バンテック (物流)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社バンテック
VANTEC CORPORATION
種類 株式会社
市場情報
東証1部 9382
2007年9月18日 - 2012年3月19日
本社所在地 日本の旗 日本
210-0024
神奈川県川崎市川崎区日進町1-14
本店所在地 220-0022
横浜市神奈川区守屋町3丁目13-1
設立 2006年3月1日
業種 倉庫・運輸関連業
代表者 代表取締役社長  児玉 幸信[1]
資本金 38億74百万円
売上高 連結1,446億円(2013年3月期)
従業員数 6,169名(グループ計)
決算期 3月31日
関係する人物 奥野信亮
外部リンク http://www.vantec-gl.com/japanese/
テンプレートを表示

株式会社バンテックは、神奈川県川崎市に本社を置く貨物自動車運送業などを行う総合物流企業である。元日産グループの企業と元東急グループの企業が経営統合してできた企業である。

沿革[編集]

株式会社バンテック(旧株式会社バンテック・グループ・ホールディングス)[編集]

  • 2006年3月 - 株式移転により、株式会社バンテック・グループ・ホールディングス設立。
  • 2007年9月 - 東京証券取引所1部上場。
  • 2009年4月 - 旧株式会社バンテックとバンテック ワールド トランスポート株式会社を吸収合併し、株式会社バンテックに社名変更。
  • 2011年4月 - 日立物流による株式公開買い付けを実施、連結子会社となる。
  • 2012年4月 - 日立物流の完全子会社となる。

株式会社日立物流バンテックフォワーディング[編集]

  • 2012年7月 - バンテックおよび日立物流のフォワーディング事業を日立物流シーアンドエア株式会社へ吸収分割し、株式会社日立物流バンテックフォワーディングが発足。
  • 2016年4月 - 日立物流の完全子会社となる。

株式会社バンテックホールディングス[編集]

  • 1990年4月 - エフエルインパルスリーシング株式会社設立。
  • 1995年6月 - エフエルインパルスリーシング有限会社に変更。
  • 2003年8月 - 株式会社バンテックホールディングスに変更。
  • 2005年3月 - 株式会社バンテックと株式会社バンテック ワールド トランスポートを完全子会社にする。
  • 2006年3月 - 株式移転により、株式会社バンテック・グループ・ホールディングスの完全子会社となり、バンテックホールディングスは中間持株会社となる。

旧・株式会社バンテック[編集]

  • 1954年1月 - 日産自動車の子会社として、横浜輸送株式会社設立。
  • 1990年 - 社名を株式会社ヨコユバンテックに変更。
  • 1997年10月 - 社名を株式会社バンテックに変更。
  • 2001年1月 - マネジメント・バイアウト(MBO)により、日産自動車から独立。
  • 2005年3月 - 株式会社バンテックホールディングスの完全子会社となる。
  • 2009年4月 - 株式会社バンテック・グループ・ホールディングス(同日株式会社バンテックに社名変更)に吸収合併される。

バンテック ワールド トランスポート株式会社[編集]

  • 1976年6月 - 東京急行電鉄の子会社として、東急エアカーゴ株式会社設立。
  • 2004年12月 - マネジメント・バイアウトにより、東京急行電鉄から独立。
  • 2005年2月 - 社名をバンテック ワールド トランスポート株式会社に変更。
  • 2005年3月 - 株式会社バンテックホールディングスの完全子会社となる。
  • 2009年4月 - 株式会社バンテック・グループ・ホールディングス(同日株式会社バンテックに社名変更)に吸収合併される。

関連企業[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日産自動車九州社長(初代)からの転籍。

関連項目[編集]