バンコク・ユナイテッドFC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バンコク・ユナイテッドFC
原語表記 สโมสรฟุตบอลทรูแบงค็อก ยูไนเต็ด
愛称 バンコク・エンジェルス
クラブカラー グリーン
創設年 1988年
所属リーグ タイ・リーグ1
ホームタウン パトゥムターニー
ホームスタジアム タンマサート・スタジアム
収容人数 25,000人
代表者 タイ王国の旗 Apirak Kosayodhin
監督 タイ王国の旗 Suwaroch Apiwatwarachai
公式サイト 公式サイト
■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ

バンコク・ユナイテッドFCタイ語: สโมสรฟุตบอลทรูแบงค็อก ยูไนเต็ด, 英語: Bangkok United FC)は、タイ王国パトゥムターニー県に本拠を置くサッカークラブである。タイ・リーグ1に所属している。

概要[編集]

1988年、バンコク大学の学生チームとして発足。大学リーグと掛け持ちでタイの下部リーグに参加していたところ勝ち上がり続けたため、学生以外の選手も補強してリーグを戦い、2003年にはタイ1部リーグで優勝するまでの強豪に成長した。

2006年、バンコク・ユニバーシティFC時代に初めてリーグ優勝し、翌2007年にAFCチャンピオンズリーグへ初出場。川崎フロンターレ全南ドラゴンズ(韓国)と引き分けるなど善戦するも結局グループリーグ4位に終わった。

2007年には元アルビレックス新潟のMF深澤仁博選手が1年間所属し、2008年からは同じく元新潟の末岡龍二が所属するなど日本人とも縁が深い。

ソムチャイ監督は以前にJSL2部のコスモ石油で1年ほどプレーしたことがあり、日本語がある程度理解できる。

2009年、チーム名をバンコク・ユニバーシティFCからバンコク・ユナイテッドFCに変更し、ホームスタジアムもタンマサート・スタジアムからタイ・ジャパニーズ・スタジアムに移転した。

2012年、元ロアッソ熊本のFW宇留野純が加入。

2016年、再びホームスタジアムをタイ・ジャパニーズ・スタジアムからタンマサート・スタジアムに移転。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

2002/03年シーズン
2006年

国際大会成績[編集]

最高成績:グループリーグ4位 (2007年大会)

過去の成績[編集]

年度 所属 順位 FAカップ リーグカップ コー・ロイヤルカップ ACL AFCカップ
2002-03 ディヴィジョン1 1位
2003-04 プレミア 4位 18 31 9 4 5 26 22
2004-05 プレミア 7位 18 22 5 7 6 16 21
2006 プレミア 1位 22 39 11 6 5 25 17
2007 プレミア 4位 30 47 14 5 11 39 36 グループリーグ
2008 プレミア 10位 30 35 9 8 13 28 36
2009 プレミア 13位 30 30 5 15 10 24 34 ベスト8
2010 プレミア 15位 30 24 5 9 16 25 52 4回戦 ベスト8
2011 ディヴィジョン1 6位 34 51 15 6 13 54 49 2回戦 1回戦
2012 ディヴィジョン1 3位 34 74 23 5 6 57 29 3回戦 1回戦
2013 プレミア 13位 32 31 8 7 17 38 61 4回戦 1回戦
2014 プレミア - 38

アジアでの成績[編集]

年度 大会 ラウンド クラブ ホーム アウェー 合計
2007 AFCチャンピオンズリーグ グループF 大韓民国の旗 全南ドラゴンズ 0-0 2-3 4位
日本の旗 川崎フロンターレ 1-2 1-1
インドネシアの旗 アレマ・マラン 0-0 0-1
2008 シンガポール・カップ ラウンド16 日本の旗 アルビレックス新潟S 4-1
準々決勝 シンガポールの旗 ヤング・ライオンズ 0-1 0-0 0-1

歴代監督[編集]

  • タイ王国の旗 Suwaroch Apiwatwarachai 2011-

歴代所属選手[編集]