バレーボール大韓民国男子代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Volleyball (indoor) pictogram.svgバレーボール大韓民国男子代表
国または地域 大韓民国の旗 韓国
大陸連盟 アジアバレーボール連盟
協会 韓国バレーボール協会
監督 パク・ギウォン
国名コード KOR (Korea)
FIVBランキング 21位(2017年7月版)[1]
オリンピック
出場回数 8回
初出場 1964 東京
最高成績 5位(1984)
世界選手権
出場回数 9回
初出場 1956 世界選手権
最高成績 4位(1978)
ワールドカップ
出場回数 8回
初出場 1977 ワールドカップ
最高成績 5位(1991、1995)
アジア選手権
出場回数 15回
最高成績 金メダル優勝(1989、1993、2001、2003)
テンプレートを表示

バレーボール大韓民国男子代表(バレーボールだいかんみんこく だんしだいひょう)は、バレーボールの国際大会で編成される大韓民国の男子バレーボールナショナルチームである。

歴史[編集]

1959年国際バレーボール連盟へ加盟[2]2002年釜山アジア大会2006年ドーハアジア大会では2大会連続の優勝を飾った。

しかし、三大大会でのメダル獲得を一度も獲得をしたことがなく世界選手権ワールドカップには現在でも出場しているが、オリンピックの出場も2000年シドニーオリンピックを最後に出場をしておらず、2004年アテネオリンピック以降の世界最終予選で逃し続けている。

過去の成績[編集]

オリンピックの成績[編集]

世界選手権の成績[編集]

ワールドカップの成績[編集]

アジア選手権の成績[編集]

現在の代表[編集]

2012年ロンドンオリンピック世界最終予選に登録された主なメンバー[3]

監督 大韓民国の旗パク・ギウォン
No. 選手名 シャツネーム 身長 所属 P 備考
1 チョン・ガンイン JEON Kwang-in 193 成均館大学校
2 ハン・ソンス HAN Sun-soo 189 大韓航空
3 クォン・ヨンミン KWON Young-min 190 現代キャピタル Captain sports.svg
4 チン・サンホン JIN Sang-houn 200 大韓航空
5 ヨ・オヒョン YEO Oh-hyun 175 三星火災 L
6 チェ・ミンホ CHOI Min-ho 198 現代キャピタル
7 イ・ソンギュ LEE Sun-kyu 199 現代キャピタル
8 キム・ハクミン KIM Hak-min 193 大韓航空
9 イ・カンウォン LEE Kang-won 198 慶熙大学校
10 ユン・ボンウ YUN Bong-woo 199 現代キャピタル
11 パク・チョルウ PARK Chul-woo 190 三星火災
12 ブ・ヨンチャン BU Young-chan 175 LIG損害保険
13 チェ・ホンスク CHOI Hong-suk 195 ドリームシックス
14 キム・ヨハン KIM Yo-han 200 LIG損害保険
15 ハ・ヒョンヨン HA Hyun-yong 198 尚武
16 キム・チョンファン KIM Jeong-hwan 196 ドリームシックス
17 ハ・ギョンミン HA Kyoung-min 201 KEPCO45
18 シン・ヨンソク SHIN Yung-suk 198 ドリームシックス
19 イ・カンジュ LEE Kang-joo 185 ドリームシックス
20 イム・ドンギュ IM Dong-kyu 195 現代キャピタル

歴代代表監督[編集]

歴代代表選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ FIVB Senior World Ranking - Men”. FIVB. 2017年8月22日閲覧。
  2. ^ Asian Volleyball Confederation (AVC)”. FIVB. 2015年4月7日閲覧。
  3. ^ 2012年ロンドンオリンピックバレーボール世界最終予選 公式プログラム

関連項目[編集]