バーゲン・ストリート駅 (INDカルバー線)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バーゲン・ストリート駅
Bergen Street
NYCS-bull-trans-F.svg NYCS-bull-trans-G.svg
ニューヨーク市地下鉄
Bergen Street Manhattan-Queens Bound Platform.jpg
北行ホーム
駅情報
住所 Bergen Street & Smith Street
Brooklyn, NY 11201
ブルックリン
地区 ボアラムヒル
座標 北緯40度41分14.11秒 西経73度59分24.02秒 / 北緯40.6872528度 西経73.9900056度 / 40.6872528; -73.9900056座標: 北緯40度41分14.11秒 西経73度59分24.02秒 / 北緯40.6872528度 西経73.9900056度 / 40.6872528; -73.9900056
ディビジョン BディビジョンIND
路線 INDカルバー線
運行系統       F Stops all times (終日)
      G Stops all times (終日)
接続 バスによる輸送 NYCTバス: B57, B65
構造 地下駅
駅階数 2層(下層階は使用せず)
ホーム数 相対式ホーム 4面 (各層 2面)
線路数 4線 (各層 2線)
その他の情報
開業日 1933年3月20日(86年前) (1933-03-20
バリアフリー情報 車椅子でホーム間を移動可能
利用状況
乗客数 (2017)3,525,144[1]減少 2.1%
順位 143位(425駅中)
次の停車駅
北側の隣駅 ジェイ・ストリート-メトロテック駅 (カルバー線): F Stops all times
ジェイ・ストリート-メトロテック駅 (急行): 定期運行なし
ホイト-スカーマーホーン・ストリーツ駅 (クロスタウン線): G Stops all times
南側の隣駅 キャロル・ストリート駅 (各駅停車): F Stops all times G Stops all times
7番街駅 (急行): 定期運行なし

バーゲン・ストリート駅(Bergen Street)はブルックリン区ボアラムヒルのバーゲン・ストリートとスミス・ストリート交差点に位置するニューヨーク市地下鉄INDカルバー線の駅[2][3]で、F系統及びG系統が終日停車する。開業当初の駅は急行停車駅だったが、1976年に急行が廃止されてからは使用されず、1999年の火災で使用できなくなり、復旧には多額の費用を要するという[4]

歴史[編集]

駅は1933年3月20日に開業し、当初は終着駅だったが同年中に南へ延伸され途中駅となった[5][6][7]。当初はバーゲン・ストリート側の入口しか使用されていなかった[6][7]

同年の10月7日チャーチ・アベニュー駅へ延伸されて1937年にはINDクロスタウン線への接続線も開業した[5][8][9]

1990年代に駅は改装を行った[10]。その後の1999年に下層階で火事が起こり、この影響で下層階ホームは使用できなくなってしまい[11]、急行列車はジェイ・ストリート-メトロテック駅から7番街駅まで4駅連続で通過しなければならなくなったうえに駅全体を休止したこともあった[12][13][14]2008年秋に信号の改修が終了した[4]:20[10][4]:20[15]

駅構造[編集]

G 地上階 出入口
B1
上層ホーム
相対式ホーム、右側ドアが開く
北行緩行線 NYCS-bull-trans-F.svg ジャマイカ-179丁目駅行きジェイ・ストリート-メトロテック駅
NYCS-bull-trans-G.svg コート・スクエア駅行きホイト-スカーマーホーン・ストリーツ駅
南行緩行線 NYCS-bull-trans-F.svg コニー・アイランド-スティルウェル・アベニュー駅行きキャロル・ストリート駅
NYCS-bull-trans-G.svg チャーチ・アベニュー駅行き(キャロル・ストリート駅)
相対式ホーム、右側ドアが開く
B2
下層ホーム
相対式ホーム、不使用
北行急行線 定期列車なし
(定期列車なし:ジェイ・ストリート-メトロテック駅
南行急行線 定期列車なし
(定期列車なし:7番街駅
相対式ホーム、不使用

駅は相対式ホーム4面4線の駅で、上層の2面2線のみ使用されている。改札は上層ホーム横にあり、ホーム間の連絡通路はない。同様の形態はIRTレキシントン・アベニュー線86丁目駅及びINDフルトン・ストリート線ノストランド・アベニュー駅にも存在し、方向を跨いでの乗り換えはキャロル・ストリート駅で行う必要がある。

出口[編集]

位置[2][4]:35[16] 種類 接続ホーム
バーゲン・ストリートとスミス・ストリート交差点北西 階段 1 南行
バーゲン・ストリートとスミス・ストリート交差点南西 階段 1 南行
バーゲン・ストリートとスミス・ストリート交差点北東 階段 1 北行
バーゲン・ストリートとスミス・ストリート交差点南東 階段 1 北行
ウォーレン・ストリートとスミス・ストリート交差点北西 階段 1 南行
ウォーレン・ストリートとスミス・ストリート交差点北東 階段 1 北行
南行ホームへの階段

線路とホーム[編集]

1968年から1976年まで急行線は使用されていた[10]:5[17][18]。その後下層ホームは使用されなくなった[10]:6[17]。また、下層階はジェイコブス・ラダーの収録の際に使用された[19][20]。現在、下層階はA系統及びC系統の列車が留置されている[10]:6[17]

