バリー・ロブソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バリー・ロブソン Football pictogram.svg
名前
本名 バリー・ゴードン・ジョージ・ロブソン
Barry Gordon George Robson
ラテン文字 Barry ROBSON
基本情報
国籍 スコットランドの旗 スコットランド
生年月日 (1978-11-07) 1978年11月7日(40歳)
出身地 アバディーン
身長 180cm
体重 76.2kg
選手情報
ポジション MF (RMF)
利き足 左足
ユース
1995-1997 スコットランドの旗 レンジャーズ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-2003 スコットランドの旗 インヴァネス 135 (17)
1999-2000 スコットランドの旗 フォーファー英語版 (loan) 25 (9)
2003-2008 スコットランドの旗 ダンディー・U 145 (32)
2008-2010 スコットランドの旗 セルティック 42 (4)
2010-2012 イングランドの旗 ミドルズブラ 87 (17)
2012 カナダの旗 バンクーバー・ホワイトキャップス 17 (3)
2013 イングランドの旗 シェフィールド・U 17 (2)
2013-2016 スコットランドの旗 アバディーン 60 (4)
1997-2016 通算 528 (88)
代表歴2
2005-2007 スコットランドの旗 スコットランド B 2 (0)
2007-2012 スコットランドの旗 スコットランド 17 (0)
監督歴
2016- スコットランドの旗 アバディーン U-20
1. 国内リーグ戦に限る。2017年1月28日現在。
2. 2012年3月11日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

バリー・ゴードン・ジョージ・ロブソンBarry Gordon George Robson, 1978年11月7日 - )は、スコットランドアバディーン出身の元同国代表サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションは基本的に左サイドハーフであったが、中盤ならどこでも務めることが出来、また、左サイドバックとしてもプレーした[1]

レンジャーズFCの下部組織でキャリアを開始後、インヴァネス・カレドニアン・シッスルFCダンディー・ユナイテッドFCを経て、レンジャーズとライバル関係にあるセルティックFCへ移籍する。スコットランドを去った後は、イングランドへ渡ってミドルズブラFCで2年半、カナダバンクーバー・ホワイトキャップスで1年、再びイングランドへ渡りシェフィールド・ユナイテッドFCで1シーズン過ごした。2013年夏にスコットランドへ帰国し、アバディーンFCと契約した。

経歴[編集]

クラブ[編集]

初期[編集]

レンジャーズFCの下部組織でキャリアを開始した。能力の高さを証明していたものの、規律面に問題を抱えていたことでトップチームに昇格することはなかった[2]。1997年10月にインヴァネス・カレドニアン・シッスルFCと契約すると、定位置確保とはいかないまでも、1999年のスコティッシュ・ディヴィジョン1 (2部)昇格に貢献しており、1999-2000シーズンのフォーファー・アスレティックFCへの期限付き移籍から復帰後は、地位を確立した。

ダンディー・ユナイテッド[編集]

2002-03シーズンに公式戦13得点を挙げる活躍により、2003年5月にダンディー・ユナイテッドFCからオファーが届き[3]、16日に推定移籍金5万から10万ポンドで3年契約を締結する[4]。デビュー戦で退場する良くないスタートを切ったが、加入1季目から主力としてプレーし、特に2004-05シーズンは、2試合を除く全試合に出場する程にチームにとって不可欠な存在となっており、下位に低迷するチームの中にあってチーム2位となる公式戦9得点を挙げる得点力の高さを見せ、シーズン終了後に新たに3年契約を締結した[5]。なお、同シーズン最後の試合となったインヴァネス戦で古巣相手に得点し、チームの1部残留に貢献している[6]

