バレアレス (重巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内 検索
艦歴
起工 1928年8月15日
進水 1932年4月28日
就役 1936年12月28日竣工、1937年就役。
退役
その後 1938年3月に戦没。
性能諸元
排水量 基準:10,670トン
常備:-トン
満載:13,200トン
全長 193.8m
全幅 19.5m
吃水 5.3m~6.5m 
機関 ヤーロー重油専焼缶8基
+パーソンズギヤードタービン4基2軸推進
最大主力 90,000hp
最大速力 33.0ノット
航続距離 15ノット/8,000海里
乗員 1,042名
兵装 1924年型 20.3cm(50口径)連装砲4基
1935年型 12cm(45口径)単装高角砲8基
40mm(60口径)機関砲12門
20mm機銃3丁
53.3cm三連装水上魚雷発射管4基12門
装甲 舷側:51mm
甲板:38mm
主砲塔:25mm(前盾)、25mm(側盾)、-mm(後盾)、70mm(天蓋)
火薬庫:114mm
司令塔:-mm

バレアレス(Baleares)はスペイン重巡洋艦である。カナリアス級の2番艦で、1928年8月25日起工、1932年4月20日に進水した。1936年7月スペインでは内戦が発生しエル・フェロルで建造中であった「バレアレス」は姉妹艦「カナリアス」と共に反乱軍の手に落ちた。1937年1月就役。

本艦は2月に「カナリアス」と共にマラガ艦砲射撃した。4月25日に座礁した戦艦ハイメ1世」の攻撃に出撃するも戦果なし。5月20日、「バレアレス」は地中海軽巡洋艦「リベルタード」「メンデス・ヌネス」などからなる政府軍艦隊と交戦。8月24日潜水艦「C6」の雷撃を受けるが命中なし。9月7日アルジェリアのシェルシェル岬沖の地中海において軽巡洋艦「リベルタード」「メンデス・ヌネス」などに護衛された船団を攻撃するが失敗、損傷する(シェルシェル岬沖海戦)。1938年3月6日、船団護衛中の重巡洋艦「バレアレス」「カナリアス」、軽巡洋艦「アルミランテ・セルベラ」などはカルタヘナの沖で政府軍の艦隊と遭遇、戦闘となった。この戦闘中に駆逐艦の雷撃によってバレアレスに魚雷が命中、轟沈した(パロス岬沖海戦)。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 「世界の艦船 1986年1月増刊号 近代巡洋艦史」(海人社)
  • 「世界の艦船 2006年6月号 回想の条約型重巡」(海人社)
  • 「Conway All The World's Fightingships 1922-1946」(Conway)