バトルライン (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バトルライン
欧字表記 Battle Line[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 鹿毛[1]
生誕 1993年5月20日(26歳)[1]
登録日 1995年5月11日
抹消日 2000年3月1日
オジジアン[1]
Line of Thunder[1]
母の父 Storm Bird[1]
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[1]
生産 Peter M. Brant[1]
馬主 社台レースホース[1]
調教師 松田博資栗東[1]
競走成績
生涯成績 中央競馬21戦7勝・地方競馬7戦2勝
[1]
獲得賞金 3億4665万5000円[1]
 
勝ち鞍
GIII プロキオンステークス 1997年
GIII エルムステークス 1997年
テンプレートを表示

バトルライン[1]日本競走馬。おもな勝鞍はプロキオンステークスエルムステークス半兄1995年アメリカクラシック二冠馬サンダーガルチ(父ガルチ)。社台レースホースの出資馬であり、募集価格は1800万円(20口)。

戦歴[編集]

デビュー前から米国二冠馬サンダーガルチの半弟として注目を集め、1995年8月デビューし、2着となった。しかし、後にフレグモーネ、翌1996年2月初勝利後に脚部不安のため休養と、当初は思うようにレースを使えない状態に終始した。

休養後は足元も徐々に良化しレース間隔を詰めての出走ができるようになり札幌競馬場函館競馬場で特別戦を連勝。その勢いで9月ユニコーンステークスに出走。後続に3馬身差を付け1位入線を果たすも斜行により10着降着、重賞制覇はお預けとなった。鞍上の横山典弘はこの競走で騎乗停止を受け、マイルチャンピオンシップ南部杯で騎乗予定だったホクトベガへの騎乗が不可能になった。

1997年1月、昇級初戦の平安ステークスで単勝1.4倍という断然人気を背負うも3着敗退。これにより賞金を加算できず陣営が目標と掲げるフェブラリーステークスへの出走が微妙となり、中2週で銀嶺ステークスに出走。6走連続となる単勝1倍台の支持に応え勝利を収め出走にこぎつける。しかし本番では前日からの降雪の影響でぬかるんだ馬場に末脚のキレを殺され3着に終わった。

その後プロキオンステークスをレコードで制し重賞初制覇、続くかしわ記念にて重賞連覇を達成。そして「出走経験は1800まで、微妙に伸びる1ハロンが鍵」と関係者がコメントし望んだ帝王賞、1番人気に押されたもの、直線半ばで一杯になりコンサートボーイアブクマポーロの地方2騎にかわされ3着とまたしてもGIタイトルを逃してしまう。さらにエルムステークスを制し挑んだマイルチャンピオンシップ南部杯では前走にて首差交わしたタイキシャーロックに1秒以上差をつけられる2着敗退。これ以降もGIタイトルにはどうしても手が届かなかった。

1998年以降はやや勝ち運にも見放され、3年連続の出走となった1999年フェブラリーステークスで8着に敗れた際、レース中に左第2中手骨骨折を発症していたことが判明、当初は全治3ヵ月の診断であったが復帰は大幅に遅れ1年弱を要した。復帰後2走するも共に勝ち馬から1秒以上離される惨敗で、2000年3月1日付で競走馬登録が抹消された。

競走成績[編集]

