バドゥ・ジャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バドゥ・ジャック
基本情報
本名 バドゥ・ジャック
通称 The Ripper(切り裂きジャック)
階級 ライトヘビー級
身長 185cm
リーチ 193cm
国籍  スウェーデン
誕生日 (1983-10-31) 1983年10月31日(36歳)
出身地 ストックホルム
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 28
勝ち 22
KO勝ち 13
敗け 3
引き分け 3
テンプレートを表示

バドゥ・ジャックBadou Jack 、男性、1983年10月31日 - )は、スウェーデンプロボクサーストックホルム出身。元WBC世界スーパーミドル級王者。元WBA世界ライトヘビー級王者。ボディショットを軸にした攻撃が巧い選手。現在はラスベガス在住で、フロイド・メイウェザー・ジュニアメイウェザー・プロモーションズに所属している。

来歴[編集]

ガンビア人の父親とスウェーデン人の母親の間に生まれた。

アマチュア時代[編集]

18歳でボクシングをはじめた。

2006年、ヨーロッパ選手権にミドル級(75kg)で出場するが1回戦で敗退[1]

2007年、アメリカのシカゴで開催された2007年世界ボクシング選手権大会にライトヘビー級(81kg)で出場するが1回戦で敗退[2]

2008年、ガンビア代表として北京オリンピックにミドル級(75kg)で出場するが1回戦で敗退[3]

アマチュア時代の戦績は150勝25敗。

プロ時代[編集]

2009年6月6日、スウェーデンでプロデビューを果たし4回判定勝ち。

2010年9月10日、アリアクサンダー・パルヤナウと対戦し3回TKO勝ち。ジャックはこの試合を最後に母国を離れ、アメリカに活動拠点を移した。

2011年6月4日、ボードウォーク・ホールでハバロ・スジャックと対戦し5回TKO勝ちでアメリカデビューを飾った。

2013年9月12日、NABF北米スーパーミドル級王者マルコ・アントニオ・ペリバンMGMグランド内MGM・コンフェンスセンター・プレミアム・ボールルームで対戦し、12回0-1(2者が95-95、94-96)の引き分けに終わった。

2014年2月28日、デレック・エドワーズと対戦し、プロ初黒星となる初回1分2秒TKO負けを喫した。

2015年4月24日、シカゴUICパビリオンWBC世界スーパーミドル級王者アンソニー・ディレルと対戦。世界初挑戦ながらディレルのフィジカルの強さに手を焼くも手数の多さでディレルを翻弄し12回2-0(114-114、116-112、115-113)の判定勝ちで不利の下馬評を覆し王座獲得に成功した[4]

2015年9月12日、MGMグランド・ガーデン・アリーナフロイド・メイウェザー・ジュニアVSアンドレ・ベルトの前座でWBC世界スーパーミドル級1位のジョージ・グローブスと対戦し、2-1(115-112、116-111、113-114)の判定勝ちを収め、初防衛に成功した[5]

2016年4月30日、ワシントンD.C.DCアーモリーフリオ・セサール・チャベス・ジュニアと対戦予定だったが、チャベスが左足のかかとを負傷し中止になり[6][7]、元IBF世界スーパーミドル級王者でWBC世界スーパーミドル級8位のルシアン・ブーテと対戦し12回1-0(2者が114-114、117-111)の判定で引き分けに終わったが、2度目の防衛に成功した。試合後ジャックが明確に勝っていたとする批判が多く上がった[8][9]。試合後にブーテの尿サンプルから禁止薬物オスタリンの陽性反応が出たことで、ワシントンDCボクシング&レスリングコミッションにより試合結果が引き分けからブーテの失格負けへ変更された。

2017年1月14日、ニューヨーク市バークレイズ・センターでIBF世界スーパーミドル級王者のジェームス・デゲールと王座統一戦を行い、12回0-1(112-114、113-113×2)の判定で引き分けた為WBC王座の3度目の防衛に成功したものの、IBF王座の獲得に失敗した[10][11]。この試合でジャックは70万ドル(約8千万円)、デゲールは75万ドル(約8600万円)のファイトマネーを稼いだ[12]

2017年1月18日、ライトヘビー級に転向する為にWBC世界スーパーミドル級王座を返上した[13][14]

2017年8月26日、T-モバイル・アリーナにてフロイド・メイウェザー・ジュニアVSコナー・マクレガーの前座でWBA世界ライトヘビー級正規王者のネイサン・クレバリーと対戦し、5回2分47秒TKO勝ちを収め2階級制覇を達成した[15][16][17]

2017年8月31日、WBAはジャックをWBAの2017年8月度の月間優秀選手賞に選出した[18][19][20]

2017年9月14日、WBAはWBA世界ライトヘビー級正規王者のバドゥ・ジャックとWBA世界ライトヘビー級暫定王者ディミトリー・ビボルに対し、同月25日にWBA本部で王座統一戦に関する入札を行うと発表した[21][22]

