バンダーサック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

バンダーサック(บรรดาศักดิ์)とはタイ絶対君主制の時代にあった官位制度のこと。アユタヤー王朝トライローカナート王によって整備され、上からソムデットチャオプラヤーチャオプラヤープラヤー・プラ・ルワン・タイ・ムーン・パンと称した。これをもらった者をクンナーンと言う。おもしろいものに、小姓局のバンダーサック後宮女官のバンダーサックなどがある。この官位をもらうと同時に、ラーチャティンナナームという欽錫名が与えられ、本名は用いない。王から任命されたときにもらう官位であるが、王族の大臣はバンダーサックを任命する権限があり、これを特にチャンプラトゥワムと言った。長年タイの行政の要であったが、タイ立憲革命時には廃止された。

実際の階級についてはタイの階級を参照のこと。