バレーボール第2回実業団リーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第2回実業団リーグ
開始年 1969
終了年 1998
主催 日本バレーボール協会
日本実業団バレーボール連盟
参加チーム数 男子:6
女子:6
加盟国 日本の旗 日本
前回優勝 男子:旭化成旭陽会
女子:富士フイルム
サイト 日本バレーボール協会
テンプレートを表示

バレーボール 第2回実業団リーグ(バレーボール だい2かいじつぎょうだんリーグ)は、1970年12月19日から1971年3月7日にかけて行われた全国実業団バレーボールリーグの大会である。

概要[編集]

日程[編集]

  • 男女とも1970年12月19日 - 1971年3月7日

試合方法[編集]

2回戦総当たりのリーグ戦を行い、優勝チームを決定する。

男子[編集]

参加チーム[編集]

前回順位 チーム名 備考
- 住友軽金属 日本リーグより降格
- 住友金属
3 東レ九鱗会
4 シチズン時計
5 日本ビクター
6 帝人三原

第1週[編集]

#101 1970年12月19日
住友金属
(1勝)
3 - 0
(15-4)
(15-9)
(15-7)
日本ビクター
(1敗)
駒沢屋内球技場
#102 1970年12月19日
住友軽金属
(1勝)
3 - 0
(15-6)
(15-5)
(15-10)
シチズン時計
(1敗)
仙台
#103 1970年12月20日
シチズン時計
(1勝1敗)
3 - 0
(15-6)
(15-5)
(15-13)
帝人三原
(1敗)
本吉

第2週[編集]

#104 1970年12月26日
住友軽金属
(2勝)
3 - 0
(15-9)
(15-6)
(16-14)
東レ九鱗会
(1敗)
洲本
#105 1970年12月27日
東レ九鱗会
(1勝1敗)
3 - 2
(15-10)
(15-10)
(2-15)
(9-15)
(15-12)
帝人三原
(2敗)
石山

第3週[編集]

#106 1971年1月9日
帝人三原
(1勝2敗)
3 - 0
(17-15)
(15-7)
(15-5)
日本ビクター
(2敗)
徳島市体育館
#107 1971年1月10日
住友金属
(2勝)
3 - 0
(15-10)
(15-9)
(15-6)
東レ九鱗会
(1勝2敗)
徳島市体育館

第4週[編集]

#108 1971年1月15日
シチズン時計
(2勝1敗)
3 - 2
(10-15)
(15-13)
(0-15)
(15-10)
(15-12)
東レ九鱗会
(1勝3敗)
三島市東レ厚生会館

第5週[編集]

#109 1971年1月16日
東レ九鱗会
(2勝3敗)
3 - 0
(15-13)
(15-5)
(15-11)
日本ビクター
(3敗)
橿原市体育館
#110 1971年1月16日
住友金属
(3勝)
3 - 2
(12-15)
(15-13)
(3-15)
(15-11)
(15-6)
住友軽金属
(2勝1敗)
名古屋市体育館
#111 1971年1月17日
住友軽金属
(3勝1敗)
3 - 0
(15-8)
(15-4)
(15-7)
帝人三原
(1勝3敗)
武生市体育館
#112 1971年1月17日
シチズン時計
(3勝1敗)
3 - 2
(15-13)
(15-10)
(11-15)
(13-15)
(15-9)
日本ビクター
(4敗)
津市体育館

第6週[編集]

#113 1971年1月22日
住友軽金属
(4勝1敗)
3 - 0
(15-7)
(15-13)
(15-11)
日本ビクター
(5敗)
小田原市富士フイルム体育館
#114 1971年1月23日
住友金属
(4勝)
3 - 0
(15-4)
(15-10)
(15-7)
帝人三原
(1勝4敗)
熊本市体育館

第7週[編集]

#115 1971年1月24日
住友軽金属
(5勝1敗)
3 - 0
(15-10)
(15-10)
(15-6)
東レ九鱗会
(2勝4敗)
群馬県スポーツセンター

第8週[編集]

#116 1971年1月30日
シチズン時計
(4勝1敗)
3 - 0
(15-6)
(15-11)
(15-10)
日本ビクター
(6敗)
福島県営体育館
#117 1971年1月31日
住友軽金属
(6勝1敗)
3 - 0
(15-12)
(15-13)
(15-5)
シチズン時計
(4勝2敗)
福島県営体育館

第9週[編集]

#118 1971年2月6日
住友金属
(5勝)
3 - 1
(10-15)
(15-11)
(15-4)
(15-8)
帝人三原
(1勝5敗)
住金鹿島体育館
#119 1971年2月7日
住友金属
(6勝)
3 - 0
(15-10)
(15-10)
(15-10)
東レ九鱗会
(2勝5敗)
住金鹿島体育館

第10週[編集]

#120 1971年2月9日
住友金属
(7勝)
3 - 2
(15-12)
(14-16)
(15-7)
(2-15)
(15-4)
シチズン時計
(4勝3敗)
駒沢体育館
#121 1971年2月10日
住友軽金属
(7勝1敗)
3 - 2
(12-15)
(15-10)
(15-10)
(8-15)
(15-9)
帝人三原
(1勝6敗)
日本鋼管体育館