駅北側で緩行線は分岐する。1方はF系統が使い、ジェイ・ストリート-メトロテック駅に行くのに対し、もう1方はG系統が使用、INDクロスタウン線となってホイト-スカーマーホーン・ストリーツ駅に向かう[4][16]:Appendix D-1[21]。急行線はINDクロスタウン線に入れない。

脚注[編集]

  1. ^ Facts and Figures: Annual Subway Ridership 2012–2017”. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ (2018年7月12日). 2018年7月12日閲覧。
  2. ^ a b MTA Neighborhood Maps: Red Hook”. mta.info. Metropolitan Transportation Authority (2015年). 2015年8月2日閲覧。
  3. ^ MTA Neighborhood Maps: Downtown Brooklyn & Borough Hall”. mta.info. Metropolitan Transportation Authority (2015年). 2015年8月2日閲覧。
  4. ^ a b c d e Feasibility and Analysis of F Express Service in Brooklyn”. mta.info. Metropolitan Transportation Authority (2016年5月). 2016年6月24日閲覧。
  5. ^ a b Raskin, Joseph B. (November 1, 2013), The Routes Not Taken: A Trip Through New York City's Unbuilt Subway System, Fordham University Press, ISBN 978-0-8232-5369-2
  6. ^ a b “City's Subway Open March 20 To Bergen St.”. Brooklyn Daily Eagle: p. 8. (1933年3月12日). https://www.newspapers.com/image/59887096/?terms=%22bergen%22%2B%22independent%2Bsubway%22 2016年7月4日閲覧。 
  7. ^ a b “CITY SUBWAY OPENS NEW LINK MARCH 20; Brooklyn Extension to Bergen and Smith Streets to Add One More Station. RISE IN REVENUE CERTAIN Further Cut Into Traffic of Rival Systems at Terminal Point Is Predicted. GROWTH WILL CONTINUE Station-by-Siation Completion to Church Avenue Before September Is Planned.”. The New York Times. (1933年3月12日). ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/1933/03/12/archives/city-subway-opens-new-link-march-20-brooklyn-extension-to-bergen.html 2016年6月20日閲覧。 
  8. ^ Korman, Joseph (2013年8月21日). “Independent Subway Services Beginning in 1932”. thejoekorner.com. 2015年8月2日閲覧。
  9. ^ O'Neill, Natalie (2012年7月19日). “G wiz! MTA plans to save the G train extension!”. The Brooklyn Paper. http://www.brooklynpaper.com/stories/35/29/dtg_gtrainsaved_2012_07_27_bk.html 2012年7月21日閲覧。 
  10. ^ a b c d e Review of F Line Operations, Ridership, and Infrastructure”. mta.info. Metropolitan Transportation Authority (2009年10月7日). 2016年12月11日閲覧。
  11. ^ Chan, Sewell (2005年1月25日). “2 Subway Lines Crippled by Fire; Long Repair Seen”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2005/01/25/nyregion/2-subway-lines-crippled-by-fire-long-repair-seen.html 2016年7月4日閲覧。 
  12. ^ Derailed: Beset by floods and fires and built on technology that predates the Model T, the subway, the very essence of New York, has become frighteningly fragile. And now that the MTA has dug itself into a deep financial hole, it has started traveling back in time to 1975.”. New York (2005年2月28日). 2015年11月4日閲覧。
  13. ^ Lueck, Thomas J. (1999年3月13日). “After Station Fire, Subway Lines Face Months of Turmoil”. The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/1999/03/13/nyregion/after-station-fire-subway-lines-face-months-of-turmoil.html 2016年12月11日閲覧。 
  14. ^ “METRO NEWS BRIEFS: NEW YORK; Smoky Fire Halts Service On Four Subway Lines”. The New York Times. (1999年3月12日). ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/1999/03/12/nyregion/metro-news-briefs-new-york-smoky-fire-halts-service-on-four-subway-lines.html 2016年12月11日閲覧。 
  15. ^ Review of the G Line”. mta.info. Metropolitan Transportation Authority (2013年7月10日). 2015年8月2日閲覧。
  16. ^ a b Review of the G Line: Appendices”. Metropolitan Transportation Authority (2013年7月10日). 2015年10月28日閲覧。
  17. ^ a b c LIGHT AT END OF TUNNEL: F Train Express may return”. brooklyneagle.com. Brooklyn Eagle (2013年3月6日). 2015年7月28日閲覧。
  18. ^ History shows it’s not the G train ‘extension’ — it’s the G train renewal”. The Brooklyn Paper (2012年4月13日). 2015年8月2日閲覧。
  19. ^ Pollak, Michael (2008年12月5日). “F.Y.I.: The Lady's Guards”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2008/12/07/nyregion/thecity/07fyi.html?_r=0 2016年8月26日閲覧。 
  20. ^ In Subways, Suddenly, 2 Glimpses of History”. The New York Times (2013年11月29日). 2015年9月7日閲覧。
  21. ^ Friedlander, Alex E. (2003年11月2日). “The Twists and Turns Of the F Train”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2003/11/02/nyregion/l-the-twists-and-turns-of-the-f-train-955604.html 2016年7月4日閲覧。