バディ・ウォルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バディ・ウォルフ
プロフィール
リングネーム バディ・ウォルフ
レス・ウォルフ
ザ・スポイラー2号
ブルー・デモン
本名 レス・ウォルフ
ニックネーム ハッケンサック・ハンマー
(Hackensack Hammer)
身長 185cm - 188cm
体重 118kg - 125kg
誕生日 (1941-04-11) 1941年4月11日
死亡日 (2017-07-11) 2017年7月11日(76歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミネソタ州の旗 ミネソタ州
フェアリボー郡ブルーアース
スポーツ歴 レスリング[1]
アメリカンフットボール[2]
トレーナー バーン・ガニア[1]
デビュー 1968年[1]
引退 1988年[1]
テンプレートを表示

バディ・ウォルフBuddy Wolfe / Buddy Wolff、本名:Les Wolff1941年4月11日 - 2017年7月11日[3])は、アメリカ合衆国プロレスラーミネソタ州ブルーアース出身。

地元ミネソタのAWAを主戦場に、ヒールの中堅選手として活動した。マッドドッグ・バションブッチャー・バションの妹、ビビアン・バションの夫でもあった[1]

来歴[編集]

学生時代はレスリングアメリカンフットボールで活躍、レスリングでは94%の勝率を誇ったという[4]セントクラウド州立大学卒業後、ディフェンシブ・エンドとしてコンチネンタル・フットボール・リーグ英語版ノーフォーク・ネプチューンズ英語版に入団[2]。その後、バーン・ガニアのトレーニングを受けて1968年にプロレスラーとしてデビュー[1]。キャリア初期は本名のレス・ウォルフをリングネームに、ベビーフェイス陣営で活動した[2]

1970年7月、ガニア主宰のAWAとの提携ルートで国際プロレスに初来日[4]。7月28日の長野大会ではストロング小林が保持していたUSAヘビー級王座に、8月11日の苫小牧大会ではドクター・デスと組んでグレート草津&サンダー杉山IWA世界タッグ王座にそれぞれ挑戦した[5]。9月開幕のシリーズにも覆面レスラーブルー・デモンBlue Demon)に変身して残留参戦し、同月15日に福岡市九電記念体育館にて杉山のIWA世界ヘビー級王座に挑戦[6]。10月8日の大阪府立体育館大会ではメッサーシュミット(クラウス・カーロフ)を、10月15日の佐野大会ではギル・ヘイズをそれぞれパートナーに、草津&杉山のIWA世界タッグ王座に再挑戦した[6]

アメリカでも中南部のNWAトライステート地区で覆面を被り、ザ・スポイラーのパートナーとしてスポイラー2号に一時変身、1971年5月2日にザ・ケンタッキアンズ(グリズリー・スミス&ルーク・ブラウン)からUSタッグ王座を奪取している[7]。その後、"ビューティフル" バディ・ウォルフと名乗って素顔でもヒールに転向。AWA圏では1972年4月8日、ネブラスカ州オマハにてミッドウエスト・ヘビー級王座を獲得した[8]。同年10月からはWWWFに参戦し、フィラデルフィアボストンなど北東部各地において、ペドロ・モラレスWWWFヘビー級王座に再三挑戦[9]ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンでは、1973年2月26日にミル・マスカラス、3月26日にアンドレ・ザ・ジャイアントと対戦している(アンドレは、同日がMSGデビュー戦だった)[2][10]

1973年6月には国際プロレスに再来日。同時参加したテキサス・アウトローズに次ぐ3番手外国人のポジションで、グレート草津やアニマル浜口との金網デスマッチも行われた[11]。帰国後は主戦場のAWAにて、ワフー・マクダニエルビル・ロビンソンクラッシャー・リソワスキーらと抗争。タッグではラリー・ハイニエミことラーズ・アンダーソンとのコンビで活躍した[12]。国際プロレスには、AWA世界ヘビー級王者のバーン・ガニア、AWA世界タッグ王者ニック・ボックウィンクル&レイ・スティーブンスが同時参加した1974年11月の『ワールド・チャンピオン・シリーズ』にも来日している[13]。その後はテキサスの東部地区を経て、1976年4月に全日本プロレスの『第4回チャンピオン・カーニバル』に出場したが、戦績は芳しくなかった[14]