第11週[編集]

#122 1971年2月13日
帝人三原
(2勝6敗)
3 - 0
(15-6)
(15-3)
(15-11)
日本ビクター
(7敗)
三原工業高校体育館
#123 1971年2月14日
東レ九鱗会
(3勝5敗)
3 - 0
(15-10)
(15-8)
(15-7)
帝人三原
(2勝7敗)
松山市新田高校体育館

第12週[編集]

#124 1971年2月20日
東レ九鱗会
(4勝5敗)
3 - 0
(15-13)
(15-7)
(15-6)
日本ビクター
(8敗)
鶴岡市営体育館
#125 1971年2月21日
シチズン時計
(5勝3敗)
3 - 0
(15-8)
(15-10)
(15-6)
帝人三原
(2勝8敗)
鶴岡市営体育館

第13週[編集]

#126 1971年2月27日
住友金属
(8勝)
3 - 1
(14-16)
(16-14)
(16-14)
(15-2)
シチズン時計
(5勝4敗)
三萩野体育館
#127 1971年2月28日
住友金属
(9勝)
3 - 0
(15-9)
(15-1)
(17-15)
日本ビクター
(9敗)
下関市体育館

第14週[編集]

#128 1971年3月6日
住友軽金属
(8勝1敗)
3 - 0
(15-12)
(15-3)
(15-12)
日本ビクター
(10敗)
駒沢屋内球技場
#129 1971年3月7日
東レ九鱗会
(5勝5敗)
3 - 1
(9-15)
(15-7)
(15-2)
(16-14)
シチズン時計
(5勝5敗)
駒沢屋内球技場
#130 1971年3月7日
住友金属
(10勝)
3 - 0
(16-14)
(15-8)
(15-11)
住友軽金属
(8勝2敗)
駒沢屋内球技場

最終順位[編集]

順位 チーム名 試合数 勝数 敗数 勝率 備考
優勝 住友金属 10 10 0 1.000
準優勝 住友軽金属 10 8 2 0.800
3 シチズン時計 10 5 5 0.500 セット率 1.000
4 東レ九鱗会 10 5 5 0.500 セット率 0.944
5 帝人三原 10 2 8 0.200
6 日本ビクター 10 0 10 0.000

個人賞[編集]

No. 賞名 受賞者 所属チーム 備考
1 最優秀選手賞 田中純一 住友金属
2 殊勲賞 渡部一史 住友軽金属
3 敢闘賞 角田正三 シチズン時計
4 スパイク賞 小島伸介 住友軽金属
5 ブロック賞 長井潤三 住友軽金属
6 サーブ賞 望月勇紀夫 日本ビクター

女子[編集]

参加チーム[編集]

前回順位 チーム名 備考
1 富士フイルム
2 東京三洋電機
3 電電神戸
4 日本鋼管
5 住友軽金属
- 大洋デパート 初参加

第1週[編集]

#201 1970年12月19日
日本鋼管
(1勝)
3 - 0
(16-14)
(15-10)
(15-7)
住友軽金属
(1敗)
駒沢球技場
#202 1970年12月19日
富士フイルム
(1勝)
3 - 0
(15-9)
(15-6)
(15-9)
電電神戸
(1敗)
仙台
#203 1970年12月20日
富士フイルム
(2勝)
3 - 1
(13-15)
(15-10)
(15-6)
(15-10)
大洋デパート
(1敗)
本吉

第2週[編集]

#204 1970年12月26日
東京三洋電機
(1勝)
3 - 0
(15-6)
(15-8)
(15-6)
電電神戸
(2敗)
洲本
#205 1970年12月27日
東京三洋電機
(2勝)
3 - 0
(15-4)
(15-6)
(15-6)
住友軽金属
(2敗)
石山

第3週[編集]

#206 1971年1月9日
日本鋼管
(2勝)
3 - 0
(15-10)
(15-5)
(15-10)
大洋デパート
(2敗)
徳島市体育館
#207 1971年1月10日
東京三洋電機
(3勝)
3 - 0
(15-9)
(15-8)
(15-10)
大洋デパート
(3敗)
徳島市体育館

第4週[編集]

#208 1971年1月15日
日本鋼管
(3勝)
3 - 0
(15-12)
(15-10)
(15-0)
電電神戸
(3敗)
三島市東レ厚生会館

第5週[編集]

#209 1971年1月16日
東京三洋電機
(4勝)
3 - 0
(15-12)
(15-2)
(15-5)
富士フイルム
(2勝1敗)
橿原市体育館
#210 1971年1月16日
大洋デパート
(1勝3敗)
3 - 0
(15-10)
(16-14)
(15-6)
住友軽金属
(3敗)
名古屋市体育館
#211 1971年1月17日
電電神戸
(1勝3敗)
3 - 0
(15-12)
(15-13)
(15-8)
住友軽金属
(4敗)
武生市体育館
#212 1971年1月17日
東京三洋電機
(5勝)
3 - 2
(15-2)
(12-15)
(15-6)
(7-15)
(15-6)
日本鋼管
(3勝1敗)
津市体育館