以下の内容は、netkeiba.com[2]およびJBISサーチ[3]に基づく。

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量
(kg)
距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
1995 8. 6 函館 新馬 8 5 5 5.8 (3人) 2着 岡部幸雄 53 ダ1000m(良) 1:01.6 (37.5) -0.2 フジノサウスポー
1996 1. 13 京都 未勝利 13 8 12 3.4 (3人) 3着 武豊 55 ダ1200m(稍) 1:13.0 (36.8) -0.9 ロックパラダイス
2. 25 阪神 未勝利 13 6 9 1.7 (1人) 1着 熊沢重文 55 ダ1400m(良) 1:27.4 (38.0) 0.8 (ミスターサミー)
6. 29 札幌 500万下 12 3 3 3.1 (2人) 2着 横山典弘 55 ダ1000m(良) 0:59.8 (36.4) -0.1 スギノエメラルド
7. 14 札幌 利尻特別 500 9 2 2 3.4 (3人) 1着 横山典弘 55 ダ1700m(良) 1:45.3 (36.7) 0.1 (ナムラライオー)
8. 10 函館 潮騒特別 900 12 8 11 1.5 (1人) 1着 横山典弘 55 ダ1700m(良) 1:45.8 (38.4) 1.0 (グリーンスワード)
9. 28 中山 ユニコーンS GIII 14 6 10 1.5 (1人) 10着[注釈 1] 横山典弘 56 ダ1800m(良) 1:52.3 (37.9) 0.5 シンコウウインディ
11. 24 京都 花園S 1500 13 6 9 1.4 (1人) 2着 武豊 55 ダ1800m(良) 1:51.4 (37.4) -0.4 イワテニシキ
12. 15 中山 北総S 1500 16 5 9 1.3 (1人) 1着 横山典弘 55 ダ1800m(良) 1:52.5 (38.1) 1.7 (ヒロストラート)
1997 1. 6 京都 平安S GIII 16 1 2 1.4 (1人) 3着 横山典弘 55 ダ1800m(良) 1:49.9 (36.7) -0.0 シンコウウインディ
トーヨーシアトル
1. 26 東京 銀嶺S OP 12 2 2 1.4 (1人) 1着 横山典弘 55 ダ1400m(重) 1:23.3 (35.7) 0.1 (シャドウクリーク)
2. 16 東京 フェブラリーS GI 16 4 7 4.3 (2人) 3着 横山典弘 56 ダ1600m(不) 1:36.5 (37.0) -0.5 シンコウウインディ
4. 12 阪神 プロキオンS GIII 16 4 7 3.6 (2人) 1着 武豊 55 ダ1400m(良) 1:22.9 (36.2) 0.4 (グリーンサンダー)
5. 28 船橋 かしわ記念 GIII 11 3 3 (1人) 1着 武豊 55 ダ1600m(良) 1:37.9 0.5 (キクノウイン)
6. 24 大井 帝王賞 GI 12 8 11 (1人) 3着 武豊 57 ダ2000m(良) 2:05.1 -0.2 コンサートボーイ
9. 6 札幌 エルムS GIII 12 2 2 2.2 (2人) 1着 武豊 57 ダ1700m(良) 1:43.6 (35.9) 0.0 (タイキシャーロック)
10. 10 盛岡 南部杯 GI 12 3 3 (1人) 2着 武豊 56 ダ1600m(良) 1:37.3 -1.1 タイキシャーロック
11. 16 京都 マイルCS GI 18 3 6 42.2 (11人) 13着 藤田伸二 57 芝1600m(良) 1:35.8 (37.6) -2.5 タイキシャトル
1998 2. 1 東京 フェブラリーS GI 16 1 1 4.9 (2人) 9着 武豊 57 ダ1600m(良) 1:39.1 (38.2) -1.6 グルメフロンティア
5. 27 船橋 かしわ記念 GIII 9 7 7 (3人) 4着 武豊 56 ダ1600m(重) 1:37.7 -2.3 アブクマポーロ
6. 24 大井 帝王賞 GI 13 4 5 (5人) 2着 藤田伸二 57 ダ2000m(稍) 2:03.7 (36.1) -0.3 アブクマポーロ
9. 12 札幌 エルムS GIII 10 7 8 1.9 (1人) 4着 藤田伸二 59 ダ1700m(良) 1:45.1 (37.8) -1.4 タイキシャーロック
10. 10 盛岡 南部杯 GI 12 1 1 (4人) 4着 藤田伸二 56 ダ1600m(不) 1:35.7 -0.6 メイセイオペラ
11. 23 笠松 全日本サラブレッドC GIII 10 7 8 (1人) 1着 藤田伸二 55 ダ1400m(良) 1:26.9 0.2 ストーンステッパー
1999 1. 10 京都 平安S GIII 15 6 12 6.8 (4人) 5着 藤田伸二 57 ダ1800m(良) 1:50.8 (35.7) -0.9 オースミジェット
1. 31 東京 フェブラリーS GI 16 2 3 24.8 (9人) 8着 藤田伸二 57 ダ1600m(良) 1:37.2 (36.4) -0.9 メイセイオペラ
2000 1. 23 京都 平安S GIII 16 1 1 122.1 (12人) 12着 藤田伸二 57 ダ1800m(不) 1:51.0 (37.8) -1.2 オースミジェット
2. 20 東京 フェブラリーS GI 16 2 3 125.6 (14人) 10着 岡部幸雄 57 ダ1600m(良) 1:36.7 (37.1) -1.1 ウイングアロー
  1. ^ 1位入線降着

種牡馬として[編集]

引退後は社台スタリオンステーションビッグレッドファーム明和で種牡馬供用された。現在は岩手県奥州市の湯澤ファームに繋養されている。

主な産駒[編集]

血統表[編集]

バトルライン血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ダマスカス系テディ系
[§ 2]

オジジアン
1983 鹿毛 アメリカ
父の父
Damascus
1964 鹿毛 アメリカ
Sword Dancer Sunglow
Highland Fling
Kerala My Babu
Blade of Time
父の母
Gonfalon
1975 栗毛 アメリカ
Francis S. Royal Charger
Blue Eyed Momo
Grand Splendor Correlation
Cequillo

*ラインオブサンダー
Line of Thunder
1987 鹿毛
Storm Bird
1978 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
South Ocean New Providence
Shining Sun
母の母
Shoot a Line
1977 鹿毛
High Line *High Hat
Time Call
Death Ray Temerlane
Luminant
母系(F-No.) 11号族(FN:11-d) [§ 3]
5代内の近親交配 Nearco5×5 [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ バトルライン 5代血統表2017年9月7日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com バトルライン 5代血統表2017年9月7日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ バトルライン 5代血統表2017年9月7日閲覧。
  4. ^ JBISサーチ バトルライン 5代血統表2017年9月7日閲覧。


脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o バトルライン(USA)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月28日閲覧。
  2. ^ バトルラインの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月28日閲覧。
  3. ^ バトルライン 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月28日閲覧。