1976年6月10日、イリノイ州シカゴのインターナショナル・アンフィシアターにて、同月26日にアントニオ猪木との異種格闘技戦が決定していたモハメド・アリのプロモーション用の対戦相手に起用され、16オンスのグローブを着けたアリとラウンド制のミックスド・マッチで対戦[15]。アリのセコンドにはフレッド・ブラッシー、ウォルフのセコンドにはディック・ザ・ブルーザーが付き、レフェリーはバーン・ガニアが務めた(結果はウォルフが流血して乱闘となり、レフェリーのガニアが試合を中止。当日は同じくAWAのレスラーだったケニー・ジェイとアリとの試合も行われたが、ジェイはKO負けを喫した)[15]

1977年NWAフロリダ地区において、3月8日に行われたトーナメントを制し、空位となっていたNWAフロリダ・ヘビー級王座を獲得[16]。以降、ボブ・バックランドジャック・ブリスコジョー・ルダックスティーブ・カーンマイク・グラハムアーニー・ラッドらを挑戦者に[17]、6月に前王者ダスティ・ローデスに敗れるまで戴冠した[16]。NWA圏ではセントルイスキール・オーディトリアムにも出場しており、1978年3月17日の興行ではリック・フレアー&オックス・ベーカーと組み、アンドレ・ザ・ジャイアント&ディック・ザ・ブルーザーと3対2のハンディキャップ・マッチで対戦している[18]

1979年からは本拠地のAWAに定着し、うるさ型のベテラン・ヒールとして、スティーブ・オルソノスキーポール・エラリングディノ・ブラボーなど新鋭選手のジョバーを担当[19]1982年には、当時AWAで大ブレイクしていたハルク・ホーガンのジョバーも務めた[20]。以降はセミリタイア状態となるも、1980年代後半までAWAに出場し、1987年にはショーン・マイケルズスコット・ホールジミー・スヌーカとも対戦した[21]

引退後はミネソタ州ハッケンサックに居住。2000年代はカリフラワー・アレイ・クラブなどのOB会に姿を見せていた。2017年7月11日、76歳で死去[3]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

アメリカン・レスリング・アソシエーション
  • AWAミッドウエスト・ヘビー級王座:2回[8]
NWAトライステート
NWAビッグタイム・レスリング
  • NWAテキサス・ヘビー級王座:1回[2]
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWAフロリダ・ヘビー級王座:1回[16]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Buddy Wolff”. Cagematch.net. 2015年12月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g Buddy Wolff”. Online World of Wrestling. 2015年2月26日閲覧。
  3. ^ a b 猪木より早くアリと対戦した元プロレスラー、バディ・ウォルフさん死去”. デイリースポーツ (2017年7月14日). 2017年7月14日閲覧。
  4. ^ a b 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P74(2002年、日本スポーツ出版社
  5. ^ IWE 1970 Big Summer Series”. Puroresu.com. 2015年12月6日閲覧。
  6. ^ a b IWE 1970 Dynamite Series”. Puroresu.com. 2015年12月6日閲覧。
  7. ^ a b NWA United States Tag Team Title [Tri-State/Mid-South]”. Wrestling-Titles.com. 2015年12月6日閲覧。
  8. ^ a b AWA Midwest Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年12月6日閲覧。
  9. ^ Pedro Morales vs. Buddy Wolff”. Wrestlingdata.com. 2015年12月6日閲覧。
  10. ^ WWE Yearly Results 1973”. The History of WWE. 2015年12月6日閲覧。
  11. ^ IWE 1973 Big Summer Series”. Puroresu.com. 2015年12月6日閲覧。
  12. ^ The AWA matches fought by Buddy Wolff in 1973”. Wrestlingdata.com. 2015年12月6日閲覧。
  13. ^ IWE 1974 World Champion Series”. Puroresu.com. 2015年12月6日閲覧。
  14. ^ AJPW 1976 The 4th Champion Carnival”. Puroresu.com. 2015年12月6日閲覧。
  15. ^ a b c 『Gスピリッツ Vol.12』P14-15(2009年、辰巳出版、ISBN 4777806847)
  16. ^ a b c NWA Florida Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年12月6日閲覧。
  17. ^ The CWF matches fought by Buddy Wolff in 1977”. Wrestlingdata.com. 2015年12月6日閲覧。
  18. ^ The SLWC matches fought by Buddy Wolff in 1978”. Wrestlingdata.com. 2015年12月6日閲覧。
  19. ^ The AWA matches fought by Buddy Wolff in 1979”. Wrestlingdata.com. 2015年12月6日閲覧。
  20. ^ AWA 1982/02/06”. Cagematch.net. 2015年12月6日閲覧。
  21. ^ The AWA matches fought by Buddy Wolff in 1987”. Wrestlingdata.com. 2015年12月6日閲覧。