第6週[編集]

#213 1971年1月22日
富士フイルム
(3勝1敗)
3 - 0
(15-2)
(15-13)
(15-4)
日本鋼管
(3勝2敗)
小田原市富士フイルム体育館
#214 1971年1月23日
大洋デパート
(2勝3敗)
3 - 2
(13-15)
(15-8)
(7-15)
(15-2)
(15-10)
電電神戸
(1勝4敗)
熊本市体育館

第7週[編集]

#215 1971年1月24日
東京三洋電機
(6勝)
3 - 0
(15-5)
(15-6)
(15-6)
住友軽金属
(5敗)
群馬県スポーツセンター

第8週[編集]

#216 1971年1月30日
日本鋼管
(4勝2敗)
3 - 2
(16-14)
(15-6)
(5-15)
(12-15)
(16-14)
富士フイルム
(3勝2敗)
福島県営体育館
#217 1971年1月31日
日本鋼管
(5勝2敗)
3 - 0
(15-6)
(15-13)
(15-7)
電電神戸
(1勝5敗)
福島県営体育館

第9週[編集]

#218 1971年2月6日
富士フイルム
(4勝2敗)
3 - 1
(15-11)
(15-10)
(13-15)
(15-12)
東京三洋電機
(6勝1敗)
住金鹿島体育館
#219 1971年2月7日
日本鋼管
(6勝2敗)
3 - 0
(15-2)
(15-9)
(15-6)
住友軽金属
(6敗)
住金鹿島体育館

第10週[編集]

#220 1971年2月9日
大洋デパート
(3勝3敗)
3 - 0
(15-8)
(15-12)
(15-11)
電電神戸
(1勝6敗)
駒沢体育館
#221 1971年2月10日
日本鋼管
(7勝2敗)
3 - 0
(15-6)
(15-8)
(15-8)
大洋デパート
(3勝4敗)
日本鋼管体育館

第11週[編集]

#222 1971年2月13日
電電神戸
(2勝6敗)
3 - 0
(15-7)
(15-7)
(15-10)
住友軽金属
(7敗)
三原工業高校体育館
#223 1971年2月14日
大洋デパート
(4勝4敗)
3 - 0
(15-13)
(15-5)
(15-10)
住友軽金属
(8敗)
松山市新田高校体育館

第12週[編集]

#224 1971年2月20日
富士フイルム
(5勝2敗)
3 - 0
(15-8)
(15-4)
(15-3)
住友軽金属
(9敗)
鶴岡市営体育館
#225 1971年2月21日
東京三洋電機
(7勝1敗)
3 - 0
(15-5)
(15-6)
(15-9)
電電神戸
(2勝7敗)
鶴岡市営体育館
#226 1971年2月21日
富士フイルム
(6勝2敗)
3 - 0
(15-5)
(15-5)
(15-4)
住友軽金属
(10敗)
鶴岡市営体育館

第13週[編集]

#227 1971年2月27日
富士フイルム
(7勝2敗)
3 - 0
(15-10)
(15-1)
(15-9)
大洋デパート
(4勝5敗)
三萩野体育館
#228 1971年2月28日
東京三洋電機
(8勝1敗)
3 - 0
(15-4)
(15-13)
(15-4)
大洋デパート
(4勝6敗)
下関市体育館

第14週[編集]

#229 1971年3月6日
富士フイルム
(8勝2敗)
3 - 0
(15-2)
(18-16)
(15-9)
電電神戸
(2勝8敗)
駒沢屋内球技場
#230 1971年3月7日
東京三洋電機
(9勝1敗)
3 - 1
(9-15)
(15-10)
(17-15)
(17-15)
日本鋼管
(7勝3敗)
駒沢屋内球技場

最終順位[編集]

順位 チーム名 試合数 勝数 敗数 勝率 備考
優勝 東京三洋電機 10 9 1 0.900
準優勝 富士フイルム 10 8 2 0.800
3 日本鋼管 10 7 3 0.700
4 大洋デパート 10 4 6 0.400
5 電電神戸 10 2 8 0.200
6 住友軽金属 10 0 10 0.000

個人賞[編集]

No. 賞名 受賞者 所属チーム 備考
1 最優秀選手賞 北島カヂ子 東京三洋電機
2 殊勲賞 館野サツエ 富士フイルム
3 敢闘賞 本郷郁子 日本鋼管
4 スパイク賞 北島カヂ子 東京三洋電機
5 ブロック賞 徳増雅子 日本鋼管
6 サーブ賞 笹原栄子 大洋デパート

脚注[編集]

  • 本記事のマッチナンバーは編集の便宜上付番したものです。

参考文献[編集]

  • VOLLEYBALL(日本バレーボール協会機関誌)1971年2月号 81ページ
  • VOLLEYBALL(日本バレーボール協会機関誌)1971年3月号 82ページ
  • VOLLEYBALL(日本バレーボール協会機関誌)1971年4月号 74ページ
  • VOLLEYBALL(日本バレーボール協会機関誌)1971年5月号 84ページ

関連項目[編集]