主将としてスタートを切った[7]2006-07シーズンは、開幕戦のフォルカークFC戦で得点を挙げ、8月下旬のセント・ミレンFC戦において、ダンディー・ユナイテッドでの通算100試合目を飾ると共に2得点を挙げた。その後も得点を重ねていく中で2007年2月には契約を2011年まで延長[8]し、3月中旬のハート・オブ・ミドロシアンFC (ハーツ)戦でキャリア初となるハットトリックを達成[9]しており、最終的にミッドフィルダーながらリーグ戦で11得点を記録した。翌2007-08シーズンのロブソンは、2008年1月末の時点でチームの点取り屋であるノエル・ハント英語版よりも上で、リーグ2位となる11得点を挙げるなど、昨季以上に得点力の高さを見せつけており、特に2008年1月中の試合では、ハーツ戦でのハットトリック[10]を含む6得点を挙げていた。

セルティック[編集]

2008年1月31日に移籍金100万ポンド+ジム・オブライエン英語版のダンディー・ユナイテッドへの期限付き移籍でセルティックFCと3年半契約を締結する[11]。2月10日のアバディーンFC戦で初出場を飾ると共にファーストタッチとなったフリーキック (FK)によって初得点を挙げる[12]と、自身最初のUEFAチャンピオンズリーグの試合となったFCバルセロナ戦において、エイダン・マクギーディからのボールに対し、頭でビクトル・バルデスの頭上を越えるループシュートを放ち、セルティックでの2得点目を挙げた[13]。4月27日、自身初となるレンジャーズFCとのオールドファームで決勝点のペナルティーキック (PK)を決めた[14]。以後のシーズンは、控えの立場から抜け出すことは出来なかった。

ミドルズブラ[編集]

2010年1月、セルティックで師事したゴードン・ストラカン監督率いるフットボールリーグ・チャンピオンシップ (イングランド2部)のミドルズブラFCに同僚のウィロ・フラッド英語版クリス・キレンと共に移籍し、ロブソンは移籍金非公開の2年半契約を締結した[15]。なお、数日後にはセルティックからスティーヴン・マクマナススコット・マクドナルドも合流している。1月29日のブリストル・シティFC戦がホームデビュー戦であり、退場となった[16]。2月13日のピーターバラ・ユナイテッドFC戦では、負傷したガリー・オニールの代役として主将を務めると共に初得点にして決勝点を挙げた[17]。その後、27日のクイーンズ・パーク・レンジャーズFC戦で2度のPK[18]、3月13日のニューカッスル・ユナイテッドFCとのタイン・ティーズ・ダービー英語版[19]と、3日後のダービー・カウンティFC戦でそれぞれ1得点を挙げた[20]

翌2010-11シーズンも昨季と同様に中心選手としてプレーしており、2010年9月18日のレディングFC戦において、リバーサイドの試合史上最速となる試合開始24秒で得点を挙げ[21]、以後、10月2日のポーツマスFC戦でのPK、1月15日のブリストル・シティFC戦、5月2日のカーディフ・シティFC戦、5月7日のドンカスター・ローヴァーズFC戦でのFKで、リーグ戦5得点を記録した。ミドルズブラでの最後となった2011-12シーズンは、8月16日のバーンズリーFC戦でシーズン初得点を挙げて以来、8月21日のバーミンガム・シティFCでのFK、3日後に行われたフットボールリーグカップのピーターバラ・ユナイテッド戦、10月15日のミルウォールFC戦、11月1日のドンカスター・ローヴァーズ戦での2得点と、前半戦の間に5得点を挙げてチームの上位進出に貢献しており、その後も12月26日のハル・シティFC戦で35ヤードから決勝点を挙げ、2012年1月29日にスタジアム・オブ・ライトで行われたFAカップサンダーランドAFC戦では左足によるボレーシュートを決めるなど得点力を発揮してチームの攻撃を牽引していた。また、主将のマシュー・ベイツ英語版が負傷した際には、シーズン終了まで代役を務めた[22]ように地位を築いており、4月にはミドルズブラの公式サポーターズクラブから2011-12シーズンの年間最優秀選手に選出された[23]。4月28日のワトフォードFC戦において、マルヴィン・エムネス英語版の得点をアシストしたのがミドルズブラでの最後の試合だった[24]

バンクーバー・ホワイトキャップス[編集]

