バレーボールウルグアイ男子代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Volleyball (indoor) pictogram.svgバレーボールウルグアイ男子代表
国または地域 ウルグアイの旗 ウルグアイ
大陸連盟 南米バレーボール連盟
協会 ウルグアイバレーボール連盟
国名コード URU (Uruguay)
FIVBランキング 137位(2017年7月版)[1]
オリンピック
出場回数 0回
世界選手権
出場回数 1回
初出場 1960 世界選手権
最高成績 13位(1960)
ワールドカップ
出場回数 0回
南米選手権
出場回数 23回
最高成績 2位準優勝(1951、1956、1971)
テンプレートを表示

バレーボールウルグアイ男子代表は、バレーボールの国際大会で編成されるウルグアイの男子バレーボールナショナルチームである。

歴史[編集]

1947年国際バレーボール連盟へ加盟[2]。第1回大会の1951年南米選手権に初出場、開催国を務めた第2回大会で2大会連続準優勝を飾ったウルグアイは南米の古参チームである。オリンピックの出場はないが、初の南米開催となった1960年世界選手権に初出場を果たし、1970年代にかけて南米の強豪の一角として活躍した。1980年代以降、ブラジル、アルゼンチン、ベネズエラの3強体制になると成績が低迷し、近年は南米選手権で出場国中最下位になるなど苦戦している。古豪復活への強化策の一環として、2010W杯サッカー代表のスアレスを起用することが話し合われている。

過去の成績[編集]

オリンピックの成績[編集]

世界選手権の成績[編集]

南米選手権の成績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ FIVB Senior World Ranking - Men”. FIVB. 2017年8月22日閲覧。
  2. ^ Confederación Sudamericana de Voleibol (CSV)”. FIVB. 2010年3月10日閲覧。

関連項目[編集]

  • バレーボールウルグアイ女子代表