バルス・ホト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

バルス・ホト(モンゴル語: Бaрс хот)とは、かつてモンゴル国ドルノド県に存在した都城。現在では契丹時代のバルス=ホト1遺跡、匈奴時代のバルス=ホト2遺跡、大元ウルス-北元時代のバルス=ホト3遺跡が発掘されている[1]

概要[編集]

元史』によると、1365年順帝トゴン・テムルの治世に反乱を起こしたトチン・テムルは敗れて漠北の「八児思(バルス)」にまで逃れたが、嶺北行省左丞相山僧と知枢密院事魏サイン・ブカに討たれたという。その後、江南を平定した朱元璋明朝を建国し、朱元璋の派遣した軍によってトゴン・テムルは大都を追われ北方へ逃れた。当初、トゴン・テムルは上都に逃れたが、そこも明朝の攻撃によって陥落し、応昌に逃れた所で病死し、代わってアユルシリダラがハーンとなった。応昌もまた1370年に明軍の攻撃によって陥落し、アユルシリダラは再び北遷したが、1372年カラコルムに入城するまでの足跡は明らかになっていない。

一方、蒙古源流などのモンゴル年代記では大都を追われたトゴン・テムルがケルレン河のほとりの「バルス・ホト」に逃れたことが記されている[2]。トゴン・テムルがケルレン河に至ったというのは誤りとされるが、応昌を追われたアユルシリダラが一時住んでいたのがバルス・ホトではないかと推測されている。これを裏付けるように、バルス=ホト3遺跡では皇帝の居所に用いられる龍の装飾のある黄緑色の釉薬のかかった屋根瓦などが出土している[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 白石2002,287頁
  2. ^ 岡田2004,176頁
  3. ^ 白石2002,293頁

参考文献[編集]

  • 岡田英弘訳注『蒙古源流』刀水書房、2004年
  • 白石典之『モンゴル帝国史の考古学的研究』同成社、2002年