バリー・ヒルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

バリー・ヒルズBarry Hills1937年4月2日 - )は、イギリスで厩舎を構えていた元調教師および元騎手バーリントン・ヒルズ[1]バリントン・ウィリアムズ・ヒルズ[2]とも呼ばれている。

息子が4人おり、そのうちのジョン・ヒルズは調教師、マイケル・ヒルズとリチャード・ヒルズは双子で共に騎手である。

目次

来歴

騎手を経て、1958年にジョン・オクスレイ調教師の下でヘッドラッドに転身して厩舎経営のノウハウを学んだ後、1969年に調教師免許を取得した。

その後は管理馬がヨーロッパ各地のG1競走を制し、イギリスを代表する調教師として挙げられている。

また、2002年にはジャパンカップストーミングホームを出走させるために来日したが、12番人気で15着に終わっている。

2009年には喉頭癌の治療を行った。

2011年8月21日に調教師を引退した。同年のカルティエ賞の特別賞に選出された。

主な管理馬

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 競馬ブック 2011年11月27日号 カルティエ賞記事
  2. ^ 週刊ギャロップ 2011年11月27日号「ワールドニュース」

参考文献

  • 競馬ブック 2011年11月27日号 カルティエ賞記事
  • 週刊ギャロップ 2011年11月27日号「ワールドニュース」

関連項目