2012年2月に特別指定選手として、メジャーリーグサッカー (アメリカ1部)のバンクーバー・ホワイトキャップスと7月からの3年契約を締結する[25]。7月5日のコロラド・ラピッズ戦において、右サイドハーフで初出場を飾り[26]、本拠地BCプレイス・スタジアムでのデビュー戦となった7月19日のロサンゼルス・ギャラクシー戦で初得点を挙げると共に自身のプロキャリア通算100得点目を挙げた[27]。以後、主力としてプレーする中、8月に主将のジェイ・デメリットが負傷離脱した際には、デメリットが復帰するまでの間、主将を任された[28]ように加入早々マーティン・レニー英語版監督の信頼を勝ち取っていた。しかし、その一方で審判に対して激しく抗議する姿や同僚を叱責する姿は好ましくないものとしてメディアなどから批判されており、英国と北米のサッカー文化の違いに苦労し、決して順風満帆ではなかった[29][30]。最終的に17試合(先発16)3得点2アシストを記録した後、家族が環境の違いに慣れないこともあり、話し合いの末に2013年1月21日に契約解消することが決定した[30][31]

シェフィールド・ユナイテッド[編集]

バンクーバー・ホワイトキャップスを退団し、自由契約選手となった後は、古巣ミドルズブラで練習していた[32]ものの、2013年1月の移籍市場最終日である31日にフットボールリーグ1 (イングランド3部)のシェフィールド・ユナイテッドFC2012-13シーズン終了までの契約で合意した[33]。翌日のコヴェントリー・シティFC戦で後半から初出場を飾ると、ファーストタッチとなったコーナーキック (CK)でデイヴ・キットソンの得点をアシストする[34]良好なスタートを切ったロブソンは、数週間後に行われたコルチェスター・ユナイテッドFC戦で初先発を務めると共にPKで初得点を挙げた[35]。シェフィールド・ユナイテッドでは、34歳のベテランながらも定位置を確保していたが、2部昇格に失敗したことでクラブから契約延長が提示されずに退団となった。

アバディーン[編集]

2013年6月、自身の生まれ故郷を拠点とするアバディーンFCと1年契約を締結し、ダンディー・ユナイテッド、セルティック、ミドルズブラで同僚だったフラッドと再会した[36][37]キルマーノックFCとの2013-14シーズン開幕戦で初出場を飾って以来、躍進するチームの中にあって、12月14日のセント・ミレン戦でCKを直接決めて初得点を挙げる[38]と、次のインヴァネス戦で2得点、2014年1月2日のダンディー・ユナイテッド戦でPKを決めてリーグ戦合計4得点を挙げ、リーグ3位に貢献。また、リーグカップにおいては、2014年3月16日に行われた古巣インヴァネスとの決勝戦に先発120分フル出場を果たし、PK戦を見事成功させて優勝に貢献した[39]。リーグ戦での上位進出とリーグカップのタイトル獲得に主力として尽力したことが評価され、2014年5月15日に契約が1年延長された[40]

現役引退[編集]

2015-16シーズン限りで現役引退を表明[41]。アバディーンのコーチングスタッフの一員となることが発表された[42]

代表[編集]

2005年12月1日、クラブでの同僚リー・ミラー英語版と共にB代表に初招集され[43]、7日のポーランドB戦に先発出場する[44]。2006年3月15日にはトルコB戦に出場した[45]

2007年8月13日に南アフリカとの親善試合へ向け、スコットランドA代表に初招集され[46]、22日の同試合で後半から出場を果たす[47]。同年9月にはリトアニア戦とフランス戦の2連戦に招集されるも未出場に終わり、以後同じ状況が続いていたが、ジョージ・バリー英語版監督体制下では定位置を確保していた[1]。2008年9月、2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選アイスランド戦において、まず、CKでカーク・ブロードフット英語版の得点をアシストする。後半にジェームズ・マクファデンのPKが弾かれると、マクファデンと共にリバウンドに向かい、最終的にマクファデンが触れたとして相手の得点と表記された[48][49]が、その後、FIFAの公式記録に自身の得点と記載された[50]。だが、スコットランドサッカー協会がFIFAに修正を働きかけたことでマクファデンの得点に修正された[51][52]

