バヤンノール市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中華人民共和国 内モンゴル自治区 巴彦淖爾市
ウラド前旗駅
ウラド前旗駅
内モンゴル自治区の中のバヤンノール市の位置
内モンゴル自治区の中のバヤンノール市の位置
簡体字 巴彦淖尔
繁体字 巴彦淖爾
拼音 Bāyànnào'ĕr
カタカナ転写 バーイェンナオアール
モンゴル文字 ᠪᠠᠶᠠᠨᠨᠠᠭᠤᠷ
ᠬᠣᠲᠠ
モンゴル語キリル文字 Баяннуур хот
モンゴル語ローマ字転写 Bayannaɣur qota
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 内モンゴル
行政級別 地級市
面積
総面積 65,788 km²
人口
総人口(2004) 179 万人
経済
電話番号 0478
郵便番号 015000
ナンバープレート 蒙L
行政区画代碼 150800
公式ウェブサイト http://www.bynr.gov.cn/

バヤンノール市(バヤンノールし、モンゴル語ᠪᠠᠶᠠᠨᠨᠠᠭᠤᠷ
ᠬᠣᠲᠠ
、Bayannaɣur qota、巴彦淖爾市)は中華人民共和国内モンゴル自治区西部に位置する地級市。バヤンノールとはモンゴル語で「豊かな湖」という意味である。

歴史[編集]

西漢元朔二年(紀元前127年)、武帝は匈奴の手から河朔(河套平原)を奪取するために衛青を派して、磴口に朔方城を建て、今のオルドスとバヤンノール盟西南部の地区を治めた。

行政区画[編集]

1市轄区・2・4を管轄する。

年表[編集]

陝壩専区(1949年-1950年)[編集]

綏西専区[編集]

  • 1950年11月27日 - 綏西専区が陝壩専区に改称。

陝壩専区(1950年-1954年)[編集]

河套行政区[編集]

  • 1954年10月1日 (4県2旗1鎮)
    • 五原県・ダラト後旗・狼山県・ハンギン後旗の各一部がウランチャブ盟ウラド中後連合旗に編入。
    • ダラト後旗・安北県の各一部がウランチャブ盟ウラド前旗に編入。
  • 1958年4月21日 - 臨河県・五原県・安北県・狼山県・ダラト後旗・ハンギン後旗・陝壩鎮がバヤンノール盟に編入。

バヤンノール盟[編集]

  • 1956年4月3日 - 甘粛省の分割により、甘粛省バヤンホト(巴音浩特)・モンゴル族自治州が内モンゴル自治区バヤンノール盟となる。(1市1県2旗)
    • 甘粛省張掖専区エジン自治旗を編入。
    • アルシャー旗の一部が分立し、バヤンホト(巴彦浩特)市が発足。
    • エジン自治旗が旗に移行し、エジン旗となる。
  • 1958年3月10日 - ウランチャブ盟ウラド前旗ウラド中後連合旗を編入。(1市1県4旗)
  • 1958年4月21日 (1市3県6旗)
    • 河套行政区臨河県五原県安北県狼山県ダラト後旗ハンギン後旗陝壩鎮を編入。
    • 狼山県・陝壩鎮がハンギン後旗に編入。
    • 安北県がウラド前旗に編入。
  • 1958年7月5日 - ダラト後旗が五原県に編入。(1市3県5旗)
  • 1958年9月5日 - バヤンホト市がアルシャー旗に編入。(3県5旗)
  • 1960年1月7日 (1市2県5旗)
  • 1960年7月14日 - ウラド前旗が包頭市に編入。(1市2県4旗)
  • 1961年4月22日 (1市2県5旗)
  • 1961年7月9日 - アルシャー左旗の一部が分立し、ウダ市が発足。(2市2県5旗)
  • 1963年11月17日 - 包頭市ウラド前旗を編入。(2市2県6旗)
  • 1964年7月20日 - バヤンゴル市が県制施行し、磴口県となる。(1市3県6旗)
  • 1965年4月17日 (1市3県6旗)
    • アルシャー右旗の一部が甘粛省張掖専区山丹県に編入。
    • 甘粛省張掖専区張掖県の一部がアルシャー右旗に編入。
    • アルシャー左旗・アルシャー右旗の各一部が甘粛省武威専区民勤県に編入。
  • 1969年7月5日 (1市3県3旗)
    • アルシャー左旗が寧夏回族自治区に編入。
    • アルシャー右旗が甘粛省武威専区に編入。
    • エジン旗が甘粛省酒泉専区に編入。
  • 1970年10月30日 - ウラド中後連合旗の一部が分立し、チョグ(潮格)旗が発足。(1市3県4旗)
  • 1975年8月30日 - ウダ市がイフ・ジョー盟海勃湾市と合併し、地級市の烏海市となる。(3県4旗)
  • 1979年5月30日 - 寧夏回族自治区アルシャー左旗、甘粛省武威地区アルシャー右旗、酒泉地区エジン旗を編入。(3県7旗)
  • 1979年12月12日 - アルシャー右旗・アルシャー左旗・エジン旗がアルシャー盟に編入。(3県4旗)
  • 1981年8月21日 (3県4旗)
  • 1984年12月11日 - 臨河県が市制施行し、臨河市となる。(1市2県4旗)
  • 2003年12月1日 - バヤンノール盟が地級市のバヤンノール市に昇格。

バヤンノール市[編集]

  • 2003年12月1日 - バヤンノール盟が地級市のバヤンノール市に昇格。(1区2県4旗)
    • 臨河市が区制施行し、臨河区となる。