司 野沢那智
アルフレッド 松岡文雄 内田稔
ゴードン 円谷文彦 藤本譲
市長 秋元羊介 羽佐間道夫
演出 佐藤敏夫
翻訳 平田勝茂
効果 リレーション
録音 東北新社

脚注

今日は何の日(9月22日

もっと見る

「バットマン・リターンズ」のQ&A