個人成績[編集]

クラブでの出場記録[編集]

出典:[53][54]

クラブ シーズン 国内リーグ カップ リーグカップ 国際大会 合計
所属リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
インヴァネス 1997-98 スコティッシュ・ディヴィジョン2 23 3 4 2 0 0 - 27 5
1998-99 16 0 1 0 1 0 - 18 0
1999-2000 スコティッシュ・ディヴィジョン1 4 0 0 0 2 0 - 6 0
2000-01 24 2 2 1 1 0 - 27 3
2001-02 34 2 3 1 4 2 - 41 5
2002-03 34 10 4 3 3 0 - 41 13
合計 135 17 14 7 11 2 - 160 26
フォーファー (loan) 1999-2000 スコティッシュ・ディヴィジョン3 25 9 3 1 0 0 - 28 10
合計 25 9 3 1 0 0 - 28 10
ダンディー・U 2003-04 スコティッシュ・プレミアリーグ 28 3 0 0 1 0 - 29 3
2004-05 36 6 5 1 4 1 - 45 8
2005-06[注釈 1] 31 1 1 0 1 0 2 0 35 1
2006-07 29 11 2 1 2 0 - 33 12
2007-08 21 11 1 1 2 0 - 24 12
合計 145 32 9 3 10 1 2 0 166 36
セルティック 2007-08 スコティッシュ・プレミアリーグ 15 2 0 0 0 0 1 1 16 3
2008-09 17 1 1 0 1 0 5 1 24 2
2009-10 10 1 0 0 1 0 4 1 15 2
合計 42 4 1 0 2 0 10 3 55 7
ミドルズブラ 2009-10 チャンピオンシップ 18 5 0 0 0 0 - 18 5
2010-11 32 5 0 0 1 0 - 33 5
2011-12 37 7 1 1 1 1 - 39 9
合計 87 17 1 1 2 1 - 90 19
バンクーバー・ホワイトキャップス 2012 メジャーリーグサッカー 17 3 0 0 0 0 - 18[a] 3
合計 17 3 0 0 0 0 - 18 3
シェフィールド・U 2012-13 フットボールリーグ1 17 2 0 0 0 0 - 18[b] 2
合計 17 2 0 0 0 0 - 18 2
アバディーン 2013-14 スコティッシュ・プレミアシップ 28 4 4 0 3 0 - 35 4
2014-15 20 0 0 0 2 0 5 0 27 2
2015-16 0 0 0 0 0 0 2 0 2 0
合計 48 4 4 0 5 0 7 0 64 4
キャリア通算成績 516 88 32 12 30 4 21 3 599 107
a. ^ MLSカップ1試合0得点を含む
b. ^ フットボールリーグ1プレーオフ1試合0得点を含む

注釈[編集]

  1. ^ ダンディー・ユナイテッド 2-2 ミリコスケン・パロ47を含む。BBCマッチレポートには途中出場となっているが、soccerbaseでは出場記録がない。

代表での成績[編集]

出典:[55]

スコットランド代表
出場 得点
2007 1 0
2008 5 0
2009 1 0
2010 5 0
2011 4 0
2012 1 0
Total 17 0

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

セルティック
アバディーン

個人[編集]

  • スコットランドPFA年間ベストイレブン英語版 : 2007-08

脚注[編集]