2017年9月23日、ジャックがWBA世界ライトヘビー級正規王座を返上したため、同月25日にWBA本部で予定されていた王座統一戦に関する入札は中止となった[23][24][25]

2018年5月19日、トロントエア・カナダ・センターにて、WBC世界ライトヘビー級王者アドニス・ステベンソンと対戦し、12回1-0(114-114×2、115-113)の判定で引き分けに終わり、WBAに続く王座獲得は失敗に終わった[26]

2019年1月19日、MGMグランド・ガーデン・アリーナでマーカス・ブラウン英語版とWBA世界ライトヘビー級暫定王座決定戦を行い、12回0-3(119-108、117-110、116-111)の判定負けを喫しWBA王座への返り咲きに失敗した[27][28]

2019年12月28日、アトランタステートファーム・アリーナでWBA世界ライトヘビー級王者のジャン・パスカルと対戦し、12回1-2(112-114、112-114、114-112)の判定負けを喫しWBA王座への返り咲きに失敗した[29][30]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 36.European Championships - Plovdiv, Bulgaria - July 14-23 2006”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2015年9月17日閲覧。
  2. ^ 14.World Championships - Chicago, USA - October 23 - November 3 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2015年9月17日閲覧。
  3. ^ 29.Olympic Games - Beijing, China - August 9-24 2008”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2015年9月17日閲覧。
  4. ^ ジャックがディーレル攻略、WBC・S・ミドル級 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年4月25日
  5. ^ マルティネス&ジャック、両王者が辛くも初防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年9月13日
  6. ^ Chavez Jr. injury KOs Badou Jack challenge”. Fightnews.com (2016年3月9日). 2016年3月10日閲覧。
  7. ^ Badou Jack Frustrated, May Move Past Chavez Jr. Defense”. Boxing Scene.com (2016年3月10日). 2016年3月10日閲覧。
  8. ^ Jack-Bute ends in draw, Jack retains WBC super middleweight title Fightnews.com 2016年5月1日
  9. ^ ジャックもV2、元王者ブーテと分のいいドロー Boxing News(ボクシングニュース) 2016年5月1日
  10. ^ Jack and DeGale battle to a draw, retain their WBC and IBF 168lb world titles Fightnews.com 2017年1月15日
  11. ^ ジャックvsデゲール統一戦、ダウン応酬のドロー Boxing News(ボクシングニュース) 2017年1月15日
  12. ^ Purses: DeGale $750K, Jack $700K”. Boxing News Results (2017年1月14日). 2017年3月9日閲覧。
  13. ^ Badou Jack vacates WBC super middle title Fightnews.com 2017年1月18日
  14. ^ ジャック王座返上、デゲール戦の視聴件数は45万件 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年1月19日
  15. ^ Jack dominates and dethrones WBA champ Cleverly Fightnews.com 2017年8月26日
  16. ^ Badou Jack is the new WBA Champion WBA公式サイト 2017年8月27日
  17. ^ バルガスがWBC・SB級V1、ジャックは2階級制覇 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月27日
  18. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2017年8月31日
  19. ^ The WBA published August Ranking WBA公式サイト 2017年8月31日
  20. ^ WBA最新ランキング、ドネアが9.23復帰戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年9月6日
  21. ^ Jack-Bivol WBA purse bid ordered Fightnews.com 2017年9月14日
  22. ^ Jack and Bivol to purse bids WBA公式サイト 2017年9月14日
  23. ^ Jack vacates WBA light heavy belt Fightnews.com 2017年9月23日
  24. ^ WBA Light Heavyweight Champion Title was vacated WBA公式サイト 2017年9月23日
  25. ^ ジャックが王座返上、デイビスに重罪容疑 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年9月26日
  26. ^ スティーブンソンV9 ジャック追い上げ及ばずドロー Boxing News(ボクシングニュース) 2018年5月20日
  27. ^ Marcus Browne wins interim light heavyweight title by defeating Badou Jack ESPN.com(英語) 2019年1月20日
  28. ^ 40歳パッキャオがブローナー圧倒 2年ぶり米国勝利 Boxing News(ボクシングニュース) 2019年1月20日
  29. ^ Pascal retains WBA light heavy title by split decision Fightnews.com(英語) 2019年12月28日
  30. ^ デイビス最終回KO勝ち ガンボア倒し2階級制覇 Boxing News(ボクシングニュース)2019年12月29日

関連項目[編集]

前王者
アンソニー・ディレル
WBC世界スーパーミドル級王者

2015年4月24日 - 2017年1月18日(返上)

空位
次タイトル獲得者
デビッド・ベナビデス
前王者
ネイサン・クレバリー
WBA世界ライトヘビー級王者

2017年8月26日 - 2017年9月23日(返上)

空位
次タイトル獲得者
ディミトリー・ビボル