バヤズィット・オスマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バヤズィット・オスマン
بایزید عثمان
オスマン家
出生 (1924-10-03) 1924年10月3日
フランスの旗 フランスパリ
死去 (2017-01-06) 2017年1月6日(92歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
父親 イブラヒム・テヴフィク
母親 ハディス・サディエ・ハニム
テンプレートを表示

バヤズィット・オスマン(オスマントルコ語: بایزید عثمان‎、Bayezid Osman (Osmanoğlu)、1924年10月3日 - 2017年1月6日)は、オスマン帝国の帝家であったオスマン家の第44代家長で帝位請求者

第31代皇帝アブデュルメジト1世の曾孫。祖父はアブデュルメジト1世の五男であるメフメト・ブルハネッティン皇子。

帝政廃止後に生まれた初のオスマン家家長である。名目上の皇帝としてはバヤズィット3世

経歴[編集]

1924年10月3日、フランスパリでイブラヒム・テヴフィク・オスマンの三男として生まれる。1931年に父を亡くした後、1941年に母とともにアメリカに移住した。軍勤務を経て、ニューヨークの図書館に勤務した。2009年9月23日、オスマン家43代家長のエルトゥールルが腎不全で死去したため、オスマン家44代家長となった。

なお、妻子ともになしである。

系図[編集]

  • アブデュルメジト1世(31代皇帝)-メフメト・ブルハネッティン-イブラヒム・テヴフィク-バヤズィット3世
先代:
エルトゥールル
オスマン家第44代家長
2009年 - 2017年
次代:
デュンダル・アリ