バレーボールコロンビア女子代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Volleyball (indoor) pictogram.svgバレーボールコロンビア女子代表
国または地域  コロンビア
大陸連盟 南米バレーボール連盟
協会 コロンビアバレーボール連盟
国名コード COL (Colombia)
FIVBランキング 28位(2017年8月版)[1]
オリンピック
出場回数 0回
世界選手権
出場回数 0回
ワールドカップ
出場回数 0回
南米選手権
出場回数 15回
最高成績 3位(1991、2015)
テンプレートを表示

バレーボールコロンビア女子代表(バレーボールコロンビア じょしだいひょう)は、バレーボールの国際大会で編成されるコロンビアの女子バレーボールナショナルチームである。

南アメリカ大陸の女子バレーボール界は、ブラジルペルーが圧倒的な力を誇るが、コロンビアは1991年の大陸選手権において初の銅メダルを獲得した。2015年の南米選手権でも3位となり、ワイルドカードで初出場した同年のワールドグランプリにおいて、23位に食い込む活躍を見せた[2]

過去の成績[編集]

オリンピックの成績[編集]

世界選手権の成績[編集]

  • 出場なし

ワールドカップの成績[編集]

  • 出場なし

南米選手権の成績[編集]

現在の代表[編集]

2015年FIVBバレーボール・ワールドグランプリに登録されたメンバー[3][4]

監督 アルゼンチンの旗 エドゥアルド・ギョーム
No. 選手名 シャツネーム 身長 所属 P 備考
1 パオラ・アンプディア Paola 183 LIGA VALLECAUCANA
2 イェイシ・ソト Yeisy 186 LIGA BOLIVARENSE
3 ダニエラ・カストロ Daniela 184 LIGA BOLIVARENSE
4 ガブリエラ・コネオ Gabriela 180 LIGA BOLIVARENSE
5 オリアナ・ゲレロ Oriana 177 LIGA BOLIVARENSE
6 マヌエラ・バルガス Manuela 173 LIGA ANTIOQUEÑA
7 リビス・マルモレホ Libys 181 LIGA ANTIOQUEÑA
8 マリア・カラバジョ Maria Paula 187 LIGA BOLIVARENSE
9 ユラニ・ロマーニャ Yuranny 181 LIGA ANTIOQUEÑA
10 ディアナ・アレチェア Diana 176 LIGA VALLECAUCANA
11 ダナ・エスコバル Danna 195 LIGA VALLECAUCANA
12 イボンネ・モンターニョ Ivonne 187 LIGA VALLECAUCANA
13 カミラ・ゴメス Camila 158 LIGA VALLECAUCANA L
14 バレリア・アレグリアス Valeria 182 LIGA VALLECAUCANA
15 マリア・マリン Maria Alejandra 178 LIGA BOLIVARENSE 主将
16 マデライネ・モンターニョ Madelaynne 186 LIGA VALLECAUCANA OP
17 ダヤナ・セゴビア Dayana 182 LIGA BOLIVARENSE
18 シンディ・ラミレス Cindy 195 LIGA VALLECAUCANA
19 マリア・マルティネス Margarita 178 LIGA VALLECAUCANA
20 アマンダ・コオネ Amanda 177 LIGA BOLIVARENSE

歴代代表選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ FIVB. “FIVB Senior World Ranking - Women”. 2017年8月22日閲覧。
  2. ^ 日本バレーボール協会. “試合結果”. 2016年1月7日閲覧。
  3. ^ TEAM ROSTER
  4. ^ FIVB女子バレーボールワールドグランプリ2015さいたま大会 オフィシャルプログラム 43ページ

関連項目[編集]