バッド・バニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Bad Bunny
Bad Bunny 2019 by Glenn Francis.jpg
Bad Bunny 2019年
生誕Benito Antonio Martínez Ocasio
(1994-03-10) 1994年3月10日(27歳)
プエルトリコの旗 プエルトリコ・ベガ・バハ[1]
職業
  • 歌手
  • ラッパー
  • ソングライター
活動期間2016年 - [2]
音楽家経歴
ジャンル
担当楽器 ヴォーカル
レーベル
  • Rimas Entertainment
  • Hear this Music
  • Universal Latin
共同作業者

バッド・バニー(Bad Bunny、1994年3月10日 - )は、プエルトリコの歌手、ラッパー。ラテン・トラップ英語版の牽引者[3]

来歴[編集]

2016年にシングル「Diles」でデビュー。2017年にダディー・ヤンキーJ・バルヴィンなどのレゲトン界の著名アーティストとのコラボを果たし、知名度を上げていく[4]

2018年には英語圏のアーティストとのコラボも果たし、中でも5月にリリースしたカーディ・BJ・バルヴィンとのコラボ曲「I Like It」は、Billboard Hot 100で首位を記録[5]。10月にリリースしたドレイクとのコラボ曲「Mia」は、自身がリードアーティストとなる楽曲でBillboard Hot 100で5位を記録した[5]

2019年にはJ・バルヴィンとコラボレーティヴ・アルバム『Oasis』をリリース。米Billboard 200で9位を記録する[6]

2020年2月29日、2作目のソロアルバム『YHLQMDLG』をリリースし、全米2位を記録する[6]。11月27日には3作目のアルバム『El Último Tour Del Mundo』をリリースした[7]。収録曲「Dakiti」は全米最高8位を記録する[8]

2021年2月15日に放送されたWWE・RAWでWWE 24/7王座を戴冠した。

人物[編集]

独創的なファッションで知られ、個性的なサングラスがトレードマーク[4]。2018年のアメリカン・ミュージック・アワードでは額に目のシールを貼って登場し、大きな話題を呼んだ[4]

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム

  • X 100pre(2018)
  • Oasis (with J Balvin) (2019)
  • YHLQMDLG (2020)
  • El Último Tour Del Mundo (2020)

フィルモグラフィ[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Billboard (October 18, 2018), Bad Bunny Talks Growing Up in Vega Baja and Early Music Influences, https://www.youtube.com/watch?v=pheFazCxk00 2019年3月26日閲覧。 
  2. ^ Timothy Monger. “Bad Bunny”. AllMusic. 2019年11月15日閲覧。
  3. ^ ラテン音楽の最先端「ラテン・トラップ」牽引役が世界デビュー”. ローリングストーン. 2019年12月21日閲覧。
  4. ^ a b c バッド・バニーって何者?ドレイク、Jloなどとコラボする注目アーティストを紹介”. FRONTROW. 2019年12月21日閲覧。
  5. ^ a b Chart History Bad Bunny”. Billboard. 2019年12月21日閲覧。
  6. ^ a b Bad Bunny”. Billboard. 2020年11月27日閲覧。
  7. ^ Fans Are Convinced Bad Bunny Is Dropping His Third Album of 2020 on Thanksgiving” (英語). Distractify. 2020年11月27日閲覧。
  8. ^ Bad Bunny”. Billboard. 2020年11月27日閲覧。