バンブービギン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
バンブービギン
欧字表記 Bamboo Begin[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 鹿毛[1]
生誕 1986年4月19日[1]
死没 2012年7月28日(26歳没)[2]
バンブーアトラス[1]
フォローバンブー[1]
母の父 ノーザンテースト[1]
生国 日本の旗 日本北海道浦河町[3]
生産 バンブー牧場[1]
馬主 竹田辰一[1]
調教師 布施正栗東[1]
競走成績
タイトル JRA賞最優秀父内国産馬(1989年)[1]
生涯成績 12戦5勝[1]
獲得賞金 1億8995万6900円[1]
 
勝ち鞍
GI 菊花賞 1989年
GII 京都新聞杯 1989年
テンプレートを表示

バンブービギン[1]日本競走馬種牡馬である。1989年菊花賞に優勝し、JRA賞最優秀父内国産馬部門を受賞した。

戦績[編集]

1988年11月京都競馬場でデビュー。初戦は勝ち馬から3秒も離された大敗であった。その後は好走するも勝ちきれないレースが続き、2月には管骨に全治3ヶ月の骨折を負った。

しかし、結果としてこの時の休養が幸いした。5月に復帰すると、それまでの主戦騎手だった岩元市三の引退のため、南井克巳にコンビが替わっての未勝利戦を5馬身差で勝利した。さらに、400万下条件、やまゆりステークス(900万下)と連勝。

秋の初戦となった神戸新聞杯こそ、オサイチジョージの2着に敗れたが、続く京都新聞杯では、オサイチジョージの他、東京優駿(日本ダービー)の勝ち馬ウィナーズサークル、同2着のリアルバースデーといった有力馬を相手に勝利した。この勝利とステイヤー血統も相まって、バンブービギンは一躍菊花賞の最有力候補に躍り出た。そして、1番人気に推された菊花賞では、スローペースを見越して終始好位につけ、直線では粘るレインボーアンバーを交わし優勝した。調教師の布施正は、菊花賞を前に故障で引退したバンブーアトラスの子で菊花賞を勝つという長年の悲願を成し遂げた。また、騎手の南井は、これが初のクラシック制覇であった[2]

バンブービギンは、これまで使い詰めだったこともあって、菊花賞の後休養に入り、有馬記念は回避した。休養から明けて、天皇賞(春)に目標を定め調教が再開されたが、右前脚を骨折するという悲運に見舞われる。長期休養を経て、ようやく調教が可能となるまでに回復した矢先、今度は左前脚に屈腱炎を発症してしまう。それでも関係者は再起に向け懸命の努力を傾けたが、1991年6月に引退が発表された。

競走成績[編集]