  1. ^ a b "Robson expects his usual role for Scotland"
  2. ^ "Barry Robson could have had 10 years at the top if he'd screwed nut as a kid, says ex-Rangers youth coach John Brown"
  3. ^ "Dundee Utd chase Robson"
  4. ^ "United snap up Robson"
  5. ^ "Midfielders agree Tannadice deals"
  6. ^ "Inverness CT 0-1 Dundee Utd" BBC Sport
  7. ^ "Robson to stay Tannadice skipper"
  8. ^ "Robson agrees new Tannadice deal"
  9. ^ "Hearts 0-4 Dundee United" BBC Sport
  10. ^ "Dundee United 4-1 Hearts" BBC Sport
  11. ^ "Celtic beat deadline to land Barry Robson"
  12. ^ "Even Nakamura is fearing for his place now that Celtic have genuine strength in depth"
  13. ^ "Celtic 2-3 Barcelona" BBC Sport
  14. ^ "Bhoys dent Gers' title tilt"
  15. ^ "Middlesbrough complete deals for Celtic trio Robson, Killen and Flood"
  16. ^ "Ten-man Boro held at home"
  17. ^ "Middlesbrough 1-0 Peterborough" BBC Sport
  18. ^ "Boro back to winning ways"
  19. ^ "Carroll grabs late point"
  20. ^ "Lita leveller denies Rams"
  21. ^ "Boro 3 Reading 1" gazettelive.co.uk
  22. ^ "Robson eyes big finale"
  23. ^ "Robbo Wins Fans Award"
  24. ^ "Barry Robson is leaving Boro with one big regret"
  25. ^ "Middlesbrough midfielder Barry Robson set for MLS switch"
  26. ^ "Darren Mattocks scores to send Whitecaps past Rapids"
  27. ^ "Galaxy score twice late to salvage draw with Whitecaps"
  28. ^ "Vancouver Whitecaps' depth to be tested vs. Dallas as Barry Robson straps on captain's armband"
  29. ^ "Vancouver Whitecaps’ culture-shocked Barry Robson faces turbulent times"
  30. ^ a b "Whitecaps part ways with Barry Robson"
  31. ^ "Whitecaps, Barry Robson go their separate ways Heralded Scottish midfielder 'never fully settled in Vancouver'"
  32. ^ "No Middlesbrough return for Barry Robson - Tony Mowbray"
  33. ^ "Sheffield United: Jonathan Forte and Barry Robson sign"
  34. ^ "Blades Match Report: Sheffield United 1 Coventry City 2" thestar.co.uk
  35. ^ "Sheffield United: Barry’s best is yet to come"
  36. ^ "Aberdeen sign Barry Robson from Sheffield United"
  37. ^ "Aberdeen complete signing of Barry Robson on pre-contract agreement"
  38. ^ "Barry Robson knocks wind out of Saints’ sails"
  39. ^ "Aberdeen 0-0 Inverness CT" BBCスポーツ
  40. ^ "Aberdeen: Russell Anderson & Barry Robson sign new deals"
  41. ^ Aberdeen 0-4 Ross County: Derek McInnes disappointed by Barry Robson farewell”. BBC Sport (2016年5月15日). 2017年2月4日閲覧。
  42. ^ Barry Robson joins Aberdeen coaching staff after retirement”. BBC Sport (2016年5月18日). 2017年2月4日閲覧。
  43. ^ "Boyd given the chance to impress Smith Scotland coach looks to Future, reports Mark Wilson"
  44. ^ "Football: FUTURE'S LOOKING BRIGHT; Scotland 2 Poland 0." thefreelibrary.com
  45. ^ "Scotland Future 2-3 Turkey Future" BBCスポーツ
  46. ^ "SCOTLAND SQUAD TO FACE SOUTH AFRICA" scottishfa.co.uk
  47. ^ "Scotland 1-0 South Africa" BBCスポーツ
  48. ^ "Ten-man Scots win in Iceland"
  49. ^ "Iceland 1-2 Scotland" BBCスポーツ
  50. ^ "Match report: Iceland 1 Scotland 2" fifa.com
  51. ^ "McFadden finally scores the goal!"
  52. ^ "Scotland Ace James McFadden Is Awarded Goal Claimed By Barry Robson"
  53. ^ Barry Robson”. soccerbase. 2015年8月5日閲覧。
  54. ^ Barry Robson”. mlssoccer.com. 2015年8月5日閲覧。
  55. ^ Barry Robson”. eu-football. 2015年8月5日閲覧。