バナナラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
バナナラマ
BanaRamaAmpthill290618-32 (43593725532).jpg
シヴォーンと30年ぶりのツアー - UK・アンプトヒル公演(2018年6月)
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランドロンドン
ジャンル
活動期間 1981年 -
レーベル
公式サイト バナナラマ 公式サイト
メンバー
  • カレン・ウッドワード
  • サラ・ダリン
旧メンバー
  • シヴォーン・ファーイ
  • ジャッキー・オサリヴァン
バナナラマ

バナナラマ英語: Bananarama)は、イングランド出身のガール・グループ

当初は3人組であったが、1990年代からは、カレン・ウッドワード、サラ・ダリンのデュオで活動している。2017年、約30年ぶりにオリジナルラインナップの3人編成ツアーが実現し、期間限定で共演した。

来歴[編集]

デビューのきっかけは、セックス・ピストルズスティーヴ・ジョーンズポール・クックが使っていたリハーサル・スタジオの上の部屋に彼女達が住んでいたことによる。彼らの助けにより「アイ・ア・ムアナ」のデモテープが作られ、後にデビューシングルとなった。

その後ストック・エイトキン・ウォーターマンとのコラボレーションにより「ヴィーナス」などのヒット曲を得たことでさらなる飛躍をした。1988年にシヴォーンが目指す音楽性の相違により脱退。その穴を埋める形でジャッキー・オサリヴァンが加入したが別なバンドSlippery Feetを結成するため脱退。以降はカレンとサラのデュオとしての活動が続いている。

ビデオクリップやライブパフォーマンスにおいて半裸の男性ダンサーたちが大量に踊るというスタイルが定着し、ゲイコミュニティーの支持を得たことから、イギリス国内でも同性愛者の地位向上のための活動に協力したりすることも多い。そのことから誤解されがちでもあるが、メンバーのカレンもサラも異性愛者であり、サラはバナナラマの元バックダンサーの男性との間に子供を出産しており、またカレンは1990年代から2017年まで、元ワム!アンドリュー・リッジリーと共に暮らしていた。

日本ではバブル景気絶頂期の1980年代後半のディスコブームと時を同じくして大ブレイクした。

約30年ぶりに復帰したシヴォーン・ファーイ (2018年)

2017年、シヴォーンが、約30年ぶりに期間限定で復帰[3]。26年ぶりに3人編成が復活し、翌2018年8月まで共演した。

メンバー[編集]

現ラインナップ[編集]

※カレンとサラは4歳の時からの幼馴染。

旧メンバー[編集]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

スタジオアルバム[編集]

コンピレーション[編集]

シングル[編集]

主な出演作品[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Erlewine, Stephen Thomas. “Bananarama | Biography & History”. AllMusic. All Media Group. 2021年1月13日閲覧。
  2. ^ ストック・エイトキン・ウォーターマンの極めつけディスコヒット5曲”. OKMusic. ジャパンミュージックネットワーク (2017年2月7日). 2021年1月13日閲覧。 “80年代後半〜90年代初頭にかけてディスコでヒットを連発していたのがバナナラマ、カイリー・ミノーグ、リック・アストリーらのユーロビート勢”
  3. ^ バナナラマ、オリジナル・メンバー3人で再結成”. BARKS (2017年4月24日). 2018年9月28日閲覧。