以下の内容は、netkeiba.com[4]およびJBISサーチ[5]に基づく。

年月日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ(人気) 着順 タイム
(上り3F/4F
着差 騎手 斤量
(kg)
勝ち馬/(2着馬)
1988.11.13 京都 3歳新馬 芝1600m(稍) 10 1 1 27.5(7人) 7着 1:41.6 (51.3) -1.8 岩元市三 54 フレッシュナムラ
0000.11.26 京都 3歳新馬 芝1400m(良) 11 1 1 83.4(8人) 2着 1:26.2 (49.1) -0.4 岩元市三 54 タニノジュニアス
0000.12.10 阪神 3歳未勝利 芝2000m(良) 12 7 10 10.6(5人) 9着 2:06.9 (49.7) -0.7 岩元市三 54 リュウファルコン
0000.12.24 阪神 3歳未勝利 芝2000m(良) 16 7 14 28.3(13人) 2着 2:05.4 (49.2) -0.2 岩元市三 54 カミノコウマン
1989.01.13 京都 4歳未勝利 ダ1800m(重) 10 6 6 05.8(3人) 3着 1:53.6 (50.5) -0.3 岩元市三 55 クリフジリュウ
0000.02.11 小倉 4歳未勝利 芝2000m(重) 13 7 11 06.3(4人) 3着 2:07.6 (39.0) -1.0 清水英次 55 セイントホーク
0000.05.13 京都 4歳未勝利 芝2000m(不) 18 3 6 10.1(6人) 1着 2:06.6 (50.5) -0.9 南井克巳 55 (ユートベスト)
0000.06.04 阪神 4歳400万下 芝2000m(良) 11 7 9 02.2(1人) 1着 2:03.4 (48.4) -0.7 南井克巳 55 (シゲルモンテ)
0000.07.09 中京 やまゆりS 900 芝1800m(稍) 16 7 14 02.3(1人) 1着 1:48.2 (36.3) -0.6 南井克巳 54 (エイシンファイヤー)
0000.09.24 阪神 神戸新聞杯 GII 芝2000m(良) 14 8 13 05.7(3人) 2着 2:00.9 (47.6) -0.6 南井克巳 54 オサイチジョージ
0000.10.15 京都 京都新聞杯 GII 芝2200m(良) 15 4 6 11.2(5人) 1着 2:13.4 (47.0) -0.2 南井克巳 57 (オサイチジョージ)
0000.11.05 京都 菊花賞 GI 芝3000m(良) 18 3 5 03.8(1人) 1着 3:07.7 (46.5) -0.2 南井克巳 57 レインボーアンバー

引退後[編集]

引退後は、CBスタッドで種牡馬となった。年間40近い種付け頭数を集めたが、産駒は、名古屋優駿2着のトウカンイーグル[6]、サラブレッド大賞典を制するなど金沢競馬で活躍したリードジャイアンツ[7]が目立つ程度で、JRAの重賞勝ち馬は出せなかった[2]

2005年には種牡馬からも引退[8]。生まれ故郷のバンブー牧場に戻って余生を送り、2012年7月28日に老衰のため26歳で死亡した[2]

血統表[編集]

バンブービギン血統リボー系 (血統表の出典)[§ 1]
父系 リボー系
[§ 2]

バンブーアトラス
1979 鹿毛
父の父
*Jim French
1968 鹿毛
Graustark Ribot
Flower Bowl
Dinner Partner Tom Fool
Bluehaze
父の母
バンブーシザラ
1969 鹿毛
* Tesco Boy Princely Gift
Suncourt
* Cithara Marsyas
Panagani

フォローバンブー
1979 栗毛
*ノーザンテースト
Northern Taste
1971 栗毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Lady Victoria Victoria Park
Lady Angela
母の母
フィールドフブキ
1972 栗毛
*Die Hard Never Say Die
Mixed Blessing
トヨハタグモ *Claimant
アトランタ F-No.9-b
母系(F-No.) 9号族(FN:9-b) [§ 3]
5代内の近親交配 Hyperion 5x5=6.25%、Nasrullah 5x5=6.25%、Lady Angela 5x4=9.38%(母内) [§ 4]
出典
  1. ^ [9]
  2. ^ [10]
  3. ^ [9]
  4. ^ [10]


脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o バンブービギン”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月28日閲覧。
  2. ^ a b c d バンブービギン26歳老衰死 89年菊花賞V”. 競馬 - ニュース. 日刊スポーツ (2012年7月31日). 2019年8月28日閲覧。
  3. ^ バンブービギン”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月28日閲覧。
  4. ^ バンブービギンの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月28日閲覧。
  5. ^ バンブービギン 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月28日閲覧。
  6. ^ トウカンイーグル”. JBISサーチ. 2019年8月28日閲覧。
  7. ^ リードジャイアンツ”. JBISサーチ. 2019年8月28日閲覧。
  8. ^ 89年菊花賞馬 バンブービギンが老衰で死ぬ…26歳”. スポニチアネックス ギャンブル. スポーツニッポン (2012年7月30日). 2019年8月28日閲覧。
  9. ^ a b バンブービギン 血統情報:5代血統表”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月28日閲覧。
  10. ^ a b バンブービギンの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月28日閲覧。