バルチュク・アルト・テギン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

バルチュク・アルト・テギン(生没年不詳)は、13世紀初頭に活躍した天山ウイグル王国の王。モンゴル帝国の周辺国家の中で最も早く帰順し、モンゴル帝国の創始者チンギス・カンから「5番目の息子」と称されるほどの厚遇を受けたことで知られる。

経歴・人物[編集]

バルチュク・アルト・テギンはウイグル人の伝説上の君主ブク・カガンの末裔を称する王家の出で、父親はヨスン・テムル(月仙帖木児)といった。

12世紀前半より天山ウイグル王国は西遼(カラ・キタイ)の属国となっていたが、西遼皇帝は年若いバルチュクが新たな国王となるとこれを侮り、太師僧(西丹僧とも)の少監を派遣してウイグル王国に圧政を敷いた。そこでバルチュクは国相のビルゲ・ブカの助言の下、当時勃興しつつあったモンゴル帝国を頼って西遼から離反することを決意した[1]。ビルゲ・ブカの指揮によって少監が殺されると、バルチュクはモンゴル帝国に使者を派遣して帰順の意を示した[2][3]

周辺諸国の中で最も早く帰順を決めたバルチュクをチンギス・カンは高く評価し、自らの「5番目の息子」として遇したという。モンゴル帝国への帰順後、バルチュクはホラズム遠征・西夏遠征に従軍して功績を挙げ、モンゴル帝国における地位を確かなものとした。バルチュクの活躍によってモンゴル時代を通じてウイグル王家は駙馬王家の一つとして繁栄を続けることとなった。 [4]

脚注[編集]

  1. ^ 安部1955,7-8頁
  2. ^ 『元史』巻124列伝11哈剌亦哈赤北魯伝,「哈剌亦哈赤北魯、畏兀人也。性聡敏、習事。国王月仙帖木児亦都護聞其名、自唆里迷国徴為断事官。月仙帖木児卒、子八児出阿児忒亦都護年幼、西遼主鞠児可汗遣使拠其国、且召哈剌亦哈赤北魯、至則以為諸子師。八児出阿児忒聞太祖明聖、乃殺西遼使、更遣阿隣帖木児都督等四人使西遼。阿隣帖木児都督者、哈剌亦哈赤北魯婿也。
  3. ^ 『元史』巻124列伝11岳璘帖穆爾伝,「岳璘帖穆爾、回鶻人、畏兀国相暾欲谷之裔也。其兄仳理伽普華、年十六、襲国相・答剌罕。時西契丹方強、威制畏兀、命太師僧少監来臨其国、驕恣用権、奢淫自奉。畏兀王患之、謀於仳理伽普華曰『計将安出』。対曰『能殺少監、挈吾衆帰大蒙古国、彼且震駭矣』。遂率衆囲少監、斬之」
  4. ^ 『元史』巻122列伝9巴而朮阿而忒的斤伝,「巴而朮阿而忒的斤亦都護、亦都護者、高昌国主号也。……居是者凡百七十餘載,而至巴而朮阿而忒的斤、臣於契丹。歳己巳、聞太祖興朔方、遂殺契丹所置監国等官、欲来附。未行、帝遣使使其国。亦都護大喜、即遣使入奏曰『臣聞皇帝威徳、即棄契丹旧好、方将通誠、不自意天使降臨下国、自今而後、願率部衆為臣仆』。是時帝征大陽可汗、射其子脱脱殺之。脱脱之子火都・赤剌温・馬札児・禿薛干四人、以不能帰全屍、遂取其頭渉也児的石河、将奔亦都護、先遣使往、亦都護殺之。四人者至、与大戦於檐河。亦都護遣其国相来報、帝復遣使還諭亦都護、遂以金宝入貢。辛未、朝帝於怯緑連河、奏曰『陛下若恩顧臣、使臣得与陛下四子之末、庶幾竭其犬馬之力』。帝感其言、使尚公主也立安敦、且得序於諸子。与者必那演征罕勉力・鎖潭回回諸国、将部曲万人以先。紀律厳明、所向克捷。又従帝征你沙卜里、征河西、皆有大功。既卒、而次子玉古倫赤的斤嗣」

参考文献[編集]

  • 安部健夫『西ウィグル国史の研究』中村印刷出版部、1955年
  • 杉山正明『モンゴル帝国と大元ウルス』京都大学学術出版会、2004年
  • 村上正二訳注『モンゴル秘史 3巻』平凡社、1976年
  • 元史』巻122列伝9
  • 新元史』巻109列伝13
  • 蒙兀児史記』巻36列伝18